ディーンにジンジン

仕事で上野、浅草方面に移動した。視察をいくつか。人に会うため上野のディーンアンドデルーカに寄る。
「パルコや」の一階。建物の外からも売り場側からも入れる構造で、設備の配置をどちらの出入り口に力を入れるかで店の性格は随分変わる。
商業施設に依存せぬよう、独自の客層にアピールしたくてって判断をしたのでしょう…、外から入るドアの正面にショーケースやレジが集中してる。ところがなんとメインの出入り口は現在閉鎖。風除室がなく、だからドアを開けると夏には熱気が、冬には寒気が、当然風がビュービュー入る。
それでほとんどの人は売り場側から遠回りしてやってくる。店作りって頭で考えても答えが出ないことがたくさんあって、それらを補うのが経験。10年ほど前まで、彼らの店作りのセンスはスタバをはるかに凌駕していたけれど、作った店舗の数はあまりに少なくて、経験値の低さが最近の店作りをつまらないものにしちゃってる。作りすぎると陳腐になるから外食という事業は本当にむつかしい。

バナナチョコレートパイが今一番のおしメニュー。たのんで食べる。
サクサクのパイ生地は薄くてやっと中のフィリングを支える程度。ぽってりとしたチョコクリームの中にスライスしたバナナが混じって上にふっくら、ホイップクリームがのっかっている。
チョコはビターで酸味も豊か。圧倒的になめらかで、ちょっと甘みを強く感じるアメリカっぽい濃厚な味。ホイップクリームの味は控えめ。だから一緒に食べるとちょうどいい塩梅で味が整う。バナナがもうちょっとたくさん入っているとボクの好みになったかも…、って思うもおいしい。オキニイリ。

 

関連ランキング:カフェ | 上野広小路駅上野御徒町駅御徒町駅

 

新宿の紀伊國屋書店の地下にある「ジンジン」。
スパゲティーの専門店で創業1970年とある。大阪万博の歳です。それからまもなく50年。
ここの地下街はほぼ飲食店というテナント構成。比較的長続きする店が多くてあまりテナント変わりがないけれど、中でもずっと続いてる店。もう一軒、カレーのモンスナックと双璧をなすんじゃないかな。
とは言え、10年ほど前に会社まるごと日清製粉に買収されて、それから中身は別物になった。
それまで乾麺茹でおきだった麺が生麺になり、メニューもほとんど同じなのだけど、ナポリタン推しになっちゃった。ロメスパ世界は大盛りナポリタンが売れ筋だからというマーケティングの産物でしょう。もともとは和風味のスパゲティが売り物だった。とは言えそれでかなり流行っているからよい経営判断だったということなのでありましょう。

昔からのオキニイリは「アサリとしめじのスパゲティー」。
注文すると「しょうがひとつ」って注文が厨房に飛ぶ。つまりソースが生姜味。醤油のフレイバーに生姜の香りと軽い辛味がついてて、アサリの旨味を支えてくれる。しめじも案外たっぷりで、でも昔はこれにたらこがまじる「たらこしめじ」っていうのがあった。たらこがホロホロ固まって、麺と一緒にやってくるのが好きだったのにしょうがない。
生麺は歯ごたえがよく、けれどムチムチとした感じがとてもケミカル。鍋をあまりふらずにソースと軽くあえて炒めただけでできるから、食べすすめると器の底に乳化できなかったソースが残る。安さを維持しておいしく感じてもらうためにはこういう工夫も必要なんだな…、ってしみじみ思う。虫養い。

 

関連ランキング:パスタ | 新宿三丁目駅新宿駅新宿西口駅

コメント

  1. 食欲

    今はボールでソースとパスタを和えるスタイルが主流のような気がします。もちろんこれはこれでおいしいのですが、どうしても湯気が上がるような、熱々の仕上がりにはなりにくい。熱いものが大好きな私はこれがちょっと残念。
    もう35年ほども前でしょうか、初めて喫茶店でタラコスパゲティを食べました。それはたまねぎ、ピーマン、タラコを炒めたもので、上にちょこっとグリンピースが飾りに乗っておりました。お値段は500円。今のタラコスパゲティといえば生のタラコが普通ですが、その頃はスパゲティといえばスタイルでした。生のタラコもおいしいけれど、バターと合わせてあるのは私の中ではちょっと違う。今でもこのサラダ油で炒めたこのスタイルが好きです。

    • サカキシンイチロウ サカキシンイチロウ

      食欲さん
      タラコとバターって本当は相性が良くないっていわれることがあります。魚卵のエグミが強調されるようで、そのエグミをとるために昆布茶を入れたりレモンで酸味をくわえたりと工夫に工夫を重ねて仕上げる料理はおいしくはあるけれど、なんだか違うなぁ…って思うことがあります。
      壁の穴スタイルのボウルの中で混ぜて仕上げるときも植物性の油。例えばピーナツオイルなんかであえると風味がよくて、他の調味料を必要とせぬ味のまとまり方を楽しむことができます。
      とはいえ…。
      やっぱりパスタは鍋の中で仕上げたいですよね。ひさしぶりにパラパラ魚卵のスパゲティーを作ってみたくなりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。