テラスで食べる、つばめグリルのハンブルグステーキ

昼ご飯。ランチタイムが本格的に始まる前で、人気の店にも入れましょう…、と。
新宿高島屋の食堂街の「つばめグリル」にやってくる。
週末はずっと行列ができてる店で、待って食べるのもなんだからワタクシ的には今日みたいな日限定の店。

店内席とテラス席がある。
若干、蒸し暑くはあるけれど我慢できないほどに暑いわけじゃない今日のコト。
テラス席を選んで座る。
ビルのテラスではあるけれど、鉢植えの木がふんだんに置かれ向こうの方には新宿御苑の緑も見える。生成りの木綿のパラソルや木のテーブルに木の椅子と、リゾートホテルのテラス席っぽい雰囲気がある。
新宿という都会にあって、ステキな空間。

時折吹いてくる風も、高いところを舞う風ならではの特別な香りをもたぬ非日常的なところもリゾート感をかきたてる。冷たい水の入ったグラスが水滴まみれにたちまちなるのもご愛嬌。

ランチタイムの商品にはもれなくトマトサラダがつきます。ココの昔からの名物の、トマトのファルシ。湯剥いたトマトの芯をくり抜き、そこにセロリとキュウリ、カニのほぐし身を詰めて再びひんやりさます。ドレッシングでマリネしながら冷やしたモノで、みずみずしくってお皿にたっぷりトマトジュースの混じったドレッシングが染み出し残る。それをズズッと啜ってお腹を潤す。
コーンポータージュを追加でとって、冷えたお腹をあっためる。甘くてなめらか。スープの上に浮かんだクルトンがサクサク崩れて、そのなめらかを引き立てる。子供好みの料理ってなんでこんなにおいしんだろう…、って思って笑う。

メインがやってまいります。
ここの昔からのメイン中のメインの料理。
つばめ風ハンブルグステーキなる一品。ハンバーグじゃなくハンブルグステーキというのがココのこだわり。
豚と牛肉の合いびき肉をまとめて作ったハンバーグ。
こんがり焼いてあるみほいるの上におき、ビーフシチューをかけてくるんでオーブンで焼く。中の空気があったまり、アルミホイルは膨らみパンパン。それを熱々のフライパンに乗せだからそのパンパンが持続する。
フォークを手に取り、ポーンっと軽く叩くとアルミホイルに穴があき中から湯気がプシューッと出て来る。湯気と一緒においしい匂いが噴き出して、お腹がグーッとなる仕組み。よき先味でござります。

パテ自体はがっしり、固く頑丈にできている。
肉汁は肉の間に蓄えられてナイフを入れても逃げ出すようなコトがない。

ビーフシチューのソースはどっしり。
焦げた香りがこうばしく、強い旨味と肉の風味。酸味が味をひきしめる。
コクがあってとても上等。
よく煮込まれた肉がフォークで軽くおしただけて崩れ、ハラリと崩れて肉の繊維がほぐれてちらかる。
脂はトロリととろけて甘みを広げて消える。
舌にも顎にも鼻にも当然、喉やお腹にもおいしい料理。この店の何十年にもわたる繁盛を支えた名品。やっぱりおいしい。オキニイリ。

サイドについてくるのがベイクドポテト。アンチョビバターがのっかっていてそれだけ食べても十分おいしく、けれどこれを潰してシチューと混ぜて食べるとおいしいこと。ぽってりなめらか、焦げたじゃがいもの皮までおいしい。オゴチソウ。

友人はポークロースのジンジャーステーキ。分厚くがっしりした豚肉で、ナイフを当てるとサクッと切れる。歯切れも含めてこの「サクッと」感が豚肉独特の食感で、サクサク歯切れて上品な旨味ジュースを吐き出していく。
さっぱりとした味わいの肉。だから生姜とニンニクをたっぷり効かせたソースをまとわせ味わう趣向。サイドの野菜はこんがり焼いたかたまりキャベツでそれにもたっぷり、ジンジャーソースがからんでる。口の中をみずみずしくするよき相棒。
カニクリームコロッケを単品でとり、2人でわけてお腹を満たす。
それにしてもココの名物料理のあのハンバーグ。真似ようと思えば誰でも真似られるのに、なかなかみんな真似しない。もっとも、真似したところでも売れてるか…、っていうと話題にならないところをみるとそうでもないに違いなく、つばめグリル印だからなんだろうと思ったりする。飲食店の名物料理とは、げにデリケート。オモシロイ。

 

関連ランキング:洋食 | 新宿駅新宿三丁目駅代々木駅

コメント

  1. Eiko

    つばめグリルって、何でも無いようですごいなぁ、とこのエントリを読んでて思い返していました。
    子供の頃、学生、社会人と、いつの時代でも恥ずかしくないというかフィットする使い勝手があって、私が子供の頃から今に至るまで廃れていなくて、グランドメニューの大きな変化も無く、メディアにも積極的に出ることなく、しかも今の外食産業にあって中間価格帯の適正価格で頑張ってる。
    徹底した首都圏出店というのがいいのか…
    等々考えなくても、私のような素人はとにかく美味しく戴ければ大満足なのですが、最近ご無沙汰です、行かなくちゃです!

    • サカキシンイチロウ サカキシンイチロウ

      Eikoさん
      何か特別なコトをしているわけではないんですよね…、なのに特別なレストランとしてずっと存在し続けている。
      飲食店って、同じことをずっとやり続けることで特別になれる数少ない商売のひとつなんでしょうね。

  2. yuu

    こんばんは
    今日、主人に
    つばめグリルに誘われていたのですが
    トマトと牛肉のシチューを作ったので断ってしまいました。

    サカキさんの画像をみたら
    とても美味しそうで!!
    いかなかったことをちょっと後悔、、、。

    新横浜在住です、
    徒歩15分でいける場所につばめグリルがあること感謝です。
    私も行かなくちゃです!

    上野の立ち食い寿司屋さんも
    いきたいなー です!

    • サカキシンイチロウ サカキシンイチロウ

      yuuさん
      つばめグリルは逃げていきませんから、機会をみつけて是非、ユックリ楽しまれてください。
      新横浜のキュービックプラザは、永坂更科布屋太兵衛さんが入っていたり、今半や天一のイートインがあったりもして、たのしい場所。今行かなきゃいけない話題の店はないけれど、いつもと同じでたのしませてくれる老舗が多く入っているのはうれしいですね。
      上野のお寿司屋さんもずっと変わらず、なにより働いている職人さんも変わらずがんばっていらっしゃる。ついつい近所に行ったらときに寄ってあげたくなっちゃいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。