C&Cのサービスチケット。今月一杯の我慢かな…?

月曜の夜、料理を作って家ご飯。
まずひさしぶりに土鍋でご飯を炊いてみる。いつもは3合炊いていたんだけど今日は2合。
浸水させた米にキチンと水加減。
強火でずっと炊き続け、時間がきたら火からおろして蓋をとり軽く混ぜて再び蓋する。
蒸らしは土鍋が勝手にしてくれ10分たったら出来上がり。
今日もキチンと炊けました。

おむすびを2個作って食べる。おいしい塩を手に取り具材はつかわずむすんだ塩むすび。おむすびはあんまり得意じゃなくっていつも形不揃い。しょうがない(笑)。残りのご飯は冷まして冷凍して使う。

お供に味噌汁。出汁でかぶをクツクツ炊いて、休ませ味を含ませて豆腐に味噌。松山の甘くて白い麦味噌を溶いて仕上げた具材たっぷり。さっくり歯切れて噛むととろけるかぶの食感がオゴチソウ。
おかずをいくつか。卵焼きをまず焼いた。パセリを刻んで卵に混ぜて塩と砂糖で味をととのえこんがり焼きます。卵2個分の卵焼き。だからちょっと薄く仕上がる。熱の加減が難しくってちょっと固めにできちゃった。青椒肉絲のタレを使ってちゃちゃっと作る。手切りの牛肉。ピーマンは最後に入れて生っぽさをたのしむレシピ。納豆にめかぶ、刻んだきゅうりをくわえて混ぜてズルンと食べる。健康的をたのしんだ。

そして火曜日。霧雨の朝、新宿に出る。
朝ご飯をひさしぶりのカレーにしようか。
C&Cの本店がやっていればいいんだけれどと、やってきてみりゃやっていた。
小さな空間。カレースタンドとはこういう店を言うんだろうなぁ…、としみじみ思うしみじみした店。
朝の気軽なメニューは2種類あって、その一つには温泉卵がついているのでそれはスキップ。苦手な食材のひとつであります…、温泉卵。ソーセージが一本ついてくる朝のカレーにコロッケつける。
カレーは中辛、辛口があり辛口選んでカウンターへと案内される。紙のスリーブの中におさまるスプーンにプラスティックのカップに氷がたっぷりはいったお冷。カウンターの上がたちまちにぎやかになる。

チェーン店の中でここだけらっきょうが食べ放題。ひさしぶりに来てみればらっきょうがステンレスの大きなポットにたっぷりはいって、福神漬けより大きな顔をしているところにニッコリします。
まずご飯のサイドにらっきょう6個。カレーの方には福神漬けを入れてカリカリとした食感たのしむことにする。
ここのカレーはちょっと独特の辛さがたのしい。胡椒っぽいとでもいいますか…、どっしりとした辛味が舌の上をうねってお腹に消える。舌がつねられる感じが少なくあとからあとから熱くなる。そんな辛味がウットリします。オキニイリ。
5月31日まで使えるサービス券です…、と手渡されたのがトッピングサービス券。カレー増量、あるいはチーズが無料という、5月31日までがひとつの区切りということなのでありましょうや。6月になればいろいろ変わればいいなと思う朝。

 

関連ランキング:カレーライス | 新宿駅新宿西口駅新宿三丁目駅

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。