汁がおいしい粗挽き蕎麦。噛んで味わう、おゴチソウ

ひさしぶりに「粗挽き蕎麦トキ」という店に来た。
夜は居酒屋的に飲めるそば屋で、同じように飲めるうどん屋として有名な一滴八銭屋のご主人がやっている。
四国出身のご主人だからうどん屋さんをやるのは自然。けれど蕎麦の店。しかも山形産のそば粉、山形流の作り方にこだわりお店をやるというのに、なんでと開店当初は思ったけれどこれがなかなかの繁盛店に育ってる。
カウンターが中心でオープンキッチン。ちょっとバーのような設えでお店は女性で切り盛りしてる。白いブラウスを着た凛々しい姿の女性たち。
自由にとれる箸箱の中の箸は紙の袋におさめられている。誰かの手が触っているんじゃないかしら…、って気にしてくていい心遣いがいいなと思う。

ランチメニューが特別あるわけでなく、グランドメニューが消費税抜きでたのしめるというランチのシステム。
わかりやすくていいなと思う。
「お得セット」というのが用意されている。
ここの一番の推しのせいろそば。
かしわ天が2個にとろろご飯がついてひと揃えというもの。
とろろご飯のう玉を抜いてもらってたのむ。
丁寧に作る料理は時間がかかる。本格的なランチタイムになって次々お客様がやってきてカウンターはほぼ満席。厨房の中も大忙しです。
ぼんやり待っていると、自然と目の前の張り紙が目に入ります。
曰く。国産そば粉の十割そば。噛んで味わう野趣あふれる味わいを楽しんでくださいという。

日本各地にさまざまな蕎麦がある。
例えば信州のそばはなめらかで洗練された風味を味わう趣向。
ところが東北に行くと、力強くてたくましく噛んで味わう蕎麦がある。案外ボクは東北系のそばが好き。
ここのそばもたしかにそんな感じだったとワクワクしながら待ってやってきた今日のそば。
若干幅広。
木箱におさめられているのだけれど、水をたっぷり含んでとてもみずみずしくてそばって水を味わう料理でもあるんだなぁ…、と改め思う。

かしわ天はぽってりとした衣をまとって芯まで熱々。
噛むとざっくり衣が壊れる感じがおいしい。力強い噛みごたえのあるここのそばにはエビの天ぷらよりもザクザクむっちりの鶏の天ぷらのほうがあうんだろうなぁ…、と思ったりする。

そばはおいしい。噛めば噛むほど香りや甘みが出てきて味わいのある食べごたえ。ただその力強いそばに負けないタレのおいしさが傑出してる。
醤油の辛みがガツンとくる。それと同時に昆布由来かなぁ…、ヌルンとなめらかな甘みがやってきて、甘みが消えると旨みがじわじわと口の中に広がっていく。
蕎麦の風味や軽いエグ味がタレが消えるにしたがってあとから後から押し寄せてくる。そばを味わう醍醐味をしみじみ感じる名品です。
お江戸のそばをネギと一緒に食べるとネギが蕎麦の風味を邪魔してしまう。ところがここのそばはネギを入れてもまるで負けず、むしろおいしくしてくれるのが面白い。サラサラタイプのそば湯でタレを割ってゴクリと出汁のうま味を味わって〆。顎を使うとお腹も満ちる。オキニイリ。

 

関連ランキング:そば(蕎麦) | 南新宿駅新宿駅都庁前駅

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。