シェイクシャックで酒を抜く(笑)!

大量に飲んだ翌日。ランチに食べたくなるのがなぜだかハンバーガー。昔からのボクのお腹の習性で、今日も無性にハンバーガーを食べたくなった。羽田について浜松町から山手線。ちょっと乗ったら有楽町でシェイクシャックがあるじゃないか…、と、ひさしぶりにやってくる。
ランチタイムは終わった時間。けれど客席はほぼ満席でにぎわってる。注文をとるカウンターには10人ほどの行列で、5分ほど並んで注文をしてビーパーもらって屋外の席に座って5分ほど。呼ばれてもらってきたのがこれ。

シャックバーガーのダブルにレギュラーサイズのフライドポテト。
ルートビーアフロートでひと揃え。
ハンバーガーの中にはずっしりとしたオールビーフのパテが2枚。
レタスにトマトととてもシンプル。
チーズがとろけて最小限のソースで仕上げる。
肉の旨みを心置きなく味わうためのハンバーガー。

焼けた肉の脂の匂いがおいしいコト。
自分の脂で表面こんがり揚がったように焼きあがり、齧るとザクッと壊れる感じ。バンズやチーズ、トマトと一緒に口の中へとやってきて、混じってとろける。
酒で疲れた胃袋に、牛脂がピトッとはりついて湿布のような役割をしてお腹を元気にしてくれている…、ってちょっと妄想めいたコトを思いつくほどに体に元気みなぎる、オゴチソウ。

パテの焼け具合が絶妙で、芯の部分がほんのりロゼ色。
肉汁をたっぷりたくわえ肉感的なほどにジューシー。

凸凹になるよう切って揚げたフライドポテトは、形のゆでにガリガリ、カラッと揚がっておいしい。
じゃがいも自体が甘くておいしい。
だからケチャップをたっぷりカップに入れたんだけどほとんど使わず、芋と塩と油の味をたのしみ食べる。

ルートビアの上にバニラアイスクリームを浮かべたフロート。
泡がブクブク沸いていて、スプーンですくって食べるとふっくら。
ルートビアの薬っぽい香りが鼻から抜けるおいしさ。ストローで飲むとアイスクリームが混じったソーダがぽってり喉のすみずみ満たしてジュワジュワさせる。
ハンバーガーの肉の香りとルートビア。最高、完璧、オキニイリ。

この店の都心にあって森の中で食べてるようなこのムード。ハンバーガーを一層おいしく感じさせる舞台装置の役目を果たす。プールサイドやバーベキューで食べるハンバーガーはおいしいものネ。
口溶けのよいバンズにパテ。肉の歯ごたえや噛み心地を期待するとちょっと気持ちが裏切られるけど、とろける感じ。脂が口を満たす感じを心置きなく堪能できる。
バンズ自体はモッタリしていて口にふくむと唾液を吸い込む。だから一瞬乾いた感じがするのだけれど、肉の脂が水分の代わりを果たしてなめらかになる。あっという間にお腹の中に収まって、昨日のお酒もスッカリ抜ける。昼下がり。

 

関連ランキング:ハンバーガー | 有楽町駅日比谷駅二重橋前駅

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。