ジャナスタのルーベンサンド、函館の美鈴珈琲

伊勢丹の近くにJSバーガーができた。
ずっとやってるかやっていないかわからないアパレルショップがあった場所。…、のように記憶しているけれどそれも定かじゃないほどイメージ希薄な場所で、しかもロブスターロールのルークスまでもが併設されてる。
お店の前に大きな看板。代表的な商品に値段までもが表示されてる。
その前で海外からのカップルがじっと見つめてどうしようかと迷ってる。
新宿伊勢丹の近くという一等地にあってキレイなお店。しかもテーブルサービスの店にしてこの値段は果たして妥当かどうかと考え、なかなか気持ちが決まらない。お店に入って様子を確かめそれでやっと入っていった。
日本の飲食店は確かに安い。それを安いと感じぬ日本の人とその産業。不思議だなぁ…、ってしみじみ思う。

ランチは表示の値段にサラダバーとソフトドリンクがついている。
安いなぁ…、ってまたしみじみ。
お店の人がメニューをもってやってきて「メニューの説明をさせていただいてもいいですか?」といちいち聞くのがまた不思議。
それほどまでにお客様に気を使わなくちゃいけないのかなぁ…、って。
さっさと説明してサッサと帰って行けばいいのにって思ったりする。

ハンバーガーがメインの商品。サンドイッチやホットドッグも豊富に揃う。特にメニューのルーベンサンドの写真が本当においしげで、それを選んでたのんで食べる。ニューヨーカーの大好きなサンドイッチでボクも好き。ライブレッコーンビーフ、ザワークラウト、チーズ、ロシアンドレッシングを挟んでグリルした物で、パストラミやコールスローで作ることもある。

ここのは代わりにローストビーフ。それはそれで良しなんだけどなぜだか分厚い。ルーベンサンドは具材全部が同じ形状でとけあうところがおいしいワケで、これじゃぁローストビーフサンドイッチになっちゃってるよなぁ…、って思う。
パンの焼き加減も中途半端で熱々じゃない。なのにチーズが溶けている…、ってことはチーズは別所で焼いてのっけたということか。作り方がイメージできない不思議な料理。フレンチフライは上等でした。
それにしてもほどほど流行ってらっしゃった。サンドイッチは手間とコストをかければおいしくなる料理。わかっちゃいるけどそれができないお店がほとんど。だからこうしてその面倒をキチンとできれば流行るということなのでしょうネ。小さな勉強いたします。

そして近所の伊勢丹会館。
かつてオキニイリでかなり頻繁に使ってた「珈琲舎BUN」ってお店が撤退し、代わりに入った美鈴珈琲。
函館で人気の喫茶店という。焙煎にこだわった豆をサイフォンで落とす。
飲み物のメニューに関してはとても普通の喫茶店・食事のメニューがちょっとフェミニン。カフェな感じで、前のお店のマッチョな感じの対極にある。それで足が遠ざかってた。
ひさしぶりにお茶でも飲んでみようかと、お店に入った。お店の雰囲気はかなり変わった。変わったけれどBUNの頃に使われていた椅子やテーブルが一部残ってなつかしい。昔はほとんど喫煙席で、それが今では禁煙席がほとんどとうれしい変化もありはする。

ブレンドコーヒーを一杯もらう。一緒についてやってくるミルクが独特の形の容器に入ってくる。これが濃厚。とろみを感じるほどに重たく、乳脂肪分が多いのでしょうネ。一旦沈んでゆっくり浮かんで模様を作る。ほんの少しでミルクの香りが湧き上がる。
甘くて濃厚。コーヒーの苦味とほんわかやわらかにする。酸味もやさしく、あぁ、おいしい…、ってしみじみ思う。たまにくるのもいいかなぁ…、って思ったりもする。おやつどき。

 

関連ランキング:コーヒー専門店 | 新宿三丁目駅新宿駅新宿西口駅

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。