シティベーカリーの朝、エスプレッソトニックの朝

銀座でちょっと人と会う。
せっかくだから朝食を銀座で食べようと早めに出てきてシティベーカリー。アメリカンブレックファストを選んで食べる。
レジ横に置かれた「KEEP」サインを手にとって、オキニイリの一番奥のテーブルに置く。
レジに戻って料理を注文お金を払ってアイスティーと22番の番号札をもらって運ぶ。メイソンジャーに入ったアイスティー。直接、容器の縁から飲むことができないもどかしさを呪いながらストローで飲む。しばらく待ってメインが届く。
フライドエッグとグリルドベーコン。グリーンサラダに紫キャベツのピクルス。トーストの代わりにプリッツェルクロワッサンをもらってスープでひと揃え。

フライドエッグはサニーサイドミディアムでってお願いしました。
ひっくり返さず白身にはしっかり熱を通してキチッとかため、黄身は半熟という状態。
白身はプクッと盛り上がり表面すべすべ。
塩と胡椒が黄身の上にパラリとちらかり、ウットリするほどにうつくしい。
ナイフを黄身の上にそっと滑らせると、黄身を覆った白身がスパッと切れて中から黄身がとろけて流れ出す。
温められた皿の温度で黄身にゆっくり熱が入ってねっとりかたまる。その麗しい景色をながめてまずはサラダにピクルス食べる。お腹の中から体が潤う。

目玉焼きの半熟の黄身はソースの役目を果たしてくれる。甘くてちょっと苦くってねっとりとした黄身が散らかるクロワッサンをまとめてとろかす。クロワッサンの上にたっぷりくっついた岩塩がガリッと砕けて、生地が含んだバターの旨味や甘みを引き出す。一口ごとに目が覚める。
クロワッサンの端っこの一番バリバリしたとこをちぎってナイフを入れて開く。そこに目玉焼きを突っ込んで一緒に食べる。白身はプルプルなめらかで、クロワッサン生地のザクザク感をひきたてる。焼いたベーコンの脂がバターの風味を引き立てて、背徳的な味わいとなる。
口の中が味でまみれて疲れたところにアイスティーでリセットさせる。そのくりかえし。すべてすっかりお腹におさまり、お皿もキレイになりました。

 

関連ランキング:パン | 銀座駅有楽町駅日比谷駅

 

待ち合わせ場所をザ・スクエアホテルのカフェにした。
銀座の中央通りから来ると通用口から入るようになる隠れ家めいたロケーションが好き。
暗い通路の先に表通りがあって明るく、店の雰囲気はブルックリン風。いつも空いてて必ず座れる。
初めての待ち合わせには不向きだけれど、知ってる同士であれば「あそこね」って分かり合えるのもいい感じ。先払いだから席を立つときにもたもたするようなこともなく、今日もたのしくスマートに。エスプレッソトニックを飲んで待つ。
エスプレッソをまるでフレッシュジュースのように扱う飲み物。苦くて酸っぱくしかも香りが芳醇で、そこにトニックの甘みと渋みが彩りつける。汗がひきます…、朝のこと。

 

関連ランキング:カフェ | 銀座一丁目駅東銀座駅宝町駅

コメント

  1. cotae

    私は3月初旬からずっと都内に出掛けていません。コロナウイルス 感染拡大の影響です。シティべーカリーに行きたいです。食パンも買いたいです。

    • サカキシンイチロウ サカキシンイチロウ

      cotaeさん
      自由に移動ができないことって、なんて哀しいことなんだろうってしみじみ思いますよね。ありがたいことに移動の時間が自由に選べて、地下鉄もこまないときにしかのらずにすんで、それ以外は歩いて移動。恵まれているなあ…、と感謝するばかりです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。