チョコの氷に金曜の夜、土曜の朝のサーモンサンド

スモークサーモンの端材が安かった。
ただ、ちょっと脂が強く感じる土曜日の午前中。時間ならばたっぷりあるから一工夫して蒸し器に入れて軽く蒸す。
脂が落ちて、芯はレア。
フードプロセッサーに入れてカテージチーズとマヨネーズ。
ディルの葉っぱとピクルスをちょっとくわえてジャジャっとかき混ぜペーストにする。
サンドイッチを作ることにする。
エディアールの角食を一センチ厚に切ってもらってそれをトースト。
二枚重ねで片面だけをちょっと長めにこんがり焼いて、一枚だけに軽くマヨネーズを塗っておく。
薄切りにしたキュウリを並べて、もう一枚のトーストにサーモンペーストをたっぷり塗ってパカッと挟む。しばらくそのまま休ませる。
もうひと組にはジャンボンブランとキュウリをはさみ、どちらも3切れに切り分けお皿に並べて胡椒をパパッとちらして出来上がり。
サーモンペーストが思いがけずもおいしくて、ぽってりとした食感がカサカサとしたトーストの歯ざわり引き立てなんともおいしい。ハムとキュウリはいつものおいしさ。オレンジジュースと一緒にパクリ。朝がくる。

金曜日。
家に帰る前に伊勢丹で買い出し。
ついでにジャンポールエヴァンでかき氷。凍らせたチョコレートをかき氷状にして味わう夏のゴチソウ。
一ヶ月ほど前に表参道のジャンポールエヴァンで食べて、機会があればもう一度…、って思ったオキニイリ。
伊勢丹のお店にもあるというのをメニューで見つける。
いつまでなんですか…、って聞くと8月一杯。あと数日のおたのしみですっていうので食べない理由がなかった。
氷なんです。だから冷たい。けれどシャリシャリとした氷の食感がほとんど無くて、舌にのせると生チョコのようになめらかで、ゆっくりとろけてアイスチョコレートのようになって消えていく。
苦く酸っぱく、儚く甘い。ドルチェヴィータってこういうコトをいうのかなぁ…、って思ったりした。おゴチソウ。

 

関連ランキング:チョコレート | 新宿三丁目駅新宿駅新宿西口駅

 

金曜の夜はおうちごはん。
蕎麦を茹でた。
茹でて水でザブザブ洗ってキリッと〆て食べましょう…、と。
具材は涼しく、食感のいい野菜をメインにとキュウリと大根。
それからなるとを同じサイズの角切りにする。
それから油揚げを細切りにしてフライパンで乾煎りする。
焦げた香りとサクサクとした食感たのしむ趣向で、それにゆずも添え器の下にタレをしのばせ、あとは蕎麦を用意するだけ。ザブザブ蕎麦を洗っていたらなんだか足元が冷たくて、みると流しの周りが水浸し。見るとシンクにつながるパイプが破損して水がそこからダダ漏れでした。

前から時たま水漏れがしてたんだけど、とうとうおしゃかになっちゃって修理するまで洗面所と台所を行ったり来たりしなくちゃいけない。なるべく水を使わぬ料理をしましょうか…、って今から思案。
おかずをあれこれ。小田原育ちのさつま揚げ。ほどほど甘くてけれどあくまでさつま揚げ風。串木野のさつま揚げがこいしゅうござる。
ハマチを日本酒と醤油で炒り煮したものに、水なすを塩もみにしてひと揃え。鍋や食器は風呂場であらう。それもなんだかたのしくて、悪くないかと思う夜。

コメント

  1. Michiko

    “2枚重ねでパンを焼く”とここで教わり、美味しそうなレシピを見て以来、朝のサンドイッチが定番になりました。朝目覚めて「……」な感じの時も、「そうだ、上等なサンドイッチを作んなきゃ!」と思い出して起きだし、思い通りに美味しそうなのができたらなんとなく気持ちがふわりとする…そんな瞬間が好きです。今は生ハムとトマトスライス、オリーブオイルにはまってます。素敵なきっかけを作ってくれてありがとう!サカキさん。

    • サカキシンイチロウ サカキシンイチロウ

      Michikoさん
      オリーブオイルで作るサンドイッチは、後口がさわやかでおいしいですよね。日本の食パンは塩味がひ弱だから、オリーブオイルにちょっとだけ塩をくわえて使うと、味がキリッと引き締まります。生ハム、トマト、ルッコラにオリーブオイルという組み合わせは他にまさるものなしのおいしさですね。

  2. Leocco

    私も時々、「榊さんサンドイッチ」を作ります。
    実家で作ったら、横から母が手を伸ばして来ました。
    それから何度も、「サンドイッチ作って」とリクエストされましたよ!
    一工夫で、本当に美味しくなりますよね。

    • サカキシンイチロウ サカキシンイチロウ

      Leoccoさん
      試していただけてうれしいです。
      料理って本当にちょっとした一手間で見違えるようにおいしくなりますよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。