シティベーカリー。12月1日でメニューが変わった

小腹満たしようにサンドイッチでも買って帰ろうか…、って思ってシティベーカリーに寄ってみた。
丸ノ内線の銀座駅の改札通ってまっすぐ歩くと、銀座プラザの地下に自然といざなわれる。
まずベーカリーが目に入り、売り場の向こうにカフェがある。どんなパンがあるんだろう…、とゆったり棚をながめて歩く。
ところがオキニイリの胚芽パンのサンドイッチが見当たらず、お店の人に「なくなったの?」って聞く。
「12月からサンドイッチのラインアップが一新してなくなっちゃったんです」って言う。
代わりにクロワッサンサンドイッチになっちゃって、あららと思う。日本のベーカリーやカフェ、レストランであまり経験することができないたぐいのサンドイッチで、ありし日のサンドイッチの姿を載せてちょっと懐かしむ。

たまごサンドとツナサンドイッチがハーフサイズづつセットになったミックスサンド。
ミックスサンドのミックスにはいろんなミックスがあるけれど、その大抵は卵となにかのミックスでしょう。もう片方はハムがほとんど。ここはそれがツナというのが独特で、ここのもっさりとした乾いたパンにはハムよりツナがあっている。胚芽の香りがさわやかなパン。ポッテリとしたたまごサラダを一層ぽってりしてくれる。ツナサラダの中には茹でて冷ましたきゅうり。
そうすることできゅうりの水気が絞り出されてずっとパリパリ。みずみずしさが持続する。おいしかったのになぁ…、しみじみ残念。

もしかしたらあのボソボソとしたパンの食感が不人気だったのか。
日本の舌は乾いた料理に残酷だから。
自分が好きなものが姿を消すってなんだかしみじみ哀しい出来事。
せっかくだからツナメルトをたのんで食べた。
好きなんですね…、ツナメルト。
ツナとチーズがとろけあいカサカサのパンと一緒に口の中で混じり合っていく肉感的なオゴチソウ。
特にグリドルの上で仕上げるメルトが大好きで、ここではどうやって作るんだろう…、って思って待った。そしたらプレスサンドイッチスタイルでした。
おそらくバウルーのようなもので焼いたんでしょう。パンがたっぷりバターを吸い込みしっとり濡れて仕上がってるのがおいしげで、つまむと指がしっとり濡れる。噛むとジュワッとバターが染み出し、唇ヒヤッと冷やして旨味を広げてく。

ツナのオイル漬けのマヨネーズ和えはポッテリ、たっぷり。チーズもとろけてネットリからむ。味わい濃厚でおいしいのだけど、できればツナのマヨネーズ和えに刻んだ玉ねぎやピクルスみたいなシャキシャキとした食感のものが混じってくれてるともっとおいしく感じたのに…、って思うもほどよきオキニイリ。
甘くて味わい濃厚で、喉がヒリヒリするようなコーンポタージュがオキニイリ。ポッテリ喉をなでまわしつつお腹の中に流れ込んでく濃厚味にいつもウットリ。アイスラテをお供にのんびり。それにしても隣のキャビアとサンドイッチの店。いつも人が入ってないけど、一体どうするつもりなんだろう。心配してもしょうがない。

 

関連ランキング:パン | 銀座駅有楽町駅日比谷駅

コメント

  1. すうさん

    ツナマヨネーズにピクルスは最高ですね!(^^)!

    • サカキシンイチロウ サカキシンイチロウ

      すうさんさん
      特にカリカリのディルピクルス。細かく刻んで混ぜ込んでもいいし、薄切りにして挟んでもおいしい。たまりませんよね。

  2. cotae

    私は先月の23日にCITY BAKERYでツナメルトとクラムチャウダースープを食べました。とても美味しかったです。私の大好きなミネストローネスープは無くなってしまったようです。帰りに食パンを買って帰りました。CITY BAKERYの食パンがいつも買える距離に住んでいないので、買えた時は幸せ気分です。おまけに木村屋であんぱんも買いました。

    • サカキシンイチロウ サカキシンイチロウ

      cotaeさん
      確かにミネストローネもなかったように記憶します。シティベーカリーはプリッツェルクロワッサンばかりがクローズアップされますが、食パンがおいしい。特にこんがり焼いたときの香りや乾きっぷりは独特で、カサカサ前歯をくすぐる感じは一度食べると病みつきになりますよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。