チリビーンズにクラムチャウダー、ハンバーグ

夜、近所で夕食。バーグホリックにやってきてみる。
個性的な飲食店が集まるビル。地下には和牛がおいしい焼肉の店。一階の居酒屋は小さいながら実力派。白レバーのパテから皿雲呑まで幅広い品揃えにいつも感心させられる。
一階には中華料理のお店があって、蒸して仕上げるスープが売り物らしくっていつか来たいと思うもなかなか縁がなし。その2階。
ハンバーガーのお店ということになっているんだけど、ハンバーグステーキやステーキも揃ってていろんな使い勝手があるのがオキニイリ。
やってる人が肉が好きって以上に多分、アメリカが好きなんじゃないのかなぁ…。クラフトビールも豊富に揃う。
ビールを飲みながらハンバーガーってこの上もなくシアワセなコト。
サイド商品も豊富でしかもアメリカ的なのが揃ってる。まずいくつかたのんでみましょうと注文したら、サイド商品は案外ササッと早めにでてくる。ハンバーグやハンバーガーを丁寧に作りますからそれまでこれでたのしんで…、ってメッセージでしょう。ありがたい。

チキンナゲットをとってみた。ふっくら揚がって衣はサクサク、中はしっとり。軽い仕上がり。もしこれがバッファローチキンウィングだったら最高なのに…、って思いながらもおいしくハフハフ。添えられているケチャップ、フレンチマスタードをディップしながら味わい、食べる。
ワカモレチリビーンズディップなんてアメリカ的なる料理もひとつ。
みずみずしく仕上げるワカモレが多いのだけどここのはアボカドとトマトとパプリカをざっくりあわせて仕上げたモノ。アボカドサラダみたいな感覚。小さなストウブに入って熱々状態のチリビーンズも肉は荒く切り分けられて歯ごたえたのしいマッチョな仕上がり。ビリッと辛くてトルティアチップに乗せて食べると口がメキシコ仕様になってく。

今日はハンバーガーじゃなくてハンバーグステーキで。
友人もハンバーグだなっていうからトッピングを別々にした。
ボクはブルーチーズをもらう。
友人は自家製ベーコンにガーリックソースをあわせて注文。
ブルーチーズをちぎってハンバーグのパテの上におき、熱々にしたチーズソースをかけて味わう。
肉はざっくりとした食感で、噛みごたえがありしかもジューシー。
とは言え肉汁ドバッと感じではなく、肉の中にジュースがしっかり蓄えられてる。表面の脂がしっかり焼ききれていて、肉がザクザク、奥歯のところで壊れていくような感じがおいしい。
友人のハンバーグの上の自家製ベーコンの噛みごたえがありしっかりとした風味、味わいのおいしいことにもうっとりします。

ハンバーグにご飯とスープのセットをつける。スープはチャウダー。はまぐりが殻ごと一個入っているのがなんとも贅沢。ホクホクに煮込まれたじゃがいもにセロリにニンジン、すべすべとした玉ねぎと風味豊かで食感もよい。
ハンバーグのパテそのものがおいしい上にソースがどっしりした味わいで、ご飯がすすむ。ここのパテはハンバーグもハンバーガーも同じものを使うのだけど、力強く味わい深くそれを味のしっかりとしたパンと一緒に食べるとちょっとくどさを感じる。こうしてご飯のおかずで食べるのがいいなとボクは思ったりする。
チリビーンズをご飯に乗せて食べるとこれまたおいしくて、サイドのフレンチフライもサクサク油をたっぷり含んで揚がって旨い。ボリューム感も十分以上にあって満足。また来ましょうと帰ります。

 

関連ランキング:ハンバーグ | 四谷三丁目駅曙橋駅四ツ谷駅

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。