スタバに利久、朝のチョコレートライスクリスプ

東京駅から仙台。旅のお供にスターバックス。
最近、オキニイリのスティームミルクをショートサイズでたのんで電車に持ち込んだ。
スターバックス はコーヒー専門店というよりミルク専門店だとボクは思ってる。彼らの主力商品はコーヒーじゃなくラテで、その主原料はミルク。
日本にやってくるときいちばんの興味は、どうやっておいしいミルクを大量に確保するかだったほど、ミルクの味に彼らの商品作りはたよってる。スティームミルクを飲むということは彼らの原点を飲むことなんだ…、って思い込みつつ飲む熱々ミルクはなかなかおいしいモノであります。
それにしても今朝のカップもポップなデザイン。マイデザインだね…、って思ったりする。オモシロイ。

 

関連ランキング:コーヒー専門店 | 東京駅京橋駅二重橋前駅

 

仙台で仕事を終えておやつどき。
遅い昼食をドンキホーテの地下の「利久」でテキパキと。
仙台牛たんのお店です。この利久を含めて仙台のアーケード街には驚くほどにたくさんの牛タン専門店を発見できる。
街中だけじゃなく郊外にもたくさん専門店があって、決して安い料理じゃないのにこれほど地元に根差した郷土料理って珍しいなぁ…、と来るたび思う。
さてドンキホーテの利久。観光客、特にインバウンドの人たちが多く集まる商業施設で彼らにアピールできるようにと、オリジナルの料理を一生懸命開発してる。「まぜ麺」を作ってみたので…、というので試食かたがた食べてみる。

盛岡冷麺を使ったまぜ麺。茹でて熱々の冷麺に具材とピリ辛肉味噌。グレープフルーツの搾り汁を使ったタレで仕上げる。タレがからんで汁がトロトロしはじめるまでグルグルかき混ぜできあがり。ムチムチした麺が独特でおいしいのだけど、何味なんだろうと思うと結論でない不思議味。そこをいいと感じるのか、伝わりづらいと思うのか、それが微妙で思案する。
ザクッと歯切れる極みはやはり最高で、はじまったばかりという味噌漬けにしたタンの炭焼きは焦げた味噌の香りがおいしい。テールスープでお腹をあっため、北に向かってまた移動。

 

関連ランキング:牛タン | あおば通駅仙台駅広瀬通駅

 

そして朝。登米という宮城県北部の町のホテルで目覚める。
さすがに寒く、ちょっとブルって早速お腹をあっためる。
実用的で合理的なバフェ。まずはご飯をちょっと盛り、グリルベーコンを一枚のっける。醤油をちょっと。
紫玉ねぎのスライスに笹かまぼこ。レタスの葉っぱの上に揚げ焼売の南蛮だれかけ。紫玉ねぎが想像以上に辛くてびっくり。味噌汁の中に放り込み辛さをなだめる。
こういうホテルのバフェにしては珍しく、シリアルがあった。しかもボクの好きなライスパフのチョコレートがけ。ミルクをかけて甘い朝の〆にする。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。