ダッチベイビーを朝ご飯にするサタデーモーニング

yoru-udonちょっとお疲れ気味でして、金曜日の夜にお部屋でおとなしく晩御飯。
楽して作る。
まずはうどんを土鍋で炊きます。
生麺を茹でて軽く洗ったものを出汁をはった土鍋に移す。
出汁の中にはタップリのネギ。
豚バラ肉に竹輪に油麩。
弱火でジックリ。
クツクツコトコト煮込んでいくと、いろんな素材の味が混じって出しそのものも味わい豊かでコクがでる。
煮れば煮るほど味が染み込み、トロンとなめらか。やわらかになるうどんでだからユックリコトコト。沸騰した出汁の細かな泡が麺や具材を洗っているように見えるところがなんだかステキ。

タップリ出汁を吸い込んだお麩が膨れてふっくら。食べるとシットリおいしくて、口の中から体中が潤うおいしさ。ジックリ炊いたネギの甘みが麺まで染み込みニッコリします。オゴチソウ。

yoru-sinodayoru-mozukuyoru-gyouza

淡路町のお土産に志乃多寿司のお稲荷さんと干瓢巻の詰め合わせ。これまたシットリ。油揚げの旨みと甘みが口の中に広がっていく。カラメル色に煮込んだかんぴょうは、スベスベクニュクニュ。シャリもちょっと酸っぱ目で食べれば食べるほどお腹が空いてくる感じ(笑)。
沖縄産の太くて見事なもずくを買って、ドゥルンと味わう。
博多のこぶりな餃子をバクバク。テレビを見ながらお行儀悪く食事をしました。金曜日。

yyyy-coffe土曜日の朝…、朝寝坊。
前からちょっと気になっていた喫茶店にて朝ご飯。

四谷四丁目の交差点。
そこからちょっと奥に入った小さな公園の前に小さな喫茶店。
「四八珈琲」という名前。
ずっと「ヨンパチコーヒー」かと思っていたらこれで「ヨツヤコーヒー」と読むのですね。四丁目の八番地だからヨンパチ?とかって勝手に解釈してたんだけど、住所は四丁目の15番地でありました(笑)。

お店の外からみた雰囲気は、ログハウスっぽいエントランスと小さなテラスに木の椅子、テーブル。コーヒー好きのおじさんがやっていそうなイメージで、なのに中に入ると女性2人がやっている。
女主人が好きで集めたカップや器。
豆の種類も豊富で、かなり本格派という、意外性に満ちた要素の組み合わせ。
トラジャコーヒーをもらってゴクリ。
コクのある味。深い香りとやさしい酸味。口の中で旨みがふくらみ、スッキリとした苦味をひきたて頭をスキっと目覚ませる。近所の人を中心にほどよくにぎわい、いい感じ。

yy-d1yy-d2yy-d3

ココの売り物がダッチベイビー。オーブンの中で仕上げるドイツ風のパンケーキ。10種類ほど用意があって、中でも一番自信があるというベリーと一緒に味わう趣向のものをたのんだ。
小さな鉄板でやってくる。かなりタップリ。パンケーキの生地がすっかりかくkれてしまうほどにタップリ、ベリーのシチューとホイップクリーム、それからバニラアイスクリーム。スベスベしていてムチムチとした食べごたえのある生地にすっぱいベリーが混じる。生地そのものは塩味で、そこにのっけるものを変えると味が変わって感じるところがオモシロイ。
キレイに食べて週末の朝…、はじまった。

 

関連ランキング:洋食・欧風料理(その他) | 四谷三丁目駅新宿御苑前駅曙橋駅

コメント

  1. みやはら

    お麩を沢山いれた鍋焼きうどんとは! なんておいしそう! 鍋焼きうどん好きなんですよー私はいつも卵とネギと天ぷらと、何かある野菜です。お麩を沢山ってやったことなかったです。美味しそうー。ダッチベイビーってまたまた美味しそうー。ベリーのシチューって何!甘くてすっぱくて冷たいアイスって! 太ってきたのを感じている私には毒ですねー。でも朝ならいい!いいなーよつや。

    • サカキシンイチロウ サカキシンイチロウ

      みやはらさん
      いろんなものをぶち込んでコトコト煮込んだ鍋焼きうどんは格別ですよね。
      食べ始めてから、あっ、玉子を落とすの忘れたって思いました。
      四谷の街はダイエットするのが難しい街。24時間営業のジムに入会しているのに、なかなか行くきっかけができないで困っています(笑)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。