ダブリエにバベット、プリン経由でミルフィーユ

ひさしぶりの「サラマンジェ・ド・イザシ・ワキザカ」。
フランス語で書くと「Salle a manger de Hisashi WAKISAKA」。アッシュ(H)を発音しない、母音で挟まれた「S」は濁るのがフランス語の流儀だから、ヒサシさんもイザシさんとなる。
サラマンジェは食事する部屋。コンパクトだけれど天井が高くてキッチンの気配をどこに座っても感じることができる空間。背筋ものびるし食べることに集中できるよきお店。
まずは前菜。ダブリエドサブール。
トリッパのパン粉焼きで、これ、タナカくんが大好きだった。トリッパを細切りにしてパン粉をまとわせ焼いたもので、トリッパから滲み出した脂でパン粉がパリッと揚がって仕上がる。サクサクのパン粉の中のトリッパはねっとり粘って肉感的。口いっぱいに散らかるパン粉と混じってずっと口をにぎやかにする。ずっと噛んでいたくなるようなオゴチソウ。
ちなみに東京3大トリッパ by タナカくんはここのこれとオステリアナカムラの煮込み、ピアットスズキのグリルでござった。なつかしい。

メインはバベット。
フランス語で「よだれかけ」。つまり三角形の前垂れみたいな形をしてて焼肉店では「カイノミ」と呼ばれる部分。
ちなみに三角形の貝殻の形に似ていてカイノミで、同じ形から連想されるものが国で違うというのがオモシロイ。

たくましさを感じる肉です。
歯ごたえがあり噛みごたえも十分でしかもサクサク歯切れもたのしい。
焼ききれた表面部分のバッサリとした食感が、芯に近づくにつれねっとりと、なめらかにして肉感的になっていく。脂がおいしい肉は多い。けれど肉そのものがおいしい肉に出会うと顎が喜ぶ感じがたのしく、何度も何度も感で味わう。たっぷり含んだ肉汁で口が潤う感じがなんともオゴチソウ。

それにしても焼き切れた表面の深い焦げ色と、断面の鮮やかな赤のコントラストのうつくしきこと。サイドに添えた野菜のあれこれ。細いいんげんにマッシュルーム。熱々のポテトグラタンと食感、味わい多彩に揃いどれも素材の味がしっかりするのがステキ。一口、そしてまた一口と肉を味わいお腹に収める。
そうそう、ここのパンにはマーマレードが付いてくる。ここは酸味を効かせた料理の多くてマーマレードの甘みや苦味が調味料の役目も果たす。
ランチサービスのデザートはプリンを選んで亡き人偲ぶ。ここのプリンはプリンらしい普通のプリン。それが好きで笑って食べてた。ひさしぶりのオゴチソウ。

 

関連ランキング:フレンチ | 銀座駅内幸町駅日比谷駅

 

華やかな午餐の〆を華やかな店で華やかに。ランチの最後にプリンを食べはしたけれど銀座の街を去り難く銀座ウエスト本店の喫茶室に来る。
ゴルゴンゾーラのシュークリームか…。レモンパイのアラモードもね…、って思いながら、結局オキニイリのミルフィーユにする。
喫茶室の厨房でパイでクリームを挟んで作ったばかりの出来たてで、テイクアウトが叶わぬお菓子。何しろパイは儚いほどにサクサクで、クリームがなければ散らかり収集つかなくなってしまうほど。
白く飾った粉糖がじゅわっと溶けて、口の温度を一瞬下げたように感じる。それもつかの間、パイとクリームが口と心の温度を上げる。控えめに添えられた生ホイップとイチゴと一緒に口に運ぶとナポレオンパイが出来上がる。なんと優雅で愛らしい。
金箔の天使が踊る美麗なカップに入ったコーヒーをコクリと飲んでおかわりねだる。銀座の昼のしめくくり。

 

関連ランキング:喫茶店 | 銀座駅日比谷駅内幸町駅

コメント

  1. よおぜふ

    さっくさくの合わせたてのパイ、いいですね〜。
    カトラリーの佇まいが違いますね。
    全てがテイクアウトでは味わえないはずで、極上ですきっと。
    サカキさんは猫ちゃんお好きですか?
    もしお嫌いじゃなかったら、夜廻り猫、という漫画是非お勧めしたいです。ご存知だったらすみません。

    • サカキシンイチロウ

      よおぜふさん
      ボクはどちらかというと犬派でして。
      でもこの夜回り猫は、漫画博士でもあったタナカくんがオモシロイよと言っていたのを思い出しました。
      機会をみつけて読んでみます。ありがとうございます。

  2. パステル

    ワキサカさんのプリンの写真に目が奪われました。
    少し前まで持て囃されていた柔らかいプリンが好きではありません。固くて苦いキャラメルソースが掛かったのが好きです。是非訪れてみたいなとデザートから惹かれてしまいました(笑) ほんとに普通がいいとのコメントの通りです。

    シティベーカリーさんの片付けのstoryも凄いなとそしてそれに気付けるサカキさんも凄いです。
    いつも楽しくそして街や人々の息遣いまで感じながら読ませて頂いています。ありがとうございます。

    • サカキシンイチロウ

      パステルさん
      プリンだけでお客様を呼び込まないといけないようなお店じゃないからなんでしょう。
      ここのプリンは本当に普通のプリン。
      でもおいしい料理を堪能したあとのデザートって、こんな普通がほっとできていいんでしょうね。
      「おいしすぎる」という言葉が褒め言葉になってしまう今の風潮はいささか不思議。
      目線を低くおいて、これからも感じたことをお伝えしようと思います。

  3. ありす

    ウウウ!
    美味しそうなお肉!そしてわたくしも大大大大大大好物のミルフィーユっっ!!
    銀座に行った時に食べなければいけないものが満載で、お腹がはちきれて飛んで帰ることになりそうです。
    (それはそれで楽そう)

    • サカキシンイチロウ

      ありすさん
      やっぱり銀座って特別な場所だなぁ…、って思います。
      ウエストに行くと、あれも食べたい、これも食べたいと胃袋がひとつしか無いことを呪わしくさえ思います。

  4. よおぜふ

    夜廻り猫、やはりご存知でしたか。タナカさんもお読みだったとは嬉しいです。
    猫ばかりではなく、健気で愛らしいワンちゃん達も出て来ますので、きっと楽しんでくださると思います。

    • サカキシンイチロウ

      よおぜふさん
      もしかしたら部屋にあるかもしれない。探してみます。本棚がまだ手つかずになっているので、のんびりと。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。