サブウェイとジョナサン。チェーンストアの朝

朝、家から新宿三丁目へ向かう途中でサブウェイをみる。
昔はいろんあところにお店があって、ちょっと歩くと看板をみた。ところが随分、減りました。人気をなくして売り上げが下がっているから…、というのだけれど果たしてなにが悪かったのか?
注文するのが面倒くさい…、という人がいた。
たしかにパンを選んで焼くか焼かぬかを聞かれた上に、挟むものからソースから食べたいものをお店の人に伝えることを必要とする。
日本人は自分の好みを聞かれることを嫌がるんだ…、という人がいてにもかかわらず、スタバじゃみんなカスタマイズをたのしんでいる。お腹を満たすことに対しては人任せ、別腹に対して意見を言うのが今の日本の気分なのか…、って思ったりする。オモシロイ。

ちなみにお店の中はまるでアメリカ。顔立ちのくっきりした浅黒い人とアフリカ系の人が働く。たしかにカリフォルニアのサブウェイはこういう感じ。小さな旅行をしている感じ。
朝のセットをためしに食べる。
BLTということでたしかにグリルベーコン、ローストチキン、トマトにレタスが挟まっている。サイズは通常のサンドイッチの3分の1くらいかなぁ。手乗りサイズでこれでお腹が満たせるのかなぁって心配になる。ウィートブレッドでパンは焼いてもらいました。乳化剤がたっぷり入ったドレッシングがヌルヌルしてて、あぁ、コンビニエンスストアの味だって思って食べる。満たされぬ。

ファストフードのチェーンストアって「商品」じゃなく「値段」を売るようになってしまった。さみしいなぁ…、と思ってついでにジョナサンにきた。
お腹がいっぱいにならなかったこともあり、二度目の朝食。
新宿御苑の近所の店で、この界隈には外人用の民泊施設が多いのかなぁ。お客様はほぼ外国人。朝食セットにはもれなくドリンクバーがついてて、メニューのボタンがどれも日本語。なにが出るのかわからぬことをたのしむ人がいたりして、なんだかたのしい。
野菜ジュースと青汁を混ぜてみたらば二層に別れてなんだか不気味なグラスの景色。味は結局ジュース味(笑)。朝というのにランチスープが飲み放題っていうのもなんだか笑っちゃう。

キャベツとハムエッグのサンドイッチを選んでたのむ。
名作メニューと密かに思うオキニイリ。千切りキャベツをクリームドレッシングであえたものをハムエッグの上にのっけってトーストブレッドで挟んだだけというシンプルだけどボリュームたっぷりの朝の一品。
サクサクシャキシャキ、千切りキャベツで口の中がたちまちにぎわう。パンは薄切り。こんがり焼けてあったかく、千切りキャベツの冷たさをなだめてやさしい味わいとする。卵やハムは気配だけ。口が感じるほとんどすべてがせん切りキャベツというのがなんだか健康的でボクは好き。
お店の中はガラガラです。にもかかわらずサービスも調理も遅れる。でも誰もなにも言わずにぼんやりしている。ここは一体なにを売っているんだろう…、って思ったりもする。オモシロイ。

コメント

  1. Eiko

    オフィスのある青山一丁目駅併設のオフィスビル。店内をリニューアルしたりしつつ、しぶとくサブウェイが生き残っているのですが…だいぶ行かなくなりました。
    野菜たっぷり!って売ってみたり、カロリー推ししてみたり、今度はヘルシータレントを使ってみたり。…その高い広告費の代わりに原価を少し上げてみてもよいのでは…と思う食べ心地。

    隣のカフェクロワッサンはロイヤルグループですが、こちらは価格設定と食べ心地の収まりがよくて、しばしば使います。地味ながら、定点観測が面白いオフィスビルです。

    • サカキシンイチロウ サカキシンイチロウ

      Eikoさん
      カフェクロワッサンはいつまでこのままやってくれるんだろう…、とハラハラさせられるブランドですよね。この業態をなんとかしようとボクの会社の幹部社員がロイヤルに乗り込むも、玉砕してしまったことを思い出します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。