スシローはフライドポテトがおいしいと知る!

今日は立川にちょこっとでかけた。
昼ご飯をどこでしようかと街を歩くもノーアイディア。駅前をブラブラ歩いていたら「スシロー」の看板発見。
そう言えば、スゴく長い間、スシローを利用してなかったなぁ…、と思って試してみることにする。
ボクの生活圏にはないお店。
スシローはおろか、無添くら寿司、はま寿司、かっぱ寿司と回転寿司のチェーン上位4位のお店が一軒もないエリアに住んでいるから、こういうチャンスを生かさなくちゃと思ったわけです。駅前近くのビルの地下。ベルトは3つのレーンに分かれ100席越えの大型店。ピークタイムには寿司がベルトを流れることもあるようだけど、基本、タブレットで注文して特急レーンで運ばれてくる…、というシステムらしい。

このタブレットのメニューがなかなかよく出来ていて、反応速くしかも売りたいものの注文を上手におねだりする構造。その企みに乗ってたのんだのがズワイカニ味噌と生のホッキ。注文してから気づいたのがどちらも今の一二を争う高級ネタで、さすがにおいしい。
ただシャリに特徴がないというか、酸味も甘みも旨味もまこと平均的で業界ナンバーワンになるということはこういうことか…、って思ったりする。みんながおいしいというものは、往々にして誰にも嫌われないようにする努力の結果になっちゃうのでしょう。
定番のアジをとってみると、あぁ、回転寿司の魚の形をしてるなぁ…、ってしみじみ思い、エビやトビコ、コハダもどれも無難においしい。

そういえば寿司が流れていたはずのベルトの上を有名料理人の写真が流れてくるのに笑う。
彼らがプロデュースしたオリジナルの寿司をたのしめるというのが売りのようで、ならばとひとつ。
神戸北野ホテルの山口シェフの手になる「フレンチ仕立てのサーモンアボカド」。
アボカドの上にちょこんとのっかっているのがカレー風味のソースでこれが案外おいしい。サーモンやアボカドのクセを見事に封じ込め、旨味に変える。なかなかおいしい。
ならばともう一つ、賛否両論の笠原シェフのつぶ貝えのきバターも食べた。えのきの上にバターとにんにくチップが散らかり、一瞬それが焼いたエビの殻を砕いたもののように感じてびっくり。

ただ味はただただおいしくて、けれどつぶ貝の味だけしないという不思議な料理。オモシロイ。
比べるものがない料理を作ってしまえば、それに対する評価は好きか嫌いかになり、おいしい、まずいという判断基準から解放される。まさにこれらはそういう料理で、よく考えたなぁ…、って思う。ただそういう料理ばかりだと集まる人は少なくなるから、他の商品はごく当たり前。トロたくも〆にたのんだ鰻きゅう巻もほどよく上手に出来ていた。
ちなにみ本日、食べて一番感動したのはフレンチフライ。ザクザク揚がってスパイシー。これだけ食べに来てもいいかと思ったりした。そういうところも今様回転寿司のあるべき姿なのでしょうネ…、お勉強。

 

関連ランキング:回転寿司 | 立川北駅立川駅立川南駅

コメント

  1. 龍たろ

    以前TVで女子高生が
    「スシローって言うかポテローだよね!」って
    言ってました(笑)
    さすがにコロナ禍の今は無理でしょうが
    スシローは放課後のたまり場化していたようです

    • サカキシンイチロウ サカキシンイチロウ

      龍たろさん
      「ポテロー」!
      ボクもこれからそう呼ぶことにします。
      これほどのフレンチフライって、アメリカ料理が得意なダイナーとかカフェでないとなかなか出してくれないと思うんですよね。
      ここしばらくで一番の発見でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。