ノエルの夜のおゴチソウ

メゾンカイザーのカフェ「and Coffee」でまとめもの。
Wi-Fiのリッチな電波に座り心地のよい椅子、しっかりとした素材、サイズのテーブルの店。
クロワッサンが焼ける甘い香り付きのシェアオフィス…、って感じがノマド使いにぴったりの場所。アイスカフェオレにクロワッサンをお供にもらう。
ここのクロワッサンは本当においしい。
表面サクサク。ザクッと歯切れる。
幾重にも層をなして空気をたっぷり含んでふっかり仕上がる。バターがジュワッと染み出してとろける食感。焦げ表面がザクザク、口の中で壊れて騒々しくて、それがたちまちとろける感じにひと噛みごとにウットリしちゃう。

ビターで自然な甘味のアイスオレをほとんど飲み終えて、まだ書き仕事が終わらない。頭をスッキリさせましょうと、フレッシュオレンジジュースをたのむ。
客席ホールの隅っこにオレンジを搾る機会が置かれてる。
オレンジ4個をもらってそれを筒状の網に入れると機会がそれを飲み込む。円筒状の歯無し歯車がオレンジ潰してジュースが出てくる。作りはじめるとオレンジの甘くて酸っぱい香りが周りに漂って、それで頭がすでにシャキッとスッキリしてくる。
香りの通りにさわやかなジュースで仕事がはかどりました。席を立つ。

 

関連ランキング:カフェ | 銀座一丁目駅宝町駅京橋駅

 

クリスマスの夜は家でゆっくりと。
サダハルアオキのいちごとピスタチオのクリスマスケーキを買った。

ちょっと変わった形のケーキ。
ハート型の小さなケーキを4つ組み合わせて四つ葉のクローバー型にしたもの。
一個がちょっと小さめのショートケーキくらいの大きさ。二人でペロッと食べられちゃう程度の大きさというのがまずは気に入ったとこ。
しかも食感がとっても軽い。
一番下の部分が砕いたビスケットで作った生地。
うっすらほんのちょっとだけ。
その上にイチゴのムースとピスタチオのムースを積み重ねて一番上にラズベリーのピュレ。
フランボワーズやブルーベリー、イチゴを飾ってナッツを散らす。
ピスタチオのマカロンが一個、クリスマスのメッセージが書かれたチョコレートが一個で出来上がり。酸っぱく甘く、ピスタチオの軽い渋みに深みのある香り。さっぱりしていてなのに濃厚。あっという間にぺろりとお腹に収まった。

ケーキの前にゴチソウ作ってたのしく食べた。
いただきものの徳島のあか牛。常温になじませておいたのを油をひかずにテフロン加工のフライパンで蓋してこんがり。片面焦げたらヒックリ返してまたこんがりと。塩と胡椒をたっぷりふりかけ自分の脂だけで焼いたらタオルで脂を拭い、アルミホイルでキチッと包んで15分ほど温かいとこで休ませる。
大きめの一口大に切り分けて表面だけをほんのちょっとだけ焼きお皿に並べる。
肉汁をたっぷり含んだ肉はパンパンの膨れ上がって、噛むとクシュッと潰れて肉汁ジュワッと吐き出す。切れるのじゃなく潰れる感じ。
それほどやわらか。繊維はとろけて口に残らぬほど。脂がのっているのに脂っこくなくさっぱりしていて、あっという間になくなっちゃった。蒸し焼きにした野菜にオイスターチャウダーをお供にお腹が満ち足りた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。