コーンパスタに珈琲氷のアイスカフェオレ

日曜の朝、パスタを作ろうと思ってとうもろこしを茹でる。
甘いですよ…、と勧められたとうもろこしで、硬めに茹でて一粒食べたらたしかに甘い。
サクサクとした歯ざわりもよく身を削ぎきってその持ち味を活かして仕上げる。
パスタを茹でる。
たっぷりの塩でちょっと硬めに茹であげる。時間は9分ほどでその間を使って具材の準備。フライパンでオリーブオイルをあっためてニンニクと赤唐辛子を熱して風味を取り出しておく。
刻んだパセリとセロリを入れてカラコロ炒めてそこにコーン。茹で汁を加えてタプンと揺すってとろみを出しておく。茹で上がった麺をくわえて再びタプンタプンと揺する。フライパンが重たくなってねっちり具材が麺にからみつくようになる。出来上がり。
サクサクとして甘いとうもろこしが主役のパスタ。ニンニクの風味がパスタにからみつき、ソースとなしたパセリとセロリの香りもおいしい。ほどよき量でお腹も満ちて、おはよう日曜。のんびりと。

ちょっくら歩いて街に出る。
今日みたいな日はひとりでいると気が滅入る。何か用事があるわけじゃなく街の気配を感じながらのんびりしようと椿屋珈琲店にくる。
最近、オキニイリの店。大好きだった談話室滝沢から変わったばかりのときにはなんだか、当時のことが思い出されて来ると気持ちが滅入ったものです。
それもすっかりリセットされて、ここにはここの良さがあるなぁと素直に受け入れることができるようになった。…、というわけです。
今どきチェーン店でありながら、これほど店作りにお金をかける店は珍しくなりました。タイル張りの柱、タイル張りの天井。しかもアールを帯びた折り上げ天井で格子の意匠にステンドグラス。和洋折衷、大正モダン。メード服的ユニフォームをまとった女性スタッフの姿もインテリアの一部のように見えるステキにウットリします。

特製ブレンド。
特製カフェオレ。
特製アイスコーヒーと「特製」がつくとテーブルサイドでのサービス付きで商品が完成する。
今日は「特製」アイスカフェオレ。
たのむとコーヒーで作った氷をぎっしりいれたグラスがやってきて、そこに冷たいミルクを注ぐ。
真鍮製のポットに入ったミルクで、その様子を撮ろうとしたけど取っ手の向きの関係でポットのお尻だけが写った。残念なり(笑)。
ミルクが注がれ氷がゆっくり溶けながら、まだらにアイスラテになっていく。ストロー使わずグラスに口つけ飲んでくと、飲むところで味が違って感じるところがオモシロイ。

ゆっくり時間をかけて飲んでく。徐々にカフェオレのコーヒー比率が高まって最後にコーヒー味の氷が何粒か残って終わる。氷を口に含んで舐めて、最後にかじってお腹を冷やす。
300円でおかわりできる。それで一杯、追加でたのむ。
いっぱい目を注いでくれた人が再びやってきて、今度は角度を変えて注がせていただきますネ…、と。ポットの向こうに確かにミルクが注がれるグラスの中の氷が見える。注ぎ終わったグラスに一杯目で残った氷をのっけてゴクリ。またまたゆっくり、じっくり飲んで朝の体をスキッと目覚ます。税込み1650円の贅沢でした。オキニイリ。

 

関連ランキング:喫茶店 | 新宿駅新宿三丁目駅新宿西口駅

コメント

  1. リムママ

    椿屋珈琲店素晴らしいですね\(^o^)/ 
    椿のステンドグラスにツルツルのテーブルそして素敵な天井ですね\(^o^)/❤
    そしてお代わりが300円てウソ〜!?て感じです!!
    私は最近素麺を茹でて水で冷やし、エキストラバージンオイルをかけ塩を少し振り、黒胡椒をひきかけてトマトとバジルを散らしてかぼす果汁をかけた和製パスタにハマってます。
    本日も食べました。
    TVの番組で素麺を取り上げてて、そこに出てた方がオリーブオイルと塩で食べてみて下さい。と言ってました。
    で、試作すると…美味しくハマりました。
    ジョージさんにはアッサリで物足りないかな?
    何しろ私は脂肪で胃腸を圧迫してる身なので…アッサリパスタで我慢してます。 

  2. サカキシンイチロウ サカキシンイチロウ

    リムママさん
    そうめんで作る冷製パスタ風の料理は、カッペリーニでつくる冷製パスタより作りやすく、食べやすく、ボクもたまに作ります。
    それからひとつ、お願いです。
    このブログはあくまでサカキシンイチロウのブログであって、ジョージさんという名前はなるべく使わぬようにお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。