シニアに響く「響」のランチ

ひさしぶりに「響」のランチ。
サントリー系列の外食会社がやってる店で、開業当初は「ダイナミックキッチン響」って名前だった。
オープンキッチンで作り出される、日本の料理と韓国料理をほどよく取り混ぜたフュージョン料理で酒をたのしむ…、って趣向のお店。ランチタイムはキッチン前のカウンターをバフェに見立てて、バフェ付きランチが売り物。いつも行列ができるほどの人気だった。
それが一時期ランチ営業がなくなって、さみしいなぁ…、と思っていたらめでたく復活。ただし週末限定。値段も2000円前後と新宿のランチとしてはかなり強気の値段になってて、どうなんだろうと思って来てみた。そしたらこれがかなりの人気でびっくりします。
しかも客層が以前の若い人たちメインからシニアに変わった。見渡す限りシルバーヘア。しかもみんな元気でバフェをお替り、もりもり食べてる。

バフェの内容は惣菜料理が中心で、いわゆるサラダバーじゃないのがやさしい。豆腐や切り干し大根。サラダもレンコンのマヨネーズ和えや春雨サラダとあらかじめ調理されたものがほとんど。
牛すじと大根の煮込みスープや里芋のクリーム煮、高野豆腐とあたたかい料理も適度に揃って味に変化があるのがうれしい。
じぃさま比率が今日は高くて、みんな惣菜つまみにビールを飲んでる。
ビールはじぃさんのスイーツだなぁ…、飲めば飲むほど陽気になって話がはずむ。見れば厨房の中もじぃさんばっかり。ホールは笑顔の外国人。なんだか未来のレストランを見ているみたいな気持ちがしてくる。

メインの料理が10種類ほどあってそれらは厨房から出来たてが運ばれてくる。
お膳の上にメイン料理とご飯と汁。
ご飯や汁がバフェのカウンターに置かれていないというのが、お店の品位をある程度保つ役目を果たしているのでしょう。
主食がセルフで食べ放題…、となるとそれは「お腹いっぱい食べてね」というメッセージ。若い人たちが喜ぶお店。
おかずや前菜だけが並ぶバフェは「好きなものを好きなだけ召し上がってね」ということで、老若男女問わぬたのしみ。わかってるなぁ…、って感心します。ちなみに一番人気はサイコロステーキに4種類の料理の中から一つ選んで盛り合わせという提案で、ボクはチキン南蛮をサイドにたのむ。サイコロステーキは顎を必死に使って食べるタイプでまぁ、そこそこ(笑)。鶏むね肉をボロボロになるまで叩いてガリッと衣をまとわせたチキン南蛮は、酸っぱく甘く、なによりタルタルソースがおいしくてよし。

友人は「鰤のりゅうきゅう」をサイドに選んだ。脂ののった薄切りの魚を漬けにして胡麻をふりかけ食べる料理。芸術的な切り身の薄さにびっくりするも、ネットリとした浸かり具合にご飯と相性抜群なることなかなか上等。
それにしてもこの店に限らず今のシニアは元気です。
シニアは裕福だからねぇ…、と諦め顔でいう人がいる。たしかに可処分所得が他の世代に比べて多いかも知れず、けれど彼らの財布のほとんどは増えぬ財布。減り続けるだけ。にもかかわらずちょっと上等な飲食店で彼らが目立つのは「外食にお金を使う」習慣があるからなんだろうなぁ…。娯楽の主役が外食だった時代に生きた人たち。もしかしたらボクの世代がその最後の生き残りなのかもと思うと、外食産業の未来が不安になってしまう。

 

関連ランキング:居酒屋 | 新宿駅新宿三丁目駅新宿西口駅

コメント

  1. 愚痴ばかりでごめんなさい

    一昨日、西新宿野村ビル店で忘年会を行いました。
    夜の宴会コースでした。
    どれもびっくりするほど残念で女性ばかりの飲み会でしたが、誰一人写真を撮ることはありませんでした。
    温かいものはぬるく、大きなせいろがありましたが、目の前で蓋を開けられてた時の驚きは、かすかな湯気すら無く見た目の貧相さ、ガッカリ感しかありませんでした。しかも食べても全く美味しくない。つけだれで押し込みました。あんな淋しい気分になるなら5000円程度のフツーの居酒屋で良かったと幹事として恥ずかしいのと申し訳ない気持ちでいっぱいになりました。
    最初から最後の美味しくもなく、最後まで惨めな気分にしてくれました。お店を出るときに「ありがとうございました」と言われましたがなんとも言えない気分になりました。夜景だけが綺麗でした。

    • サカキシンイチロウ サカキシンイチロウ

      愚痴ばかりでごめんなさいさん
      夜の通常営業は長らく行っていません。特に宴会料理だと、作り置き料理で対応することもあるのでしょう。
      ランチタイムで売上を作って、夜は付け足しのような感じなのかも知れませんね。夜に一度行ってみましょう。気づいたことをまた紹介させていただこうと思います。貴重な情報、ご意見、ありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。