シティベーカリーの朝はグローバルプライスな朝

シティベーカリーでひさしぶりの朝。
ずっとベーカリーショップで売ってるパンをメインの朝にしていた。長い間、厨房で調理してくれる朝食を食べたなかったから、ひさしぶりにシティベーカリーブレックファストを選んでたのむ。
卵料理にグリルドベーコン。サラダにトーストという組み合わせ‥、つまりアメリカンブレックファストのスタイルで、まずトーストをプリッツェルクロワッサンに変更をする。
メニューの写真の目玉焼きが、サニーサイドアップなのだけど白身がこんがり。縁が焦げてフリルのようになっていて黄身はほどよい半熟みたいに写ってて、それを指差し「このように卵を焼いていただけますか」って注文をする。お店の人はニッコリしながら「シェフの得意な焼き加減ですからおまかせください」と。クラムチャウダーにアイスティーをお供にし、アイスティーだけをもらって番号札と一緒にテーブルについて待つ。

ちなみにこれだけたのむとさすがに2000円をちょっと超える値段になった。
ホテルで食べれば3000円の半ばの値段になるでしょうか。それに近い値段を半分セルフサービスの店でとるのはちょっとびっくりだけど、世界的には適価。グローバルプライスということになるんだろうなぁ…、日本の飲食店のつける価格はバカげて安い。もったいない。
さて10分ほども待ちましたか。
厨房から調理スタッフが飛び出してきて、出来たばかりの料理をボクに差し出しながら「ご希望の通りに玉子を焼いたつもりですが、これでよろしゅうございますか」と。そのお皿の上の目玉焼きが写真以上にうつくしく、写真を遥かに上回るおいしげなことにニッコリしながらうなずいた。

卵の縁の白身の部分はこんがり焦げて、黄金色のレースのように焼き上がる。
黄身は半熟。
半分ねっとりかたまっていて、残り半分はナイフを入れると流れ出す。半熟ってよく名付けたなぁ…、って感心しちゃう。
かたまっているところも乾いているわけじゃない。
しっとりなめらか。とけだした部分にも熱はきちんと入ってて、お皿の上でゆっくりかたまる。
それがたちまちソースのようになっていく。
たっぷりほどこされた胡椒の香りが卵臭さをかき消して、甘やかな味が口に広がる。
グリルドベーコンの焦げた脂の香りもおいしい。
プリッツェルクロワッサンの一番分厚いお腹の部分を半分に割り、そこに卵とベーコンをはさんでサンドイッチのように仕立てて食べる。
プリッツェルクロワッサンの塩の味わい。小麦の甘みにガッシリとした噛みごたえ。そこに卵の食感、味わい、風味が混じってなんとおいしい。
口の中でサクサク壊れて、クロワッサン生地が散らかる感じがなんともいえないおゴチソウ。

クロワッサン自体がバターをたっぷり吸い込み焼き上がっているのに、たっぷりバターがお皿にのってくる。焼かれるときに溶けて生地に染み込んだバターのあとのよじれた空洞。そこにバターを押し込んで口に含むと、口の中が一瞬涼しくなるかのようにバターが溶ける。
お供にもらったクラムチャウダーも具だくさん。粉をそれほど使わずに、じゃがいものでんぷん質をたよりに作っているからちょっとサラサラ舌感じ。アサリもたっぷり。クロワッサンをちぎって浸し、食べるとこれがまた旨い。
値段は少々強気だけれども、食べれば十分納得できる。コストパフォーマンスってこういうことを言うんだろうなぁ…、食べればわかるお値打ち感。朝から勉強いたします。

 

関連ランキング:パン | 銀座駅有楽町駅日比谷駅

コメント

  1. きょうちゃん

    サカキさんこんにちは

    シティベーカリーで以前お昼にフィッシュフライサンドのランチを食べました。
    思いの外、オイリーで、空きっ腹だったし
    最初ちょっとシマッタ!って思ったのだけど
    つけあわせのポテトも美味しくいただき、
    その後、胸やけもしなかったのです。
    油が良かったのでしょうね。
    どうしても勝手に設定している食事の金額の高い安いがあるけれど
    この一件はインパクトありました。
    納得できる食事が何より。お腹を満たすだけではなく、心にも大きな栄養。
    お金使うものすべてがそうですね。
    ホテルの値段みたいだけど
    今度モーニングも行ってみたいです。

    • サカキシンイチロウ サカキシンイチロウ

      きょうちゃんさん
      クラムチャウダーをたのまなければ1600円くらい。朝食としてはちょっと高めの値段だけれど、納得のいく味、そしてサービス。
      味はどうしてもアメリカ人好みになっているので朝からずっしり来ますけれど、一日をはじめるエネルギーとして優秀だと思います。

      • miatamore

        確かに、麹町のお店は、融通きかないですね。お客様もマニュアルに従ってください、というプレッシャーを感じます。そして、それなりのお金も、空間代なんだなと思います。それでもいい、と来てくれる人をお客様として選択している、そして、私はそれに選ばれなかったと(笑)思っております。

        • サカキシンイチロウ サカキシンイチロウ

          miatamoreさん
          そうなんです…、ちょっとさみしく感じることがたまにあります。こちら側のたのしんでやろうという気迫が足りなかったのか、とそんなときには思うようにしています。

  2. cotae

    こんばんは
    今日遅いお昼を食べにCITY BAKERYへ行きました。ハムとチーズのフォカッチャホットサンドとフレンチフライを食べました。食後のカフェラテも美味しかったです。そして食パンを買って帰りました。久しぶりにおいしい時間を過ごすことができて幸せ気分です。

    • サカキシンイチロウ サカキシンイチロウ

      cotaeさん
      フレンチフライ!おいしいですよね。それになによりパンがおいしいってありがたい。ここの食パンはほんのちょっと焼くだけで焼き上がりの状態がたのしめるのもありがたいです。

  3. to22by

    アメリカの農場で働く人々の労働がいかに過酷だったのかと思いを馳せます。卵にベーコン、ビスケットにグレービー、そしてトースト。これだけ食べなければ体が持たなかったのでしょう。現代のホワイトカラーのようにシリアルとコーヒーだけでは日中倒れてしまったかもしれません。

    • サカキシンイチロウ サカキシンイチロウ

      to22byさん
      たっぷり朝食を食べて朝早くから働く。英国式の朝食は勤勉の象徴ですよね。
      夜遅くまで食べ、飲んでたのしみ朝はクロワッサンとカフェオレだけというラテン的な朝食では産業革命は起きなかったのかも知れませんネ。

  4. miatamore

    日本全体としてはデフレマインドが堅調だと思いますが、個々人で感覚は違うので、選択肢として、少々高くても中身が伴っていればお客様はつくと思います。でも、怖くて普通はなかなかできないですね。一度お客様に受け入れられれば怖いもの無し、ですけれど。
    ただ、個人的には、このお店のこの空間で2000円超はないかも(笑)。麹町のあのパンカフェでしたら納得です。

    • サカキシンイチロウ サカキシンイチロウ

      miatamoreさん
      麹町のパン屋さんは融通がきくようでいて商品のことに関しては案外頑な。お客様の好みを聞くよりも、作り手が売りたいように売るということが上手なお店。企業風土にそうしたDNAがあるからなんだろうと思います。
      この店はベーカリーで買ったパンに飲み物だけで1000円かからずたのしむことも十分可能で、自由であることにおいては麹町の店よりもボクは好きです。
      人それぞれ。その人それぞれが生き生きと守られる街ってステキだなぁ…、と思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。