スタバで朝食、表参道の空の上

原宿にくる。せっかくだから久しぶりにおいしい卵サンドイッチを食べようと、朝からやってるはずのダイナーレストランに行ったのだけど、まだ準備中。
営業時間が変わったのか…。
でもお店の中には人がいて、ガラス窓越しに目があったけど開ける気配はなくってふられる。
しょうがないからスターバックス。
東急プラザの6階にある。ひとつ上のフロアには世界一の朝食なる触れ込みのビルズがあって、でもそこに行くほど気合の入った朝じゃない。屋上庭園に面した明るいムードのカウンター、そして客席。奥には仄暗いまったりとしたフロアもあって使い勝手のいいお店。

オキニイリのハムとマリボーチーズのフィローネを買い、お供をスティームミルクにする。
キャラメルシロップを半分量だけ入れてください…、ってお願いをしてショーケースの中をみるとジャーに入った見目麗しきお菓子が目に入る。いちごとベリーのパンナコッタということで、おめざがわりに追加した。
今年も3月になりました。まもなく桜の季節ということもあってでしょうね…、ショーケースの中のお菓子の花形は桜フレーバーのあれやこれやで、けれど桜の香りは食べ物の匂いとしてはいささか苦手。ムワッとむせてお腹を重たくするのでござる…、遠慮した。

それにしてもフィローネのおいしいこと。
まずパンがおいしい。
リッチすぎず痩せ過ぎてもなく焼けた表面はガリッと歯切れて砕ける感じが痛快。噛み切れ口に収まって噛み続けると適度な歯ごたえが徐々にやさしくなめらかになる。
そこにハムのむっちり感がからんできます。肉の風味と脂の旨味がパンに混じってそこにチーズのとろけが混じる。とても贅沢な味がしてきて最後にオリーブオイルの緑の香りで幕を引く。
よくできてるなぁ…、って感心します。同じような商品がカフェやファストフードで売られているけどスタバのこれが一番おいしい。素材の組み合わせ方や味のまとめ方のセンスがいいからなんでしょう。何よりパンのおいしさに感心します、オキニイリ。

フィローネを全部食べたご褒美にパンナコッタをパクリと食べる。
ジャーの中にパンナコッタとスポンジケーキ、いちごのピュレが層をなして重ねられてる。そのてっぺんにはホイップクリーム、ラズベリーにイチゴが彩り添えていて目においしげで食べるとふっくら。口どけの良い春のゴチソウ。とても上等な練乳がけのイチゴを食べてるみたいな気がする。オモシロイ。
キャラメルシロップで香りと甘みを加えたスティームミルク。シロップも半分量だと存在感があまりなくミルクそのものの甘みや香りが膨らむような自然な味がいいなと思う。
シロップ控えめをスタバ語に変換すると「ライトシロップ」になるというのも勉強しました。朝ご飯。

 

関連ランキング:カフェ | 明治神宮前駅原宿駅表参道駅

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。