むさしやのオムメキ、パセリのジュースで〆る新橋

新橋経由の移動の途中。昼を新橋「むさしや」にする。
駅前の大きなビルの一階にある、カウンターだけの洋食の店。カウンターの中は厨房。カウンターの前には椅子がずらり。7人座って満席という小さな人気店。
連日、一日、行列です。
店の敷地はあまりに小さく壁を作ると通路がとれない。それで壁の代わりにびっしり紐を垂らして目線を遮っている。ゆるやかな壁とでもいいますか。しかも入り口、出口も兼ねた壁。あたかもおいしい結界がはられたようで、執拗にまとわりついてくる真っ白な紐を浅野温子のように何度も何度もかきあげ体を忍び込ませるおじさんたちの姿がなんとも愛らしい。
オムライスがおいしいというので人気の店です。厨房の中ではずっとご飯を炒めるジャジャッジャジャッと湿った音が続いてて、卵が焼けるおいしい匂いも漂ってくる。ただ、ボクがここで好きなのは「オムメキシカン」というここのオリジナル。

ジャンバラヤを薄焼き卵でくるんだもの。
千切りキャベツとスパゲティーのケチャップ炒めを従えてケチャップそえでやってくる、その外観はオムライス。
ただ薄焼き卵から透けて見える中身の色がオレンジ色じゃなくって焦げ茶。こんがり焼けた玉子を破ると、中から顔を覗かせるのはカラメル色の炒めご飯。

スパイシーです。味そのものはケチャップライスから甘みを引いて焦げた風味を足したよう。ただ後から後からヒリヒリするようなカイエンペパーの辛味がうねって押し寄せる。
お米はパラパラ。細かく刻んだ焦げたスイートコーンやチョリソ、玉ねぎ、ピーマンが混じって口がにぎやかになる。ケチャップライスと違って甘み、酸味が控えめな分、薄焼き卵の甘みや香りが引き立つ感じがなんとも独特。

ミニハンバーグをトッピングする。ふっくらやわらかな合いびき肉のハンバーグ。デミグラスソースをたっぷりまとってオムメキシカンに肩寄せるように盛り付けられる。スプーンで一口大に切ると中からジュワリと肉汁。
ハンバーグの横にはケチャップ炒めのスパゲティー。ねっとりやわらか、ポッテリなめらか。食べていくといろんな味が混じってく。ケチャップに甘酸っぱさに、デミグラスソースのコクと香ばしさが混じったり、ジャンバラヤ辛味がデミグラスソースと一緒になって一層膨らみ、深くなったり。お皿の上で新たな料理が生まれ続ける感じがうれしい。満たされました…、オキニイリ。

 

関連ランキング:洋食 | 新橋駅汐留駅内幸町駅

 

ところでこのお店が入っているニュー新橋ビル。
サラリーマンの街にあるサラリーマンのためのビル。
駅前のSL広場に面してあって中には喫茶店やらレストラン。金券ショップに紳士服店。あるいはマッサージのお店とサラリーマンの街にあってほしい店がひしめきあってる。
一説によると一日一万人の出入りがあって、おやじビルなんてあだ名もあったりするんだという。
ただまもなくここも再開発。
4年後には30階建てのビルに変わってしまうという。サラリーマンのビルがビジネスマンのビルになっちゃう。ちょっと残念。勿体ない。

ビルの正面玄関に入ると野菜の匂いが漂ってくる。匂いの先にはベジタリアンという野菜ジュースのお店。注文ごとにジューサーに野菜や果物を入れてジュースを作ってくれる。
何十種類ものレシピがあって、中でも一番好きなのがパセリジュース。パセリの青い香りと軽い苦味。セロリの風味にレモンの酸味で背筋がシャキッと伸びるよう。体の中がキレイになったって実感できるオゴチソウ。いつもの過食の免罪符…、なんて思った、オキニイリ。

 

関連ランキング:ジュースバー | 新橋駅内幸町駅汐留駅

コメント

  1. いにしえ

    サカキさま
    なんとニュー新橋ビルも建替えですか。残念です。オーナーの人間味を感じるお店がこうやって無くなって行くのがとても寂しいです。後に入るのはチェーン店ばかりでしょうか。産業としての構造が変わってしまっているんですよね。
    ベジタリアン、時々お世話になっていました。一度、 行っておかないと。

    • サカキシンイチロウ サカキシンイチロウ

      いにしえさん
      ビルが新しくなると保証金も家賃も高くなってしまうんでしょうね。高い家賃が払えるお店だけが出店できる…、それが再開発ビルがみんなつまらなくなってしまう理由のひとつ。
      むさしやさんもベジタリアンさんも新しいビルに出店できるとは限らず、できればこの一階と地下だけでもこのまま保全して、二階から上を再開発…、なんてことができればいいのになぁ…、って思ったりします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。