シェイブアイスにシルバーダラー、夜のやんばる

帝国ホテルのパークサイドダイナー。平日の2時から5時まで限定でシェイブアイスを提供してる。
7月1日から8月いっぱいの季節商品。
ちょうどぽっかり、そんな時間に時間の隙間。やってくる。
提供期間の前半はイチゴだったらしい…、今はマンゴー。かき氷じゃなく「シェイブアイス」というのが独特。フルーツボールにたっぷり削られているのがフレッシュマンゴーのピュレを凍らせたもの。一口大に切り分け冷やしたマンゴーにヨーグルト。スプーンですくうとシェイブドマンゴーの下にはバニラアイスクリームという構造。
食べるとときおりカリカリとした乾いた何かが奥歯に当たる。何かと思えば砕いたパイ生地。凍らせたマンゴーで作ったパフェのような感じで口でとろけてマンゴージュースになっていくのが心地よい。

一緒にシルバーダラーパンケーキをたのんでみました。手乗りサイズに小さく焼いたパンケーキ。
さっくり歯切れて食感軽やか。たっぷり添えられたクロテッドクリームをのせるようにほどこして食べるととろける。シェイブアイスで冷えた口がホッとするような甘さと温度。添えられていたはちみつをかけて食べるとまた旨い。
ご婦人方でにぎやかな店。ほとんどの人たちがお茶にケーキととてもにこやか。ちらりほらりとシェイブアイスを食べる人もいて、人気ですか?と聞いたら「大人気というほどではないですね」…、って。もったいないなぁ…、とても独特でおいしいのにね。
苦味の切れがよくてコクあるコーヒーをお供に気持ちをあっためる。

 

関連ランキング:洋食 | 日比谷駅内幸町駅銀座駅

 

無性に焼き飯が食べたくなった。
チャーハンじゃなくて焼き飯。場所は新宿駅の近所。
さぁ、どうしようとちょっと思案して思い浮かんだのが「やんばる」という店。沖縄料理の専門店。
居酒屋風の店が多い沖縄料理のお店の中でここはカウンターだけの食堂風。ここのゴーヤチャーハンがチャーハンと名前がついてはいるけれどとても焼き飯的でそれ。
厨房の中ではずっとゴーヤのワタをキレイにかきだしほどよき厚さにスライスをする下ごしらえが続いてる。背中の大きなおにぃさんがたのむと中華鍋に油を注いでスパムを炒める。刻んだ玉ねぎ、ゴーヤをさらに加えたところにご飯を入れて、カシャカシャ、盛大に鍋をゆすってご飯を炒める。最後に溶いた玉子を入れて、それがチリヂリにご飯と一緒に熱が入って出来上がり。

若干しっとり仕上がります。かつお節からとったスープで味を整え仕上げるからでしょう。それにたっぷり混ざったゴーヤのみずみずしさが噛むと口を潤し一層、しっとり口をさせるから。
基本やさしい味わいで、スパムの脂と焦げた香りが力強い存在感で圧倒させる。
セットにすると沖縄そばがついてくる。
これも味のベースはかつお節出汁。チャーハンの味のベースと同じです。だからチャーハンとの相性もよく、ハリがあるけどもちもちだったりムチムチだったりしない硬めのそっけない、沖縄独特の麺の食感が混じって軽快。カウンターの上に置かれたコーレグースと紅生姜をのっけて味わう。カツオのスープに酸味と辛味が混じって食欲わかしてくれる。気が済んだ。

 

関連ランキング:沖縄そば | 新宿西口駅新宿三丁目駅新宿駅

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。