Trader Vic’s でサンデーブランチ

明日から本格的に仕事の今日。のんびり朝寝で、サンデーブランチと洒落込みお出かけ。
紀尾井町にあるホテルニューオータニのトレーダーヴィックスのバフェにくる。
サンフランシスコに本店がある。世界中をおいしいモノ…、中でも太平洋をとりかこむエリアの料理をわけへだてなく扱いメニューを組み立てる。テーブルクロスにナイフにフォーク。アジア料理やエスニック料理をアメリカ料理の文法で再構築しました…、って感じが独特。
店の雰囲気はポリネシアンです。サービススタッフはアロハにムームー。冬の日本でアロハを来た人にシャンパンを注いでもらう…、ってこの光景がなかなかシュール。オレンジジュースを注いでミモサにして乾杯。
低く響くBGMはエルビス・プレスリーで、なるほどココはブルーハワイ的ハワイなんだと思ってニッコリ。合点する。

お店の真ん中に作られた大きな釜が店のシンボル。そこで焼かれたローストビーフや叉焼がここの定番の名物料理。バフェの一角にカービングコーナーがしつらえられていて、そこがさすがに一番人気。
ただまず肉を食べる前の前菜を。いきなり○○じゃございませぬゆえ(笑)。
アメリカ料理の店で肉の前に食べるもの…、といえばシュリンプカクテル。ココにもあります。どっさりととる。サイドに椰子の目とディルをたっぷりまとわせたきゅうりを添えてカクテルソースでプチュっと食べる。
それからおもむろにカービングコーナーでバーベキューポークを二切れ、ローストビーフを厚めで一枚とお願いします。

ねっとりとしたバーベキューポークの舌触り。
ハチミツを塗りながら焼く香港風の叉焼のような味わいで、芥子がよく合う。
分厚く切ったローストビーフは歯ごたえたのしく、スッキリとした肉汁ジュワリと口に広がる。ホースラディッシュとグレービーで牛肉の酸味をたのしみ、顎も喜ぶオゴチソウ。

ローストビーフの出来がなかなかよくってサンドイッチを作ってみたくなる。
「今度は薄切りで二枚。ホースラディッシュもグレービーもいりませんから」というと怪訝な顔でボクをみるシェフ。
サンドイッチを作ろうと思っているので…、というとニッコリ。
これ以上、薄く切れない薄さに切ってお皿にのせる。クロワッサンにグリーンゴッデスドレッシングを塗ってレタスと一緒に挟む。
ザクッと歯切れてクシュッと縮み、パラパラカサカサ、クロワッサンの生地が散らかる。バターの味がジュワッと口に広がって、これもゴチソウ。カリフラワーのポタージュで口潤しつつパクリパクリと食べ進む。

それからアジアな料理をふたつほど。
まずジャスミンライス。
タイ式のチキングリーンカレーがあってそれをたっぷり。
ここの中国料理はおいしい。
海老蒸し餃子に肉焼売。
四川風の春雨煮込みに牛肉とブロッコリ、香り野菜のブラックビーンズ炒め。
これでキレイにアジア風のお皿になったところなんだけど、グリルドベーコンがあまりにおいしそうに見えてそれもあしらい一皿とする。
グリーンカレーはスッキリとした味わいで、あとからあとから辛味がおいかけやってくる。四川春雨も案外辛くて、点心用にと用意されてた芥子までもがビリビリ辛い。お供のシャンパンが進むゴチソウ。このグリーンカレーがあまりにおいしく、シーフードスパゲティーと四川春雨のソース代わりにしてまた食べる。お腹が満ちる。

そして別腹。デザートタイム。フレッシュフルーツが種類豊富に揃ってた。中でもアメリカンダークチェリーがおいしそうに見えてそれ。お店の雰囲気に誘われフレッシュパイナップル。マンゴーアイスクリームにプロフィットロール、ダークチョコレートのソースを注いでまず一皿目。
マンゴーアイスクリームがこの上もなくおいしくてあっという間にたっぷりお腹におさまった。
焼きあがったばかりのフレンチトーストにアイスクリームとフルーツちらして二皿目。気泡をたっぷり含んで焼けたパンがふっかり、なめらかでこれまた完食。コーヒー飲んで今日の〆。新春寿ぐ昼のコト。

 

関連ランキング:西洋各国料理(その他) | 麹町駅永田町駅赤坂見附駅

コメント

  1. マンダリン

    あけましておめでとうございます。
     何度か拝見したトレーダーヴィックスのバフェ!初めて行ったのは30年程前、都市伝説もあり隣の席のカップルはそのまんまでした。
    今年も美味しい話を楽しみにしています。

    • サカキシンイチロウ サカキシンイチロウ

      マンダリンさん
      都内でも好きなバフェのひとつなんです。この店。平日のランチは近隣のオフィスビルに務める外資系の人たちがハンバーガーを頬張る店。ところが週末バフェは小さな観光地のようになるという、曜日二毛作のような様相がとても東京的だったりする。面白いなぁ…、と思います。
      今年もたのしい日記を書いていきます。よろしくお願いいたします。

  2. かなえ

    サカキさんのブログ、いつも楽しみにしております。
    本年も、美味しいをたくさんお教えくださいませ!

    • サカキシンイチロウ サカキシンイチロウ

      かなえさん
      あけましておめでとうございます。おいしくてたのしいコトにひとつでも多く出会える一年をと思っています。今年もよろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。