シンガポールホリックラクサ

原宿の街をウロウロしてたら、ラクサヌードルの専門店を発見しました。
お店の名前は「シンガポール・ホリック・ラクサ」。
そう、シンガポールの国民食的スープヌードルでシンガポールに行くと必ず一度は食べる。
なんだかちょっとなつかしくってお店に入ると、ラクサ独特の匂いがしてる。ナンプラーっぽい発酵系の匂いにココナツの甘い香りが混じって独特。
ちなみに場所はジャニーズショップの向かい側。お店の外観写真を撮ろうとカメラを出すと入口の前に立ってるおばさんに睨みつけられ、店のテラス席に座っているとガードマンに誘導されて10人単位でぞろぞろお店に入ってく人たちにまで睨まれる。完全アウェイな感じにドキドキ。日本ではない別のどこかの王国に紛れ込んだような気持ちがオモシロイ。

スープの辛さや麺の種類、トッピングを自由に選んでカスタマイズできるラクサ。辛めのスープにレモンにパクチーをトッピングして作ってもらう。量はミディアムサイズでほどよき分量。
そして味。おいしい!シンガポールにもっていっても人気を得るに違いないほど。
ポッテリとしたスープはなめらか。自然な甘みにドッシリとした旨味が混じりレモンを搾るとスッキリとした酸味が混じる。具材は茹でた豆もやし。魚のすり身を揚げた練り物、イカにエビ。ただなによりおいしくびっくりしたのが中の麺。太くて短い麺と細長い麺の2種類ミックスで注文したら、その2種類の麺が口の中で暴れる感じがたのしい。細い麺はスベスベスルン。太い麺はムチムチもちもち歯ごたえがよく夢中で食べる。

食べてるうちに辛さがどんどん重なって舌が汗かく。
そこでサイドにたのんだカヤトースト。
これもシンガポールの人たちが大好きなおやつフードで、ココナツと卵を煮詰めて作ったカヤジャムとバターをトーストで挟んだモノ。
甘い。バターが歯切れて口の中をひんやりさせる感じもたのしい。
カサカサとしたトーストブレッドが壊れて散らかる食感もいい。
辛さで疲れた舌が癒やされ、ラクサを食べてはカヤトーストで舌をリセット。そして再びラクサをスルリと食べ始めると止まらぬおいしい組み合わせ。
赤い飲み物はおかわり自由のデトックスウォーター。それをゴクゴク、3杯お替り。お腹にストンと収まった。この店本当に好きな店。原宿歩きがたのしくなります…、オキニイリ。

 

関連ランキング:シンガポール料理 | 明治神宮前駅原宿駅表参道駅

 

熱くて辛い食事のあとには体の温度が上がって暑い。
ところが外に出るとひんやり。歩いているうち体温落ち着き気持ちいい。
なにか甘いものでも食べてやろうとスタバ。
東急プラザの上の店。
気持ちのいい店。
木々が茂ったテラスとつながる開放的なお店の造り。
入り口を入ったところに大きなショーケース。中にはクッキー、ビスケット、サンドイッチやケーキの類が並べられててワクワクしちゃう。
ジャーに入ったマロンケーキをドリップコーヒーのお供にします。
細かくちぎったスポンジ生地にホイップクリーム、マロンのピュレ。砕いたメレンゲが散らかっていて、ふっくら、ふんわり、しっとり、サクッ。ほどよき甘さとたのしい歯ざわり。秋がきました…、のんびりと。

 

関連ランキング:カフェ | 明治神宮前駅原宿駅表参道駅

コメント

  1. 食欲

    あー、ラクサもマロンケーキも大好き!昔ながらの黄色いモンブランも捨てがたいけれど、この茶色いマロンクリームのケーキは季節を感じられますね。

    でもカヤトースト、初めて聞きました。早速検索。読めば読むほどおいしそう。ハワイは東南アジアの文化も身近なので、絶対スーパーで普通に売ってるに違いない。今日の帰りに買ってみよう!それにしても、日本は色んな国のいろんな食べ物が食べられていいですよねー。絶対アメリカの食べ物もハワイにいる私より皆さんの方が詳しいと思う。サカキさんからいつも新しい情報いただいて感謝です!

    • サカキシンイチロウ サカキシンイチロウ

      食欲さん
      日本という国の好奇心旺盛で貪欲なこと。確かに世界中のモノが食べられるシアワセを感じます。
      ただ、世界中のモノがいつの間にか日本風にアレンジされてしまって、それをもって「本物」と受け入れてしまう厄介な風潮も最近あって、例えば日本のイタリア料理の一部は日本の料理になっちゃったりしてる。
      それも「新しい本物」として本物と共存している日本の料理世界って、まさにダイバーシティを体現している寛容な世界だなぁって思います。

      そう言えば、ハワイのイタリア料理店、アランチーノが大阪に間もなく進出!ハワイには一軒しかない店が、日本で10軒なんてことがまたおこるのかなぁ…、って興味津々です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。