チョコに水筒、川原ドライブインのわかめそば

有楽町に移動して、人と待ち合わせるためのクリスピークリームドーナツ。
アイスラテをたのんだついでに変わったドーナツはないかしら…、とショーケースをみる。そしたらチョコまみれのドーナツが2つあった。一つはいちご色。ひとつは焦げ茶色。どちらもバレンタインデー用というので焦げ茶の方を選んで食べた。
ふっかりとろけるドーナツの上にチョコレートをかけまわし、立方体のブロックチョコにサクサク砕けるチョコチップ。苦くてココアの酸味がドーナツの甘さを引き立てなんとおいしい。冷たいラテとの相性もピタッとよくて、まもなく待ち人きたるかな…。

東京駅から北に向かって移動する。
さて、その前に旅のお供を仕込んでおこうとスターバックス。
コールドブルーのアイスコーヒーをグランデサイズで作ってもらう。
新潟燕で作られた「TsuTsu」って水筒をひさしぶりに持って出た。
保温性が高くてしかもスリムな水筒で、普通のはステンレスの蓋がついているのだけれど、それを木製のカップに代えて作ってもらった。オキニイリ。
それに入れて残った分をお店で飲もうと思って注ぐ。
そしたらコーヒーは全部キレイに収まって、氷がほんのちょっとだけカップに残った。なるほどこれはスタバのグランデサイズ用。
コーヒー味の氷をなめて、新幹線の発車の時間までのんびり過ごすコトにしましょう。

新幹線で北に向かって2時間弱。古川という町につき、あれこれ仕事でそれから試食。
おはぎやずんだ餅やら甘味をあれこれ。
あんこがあまり得意でなくってだからめったに食べないのだけど、おいしいあんこはやっぱりおいしい。調子にのってパクパク食べちゃう。多分、今年一年分の摂取量を今晩優に越えました(笑)。
移動の途中で腹ごしらえ。川原ドライブインというお店。
もともと大きな母屋でドライブインをやってた店で、震災のときにそこが傾き使えなくなった。たまたま離れでやってた小さなそば屋にドライブインの名前を継がせてやっているという、歴史あり的実力派。
昨年末に朝そばをココで食べて、地元の人に愛されている店なんだなぁ…、と感心し、今日は夜にとやってくる。夜にも案外流行っていました。

三陸のわかめを使ったというわかめ蕎麦を選んで食べる。
丼の表面は具材で一杯。下の蕎麦が見えぬほど。メインのわかめにネギに甘辛に煮込んだ煮付け。それからかまぼこ一枚といろとりどりで食欲誘う。
麺はあらかじめ蒸したものを湯にくぐらせて仕上げたもので、若干ボソッと乾いた感じ。汁は鰹節をキチッと使った後口すっぱい上等な出汁。甘いかえしがしっかりとした輪郭作るおいしい汁で、麺が汁をしっかりたぐって口が潤う。
わかめはザクッと上等で、カウンターの上に置かれた桜えびを揚げた天かすをたっぷりのっけてスルンと食べる。お腹がほんわかあったまる。

 

関連ランキング:そば(蕎麦) | 古川駅陸前谷地駅塚目駅

コメント

  1. すうさん

    水筒に見えない水筒!素敵ですね(^-^)
    オーダーメイド!?がまた素敵!(^^)!

    • サカキシンイチロウ サカキシンイチロウ

      すうさんさん
      アシストオンっていうネットショップで手に入れました。
      https://www.assiston.co.jp/
      木のコップを兼ねたキャップはカスタム仕様。かばんから取り出すと、ちょっとした注目を集めることができます。オキニイリです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。