シェイクシャックは日本で成功しつつあるのか…。

シェイクシャック。
2000年にニューヨークの屋台からはじまったハンバーガーレストラン。
日本にやってきたのは2015年。
外苑の銀杏並木に面した店には1時間待ちは当たり前の行列が連日できて盛況でした。
スターバックスを運営していたサザビーリーグが、そのライセンスをアメリカ本社に取り上げられて手にした対価で次に手を付けたのがこのシェイクシャック。
2020年までには10店舗体制にする…、って当初コミットしていた計画は今の段階で13店舗。見事に達成。
ただならばシェイクシャックはスターバックスのように成功しているかというと決してそうじゃないって思う。何をもって成功と考えるかによって評価は変るのだろうけど、少なくともサザビーリーグはスターバックスのような成功を目論んだはず。

その「スターバックスの成功」とは「日本人の価値観を変えることに成功」したという成功。
節約志向の日本にあって驚くほどに高いコーヒーを喜んで受け入れる。
しかもセルフサービスでありながらサービスがよいと評価する。
スターバックスで時間を無駄遣いすることがカッコいいんだと思う風潮を生み出した。
今や外食産業の王者のひとり。
それに比べてシェイクシャックは、良質でその分、値段の高いハンバーガーを売っている店でしか今のところない。
そこに何かライフスタイルがくっついてるか…、っていうとそういうインパクトを感じることはできないのですネ。
例えば東京フォーラムにあるこのお店。木々が茂ったビルとビルの間の渓谷みたいな独特なロケーションにあって、ニューヨークの公園屋台からスタートした創業の店を彷彿とさせるいい店で、そこそこ流行っているけど半分ほどはインバウンドのお客様。

名所であって、名店でない。
なかなかなやましいポジションになってしまっていて、もったいないなぁ…、としみじみ思う。
脂まみれのハンバーガーがおいしいと思うかどうかは別としてカーリーポテトのチーズトッピングはこの上もなくおいしい。フライドポテトは角がおいしい。サクサクカリカリ、歯ざわり良いのは角がカリッと揚がっているから。カーリーフライの形状はそのおいしい角を多くできる形でだから歯ざわりたのしい。それにここのルートビアフロートのおいしさは特筆モノ。上等なバニラアイスクリームがゆっくりとけて泡の混じったルートビア味のシェイクのようにぽってり喉を満たす感じにウットリしちゃう。なくなっちゃうのは惜しい店。

 

関連ランキング:ハンバーガー | 有楽町駅日比谷駅銀座一丁目駅

 

シェイクシャックの2軒隣にプラザがある。
かつてはソニープラザを名乗ってて、ソニプラなんて呼ばれた海外雑貨のお店も今では化粧品を中心にした女磨きのあれやこれや売る店になった。
男子がのこのこ入ってウロウロするのが憚れるような花園で、その一角にコーヒー専門店が昨年できた。
ブルックリンロースティングカンパニーという、ブルックリンからやってきた店。その一角だけレンガ積みの柱、腰壁。漆喰塗りの壁に古木の床板とブルックリン的な景色になってる。
いつも大抵座れるしコーヒーもおいしく例えば生ビールのような飲み口のドラフトアイスコーヒーは喉越し、味わい上等ではじめて試したピーナツバターとブルーベリージャムを挟んだベーグルもとてもアメリカ的な味がしていいんだけれど、物憂げに働くお店のスタッフが、時差ボケかしらと思わせる。いろいろなかなかむつかしい。

 

関連ランキング:カフェ | 有楽町駅日比谷駅二重橋前駅

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。