ゴキゲンな日の〆、オステリアナカムラな夜

ゴキゲンな一日の〆をオキニイリのレストランでと、オステリア・ナカムラに来る。
たくさん歩いてお腹がすいて、開店のちょっと前にお店に到着。ドアをコンコン叩いて合図したら、笑いながら開けてもらってお店に入る。
オキニイリのカウンター席に座ってたのしく食事のスタート。シェフにマダム、スシェフのいつもの三人に、調理師学校で勉強している生徒さんが実習かねて厨房に立つ。年齢聞けば19歳。先輩よりも立ち姿が凛々しかったりするのにクスッとみんなで笑う。まぁ、それも良し。早速料理をたのんで食べる。
はじめてメニューに発見したのがアカザエビを使った前菜。カリフラワーのピュレの上に、ソテしたエビをのっけたモノで、まず焼けたエビの香りのおいしいコト。マッシュポテトのようにみえるけど、一層なめらかでさっぱりとした口溶けのカリフラワーのピュレがエビの風味を引き立てお腹をすかす。

ふた皿目にはココの定番の前菜料理の中で一番好きなモノ。
イカと白いんげんを軽く炒め煮した料理。
オリーブオイルと塩で十分下味整い、最後にからすみをすりおろす。
刻んだルッコラをタップリかけて、好みでレモンを搾って食す。
からすみの旨味に風味。
ルッコラの軽い渋みに明るい香り。
レモンの酸味で料理に必要な味がほとんど揃うのですね。あとはイカや豆の甘み、オリーブオイルのコクでおいしい料理の完成。
食感もクニュクニュがあり、豆のホツホツがあり、シャキシャキとしたルッコラのみずみずしさもありととてもニギヤカで、なによりやさしい。

料理の中には、たまに無性に食べたくなるモノと、毎日食べても飽きないモノがあるけれど、これは毎日食べても絶対あきないおいしさ。食べるとどんどんお腹が吸いてくるのもたのしい。オキニイリ。

最後の前菜。
モツの煮込みがやってくる。

これもここの定番料理のひとつであります。
牛肉の内臓のいろんな部分をただただ煮込んで仕上げた料理。
下ごしらえを丁寧にしているからでしょう…、モツ独特の臭みがない。けれどモツ特有の香りはしっかり残ってて、どれもびっくりするほどやわらかい。
脂の状態が程よくて、口の中でとろけつつ脂をジュワリと吐き出すけれど、よく噛みすべてがお腹の中に収まった途端、脂がさっぱり消えてなくなる。

赤唐辛子のスパイシーなピュレ。
バジルがメインのさっぱりとした香りがおいしいピュレと2種類。
そのままでも十分おいしくはあるけれど、手作りの調味料をそれぞれたっぷにのっけて食べると、モツそのものの持ち味が際立ち一層おいしくなるのにウットリします。
日本のもつ煮は酎ハイだとかビールがすすむ。イタリア的なるもつ煮はやっぱりワインのお供。グビグビのんでお腹の中を気持ちよくする。オゴチソウ。

パスタを2種類。
ひとつは今の季節のおすすめだというイカスミパスタ。

シートパスタを使って作る。
しかもシートパスタをクルンと丸めて筒状にする。パスタの筒をストンストンと幅広に切る。するとイカリングのような形になっていく。
墨と煮込んだイカもリング状。
リングパスタを固めに茹でて、イカスミソースとあわせて仕上げ皿に移すと、どれがイカでどれがパスタかわからなくなる。
これがオモシロイことに、食べても最初はどちらがどちらかわからない。
噛んでるうちにイカはとろけてスッキリなくなる。なくなる寸前までイカの味。ところがパスタはイカスミソースがなくなると、徐々に小麦の味がしてくる。
オモシロイなぁ…、こういう料理は大好物。
食べ比べながらじっくり観察してみると、イカは貼り付くことなくずっと筒のまま。けれどパスタは真ん中部分がくっついて、断面が8の字型になっている。
それにしてもパスタのクニュクニュ、おいしいコト。イカスミソースもネットリ濃厚。食べるとどんどん減っていくのは当然で、でもその当然が悔しくなるようなオキニイリ。

もう一種類は定番パスタのアマトリチャーナ。玉ねぎとパンチェッタにトマトとチーズ。にんにくをタップリ使ってってお願いをして、大人の夜のゴチソウにする。パスタの状態も見事で口の中でパスタが踊るよう。

さてメイン。カジキのカツレツ。
肉でおいしい料理を作ることが得意なこの店。
だからメインも肉にしようといつも思う。オッソブッコがおいしい。
羊のミートボールも味わい深い。カツレツにしても豚肉のカツレツもあるし、なにより岩中豚を使った料理のさまざまは、あぁ、肉を食べてるって実感湧かす見事な一品。
でもカジキのカツレツ。
細かなパン粉がしっかり貼り付く分厚いカジキ。チーズの香りやオリーブオイルの風味がカジキの旨味を引き立てる。
魚と思えぬ頑丈な肉。その断面を見ても豚のロースのようなきめ細やかさで噛んだ感じの力強さもまるで肉。レモンを搾ると甘みが引き立ち、ルッコラの緑の香りやトマトの酸味が口の中で壊れて混じってソースのようにふるまうステキ。やっぱりコレはオキニイリ。

お腹はほどよく満たされて、ワインもすすんで話も開く。まだまだ帰り難い気持ちをデザート食べてたのしくおさめる。
マロングラッセのモンテビアンコ。
イタリア語でモンテビアンコ、フランス語にするとモンブラン。つまりオステリア・ナカムラ的なモンブラン。栗のアイスクリームを軽いホイップクリームで覆ったところにサクサクに焼いたメレンゲをたっぷりのっけ、上にちょこんとマロングラッセ。どこを食べてもマロン味で、なによりメレンゲの口溶けがよく、食後のお腹にやさしい食感。
エスプレッソでお腹を蓋して、今日一日のゴキゲンに蓋して帰る。オゴチソウです、オキニイリ。

 

関連ランキング:イタリアン | 六本木駅乃木坂駅六本木一丁目駅

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。