新宿御苑花園公園、チャッティチャッティのABC

年越し用の食材を調達しようと、ちょっと歩いたところの大きなスーパーマーケットへと買い出しの今日。
途中でランチ。
花園公園っていう小さな公園の前にある「チャッティチャッティ」っていうハンバーガーショップに来てみる。
ずっと気になっていた店だった。新宿で仕事を終えて家に帰る途中にあって、いつも表に誰かが待ってる人気のお店。それで今日は開店の時間に合わせてやってきてみた。
入口近くは長いカウンター。中に厨房。若い人たちが5人くらいは働いていましたか。元気でにぎやか。奥にテーブルが4卓あって、どこに座っても料理が作られる気配を感じることができるおいしい空間。ハンバーガーのメニューが多彩でメニューをじっくりみながら選ぶ過程がたのしい。何か飲みながら選ぼうか…、って飲み物のメニューを見るとルートビアがあるではないの。もうそれだけで気持ちはご機嫌。

ガンボスープをみつけてそれも。
オクラのとろみですべすべしていてトマトの風味に海鮮類の旨味がまじりやさしい辛味がずっしり舌に残ってく。
おいしいなぁ…。
しみじみおいしいアメリカの味。
肉が焼ける匂いがしてきて、厨房をみるとバンズにバターやマヨネーズが塗り込められたり、レタスがちぎられはじめる。
あぁ、そろそろボクらの料理が出来てくるんだなぁ…、ってお腹がグーッとなる。
ハンバーガーを一個、サンドイッチを一個たのんでふたりで分けた。サンドイッチはコールスローとハムのサンドイッチ。ハンバーガーは「ABC」って名前のもので、アボカド、ベーコン、チーズの頭文字をとってABC。どちらもボリュームたっぷり、フレンチフライを従えて木のお皿にのりやってくる。

ハンバーガーのバンズは白い。底の部分の固くて思い。上半分は空気をたっぷり含んで軽く、几帳面に折りたたまれたレタスがたっぷり。分厚いパテにトマトにチーズ。グリルベーコン、スライスされたアボカドが積み重ねられた凛々しい姿。
旨いです。レタスの歯ざわり、歯切れ感。パテは頑丈。粗切りにされた牛肉は牛脂をたっぷり含んでて肉汁をしっかり蓄え歯ごたえもよい。
奥歯にガツンと打ち付けるような肉の食感をアボカドがとろけてなめらかにする。バンズが変においしくなくて、挟んだ具材それぞれの持ち味が素直に味わえるのがいい感じ。

コールスローとハムを挟んだサンドイッチはボクが作るサンドイッチみたいで好み。
粗い全粒胚芽パン。しかも薄切り。
こんがりトーストして具材を挟んだだけで調味料はほとんど使わず。
メインの食材以外にもトマトにきゅうりにレタスと具材たっぷりでパンで挟んで手づかみしながら食べるサラダのような味わい。お気に入り。
なによりフレンチフライのおいしいことに感心します。
シューストリング状態で、じゃがいもから水分がしっかり抜けて細かな穴がギッシリできる。噛むとサクサク、乾いた感じ。なのに食べてるうちにでんぷん質がとろけてふっくらなめらかになる。
指も汚れる。お皿も汚す。指や唇を拭った紙ナプキンもちらかっていく。それがおいしかったという証。気に入りました、また来よう。

 

関連ランキング:ハンバーガー | 新宿御苑前駅四谷三丁目駅新宿三丁目駅

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。