シュウマツゴハンイエゴハン

ひさしぶりにサンドイッチを作って食べる。
ラ・バゲットのバゲット生地で焼いた食パン「ミッシェル」をこんがり焼いてフレンチマスタードを薄く塗る。
ビフカツ揚げる。
もも肉を良く叩いて繊維を崩し、粉をはたいて溶いた玉子にパン粉をぎっしり。衣がこんがり揚げ色付いたところでひきあげ、しばらく休ませパンで挟んでざっくりと切る。
断面きれいなロゼ色のカツ。塩と胡椒をちょっと強めにほどこしていて、パンの旨みと油の風味。肉そのもののおいしさがマスタードの辛味や酸味でひきたち仕上がる。素材はシンプル。野菜も使わず肉の旨みや風味を素直に味わうレシピ。
カサカサとしたパンの食感とムッチリ肉が歯切れる感じがオゴチソウ。唐揚げをついでに作って朝のおやつといたします。

もてあますほどの時間がある土曜日。焼きそばを焼く。
シマダヤの袋麺。ビニール袋の中に入ってペッチャンコになってる麺を、一本一本、きれいにほぐす。結構時間がかかります。
油まみれになってる麺を最初に軽く揉むようにしてざっくりほぐす。そこから一本、また一本と互いにくっつきあった麺を引き剥がす。以前はもっと簡単にはがせたはずなんだけど、今日は本当にむつかしい。指にふれる麺の感触がひ弱になったような気がする。くっつき合って団子のようになってるところも結構目立ち、イライラしそうになるのを我慢しながら一本、そしてまた一本。
油まみれの手のひら、指とひきかえに息するようにふっくら山につみあがる麺が10分ほどで手に入る。

油をひかないフライパンに麺を投入。弱火で表面がカサカサ焦げるまで焼いていく。
焼ける間に具材の準備。
ピーマンを千切りにしてナルトと竹輪を薄切りにする。
豚バラ肉を細切れにして、焼きあがった麺を一旦お皿に移す。
肉をまず焼きナルトと竹輪。ピーマン入れたら塩と胡椒と香味シャンタン。下味つけて麺を戻してカサカサ炒める。缶詰のツナをパカッといれたら、袋麺についてた粉末スープを一袋弱。味がなじんだら出来上がり。
麺の焦げたところがカサカサパリパリ。ピーマンの水気を吸い込んだ麺の芯の部分はふっくらと一度に2つの麺の食感たのしめるのがおもしろく、そこにクニュクニュ、ナルトや竹輪の食感まじって食べ続けるのがたのしい焼きそば。油をあまり使わず仕上げて、だからさっぱり後口もよい。よく出来ました、オキニイリ。

日曜日の夜、家で料理を作って食べる。
しゃぶしゃぶ用の豚バラ肉を沸かした日本酒と出汁でしゃぶしゃぶ。ザルにうつして練りゴマまとわす。少量の練りゴマと赤唐辛子をわかして肉の上からかけて出来上がり。胡麻の風味に出汁の味わい。薄味仕上げで豚の脂の甘みが素直に味わえる。
土鍋に白菜と韓国おでんの練り物入れて出汁と一緒にコトコト煮込む。蓋してしばらく炊いてるとカサが減って白菜の水気で鍋が潤っていく。そこに車麩。最後に鹿児島の味噌をとかして風味をつける。甘くてとてもジューシーで体が潤う冬のゴチソウ。
たらのすり身に生姜を搾ってつけ揚げにする。エビを刻んで玉子焼き。砂糖で甘く仕上げてちょっと焦げ目が強めについちゃった。土鍋ご飯のお供においしい。お腹満ちます。オゴチソウ。

コメント

  1. 食欲

    サカキさん、手で麺をほぐされてるのですね。すばらしい根気!私は以前はフライパンにお酒を入れてほぐしたりしてましたが、どうしてもべちゃっとするのがいやで、今は麺の袋に包丁の先でついて小さな穴を開けてレンチンしてます。これだとあっという間にほぐれますよ。その後ちゃんとカリカリ、カサカサに焼けますよ。

    • サカキシンイチロウ サカキシンイチロウ

      食欲さん
      昔はレンジでチン…、でした。
      びっくりするほどきれいにほぐれてくれますよね。でも完全に一本一本バラバラにすることはできないような感じがして、それで手でほぐすようにしました。
      これだけ手間をかけたんだから、絶対おいしく焼いてやるぞ…、って闘志を蓄えながら。自分の中にあるMっ気とでもいいますか、面倒なコトが案外好きな気質を可愛いと思いながら(笑)。時間を前向きに無駄遣いするのもときにはいいものです。

  2. Note

    サカキさん、こんにちは^^
    焼きそばもおいしように焼けましたね!
    焼きそばの袋めんを一本ずつほぐすのは、栗○は○みさんがなさっていたのを本で見て、そうか、そなのか!とさっそく作ってみた焼きそばは、とてもグレードアップした料理となりました。
    以前からサカキさんもそうなさっているのを知り、やはりおいしさの裏に技ありと感服しました!

    麺をざるに入れてお湯や水をかけて水切りする、とか他の方法も試してみたけど、油っぽくない仕上がりになりますけどちょっと柔らかい。

    ついでに、もやしを入れるときには、ひげ根を一本一本取るのですが、仕込みに時間がかかって大変です(笑)もやしはブラックマッペが好きです。

    • サカキシンイチロウ サカキシンイチロウ

      Noteさん
      もやしのひげ根を切る!
      たしかにおいしくなりますよね。切ると同時に長さを同じに揃えるようにすると見た目もきれいで、安いもやしが贅沢な食材になってくれる。マロニーちゃんときくらげでとろみスープを作って、もやしを入れると、なんちゃってフカヒレスープになってくれる。ゴチソウです。
      そうですか…、栗原さんも結構、マゾ気質をお持ちでらっしゃいましたか!(笑)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。