コメダ珈琲でホットドッグ坂内でワンタンラーメン

コメダ珈琲でちょっとぼんやり。
新宿の靖国通りに面したビルの二階と三階。2階入り口の正面に受付端末がおいてあり、人数、禁煙喫煙と希望をボタンで押し続け順番待ちの札をもらうという仕組み。
今日は誰も待ってなかった。待ってなかったんだけど、お店の人に声をかけるとまず番号札をとってください…、と。お店の都合がいろいろあるんだろうと思うのだけど、人よりマシンが優先される。
人のために仕組みを作ったはずなのに、人が仕組みに合わせることを強要される。なんだかすごく居心地悪くて、これも不都合な未来のひとつって思ったりした。案内されたテーブルにつく。すると横には大きなモニター。注文するためのタブレット端末でもうこんなことにはビックリも、嘆きもしなくなっちゃったことに小さくため息。

たっぷり分量のカフェオレをもらってお供にホットドッグ。
ホットドッグに限らず、サンドイッチやハンバーガーと言ったここの食事メニューはボリュームたっぷり。ひとりで食べるとお腹いっぱい。二人で分けるとほどよいおやつポーションという、だからノートパソコンをドンッとおき、仕事をしながら手づかみ料理で食事をしているサラリーマンのおじさんたちが結構いるのにちょっとビックリ。
パキッと歯切れるソーセージはこんがりやけてて風味はほどよい。ロールブレッドは上顎にピトッと貼り付く食感で、一口食べるとコーヒーで口を洗い流したくなる。スマフォでメールをチェックしながら、食べては飲んでぼんやりし、〆て1130円のおやつを終える。さぁ、移動。

 

関連ランキング:喫茶店 | 新宿西口駅西武新宿駅新宿三丁目駅

 

坂内でラーメン。最近人気のようで今日もほとんど満席だった。
メニューの表紙に書かれた「くせになる毎日たべたくなるラーメン」キャッチフレーズがいうように、迫力のある特徴はないのになぜだか気になって、たまに食べたくてしょうがなくなる不思議なラーメン。
今日はワンタンが食べたくってワンタンラーメンに味玉追加で注文をする。
ここのワンタンは肉ワンタン。
生姜の香りをつけて仕上げた挽き肉を大きく薄い生地で包んでキュッと絞ったワンタンを全部で5個。スープの上にゆったり浮かんだ姿が、ヒレや尻尾を優雅に動かし泳ぐ金魚のようでニッコリ。黄身がネットリとした状態で仕上がっている味付け卵に叉焼、それからメンマにネギ。変わったものとか刺激的なものはまるでなし。やさしい姿にホッとする。

縮れた麺です。しかも平打。ペロペロペロンと唇を撫で、くすぐりながら口の中へとやってくる。食感シコシコ。歯ざわり、歯ごたえがほどよくたのしい。スープも強すぎず、濃くもなくゴクゴク飲めるのに頼りなさを感じないバランス良さがとてもうれしい。
シャキシャキ玉ねぎをもらって乗っける。粗みじんにした生の玉ねぎなんだけど、忙しかったからなのかなぁ…、あまりに粗くしかもさらして無いから辛い。玉ねぎの匂いも強くてそれでしばらくスープに浸してしんなりさせてサクサク味わう。叉焼が熱いスープを吸い込んでぽってりトロンとしてくるところがおごちそう。

 

関連ランキング:ラーメン | 四谷三丁目駅曙橋駅新宿御苑前駅

コメント

  1. Wordsworth

    ラジオで聴いたお話ですが、ガイドブックのミシュラン。タイヤメーカーなのでお客様に色々出歩いてタイヤを消費してほしいと作られたと伺いまして。
    地元どころか東京にも無かったコメダ珈琲をシロノワール食べたさに名古屋に伺った際に探し回っていたものが、東京にでき、地元の郊外店が出来、終いには大きな商店街のテナントにも入るようになるととたんに興味が薄れる。この「ここでしか食べる事が出来ないから積極的にこのお店に入ってみよう」から「地元にもある店だからいつでも行けるや」とそのお店に行くことが全く無くなる。ブランドを創る、保つ方々のバランス感覚は大変なんだろうなぁ…とブログやFBを拝見させていただきながら想像しています。

    新しくなったGoodMorningCafe、伺ってみたいなと11月に京都、奈良、伊勢経由で一人観楓会と伊勢うどんを食べに行く帰りに東京に伺う計画を立てております。その時の為にまたブログを見直させていただきながら、パイホールに行こうか、それともティンフックは美味しそうだ、木蘭もタバーンオンエスも行ってみたいなぁ…と東京には1泊2日、24時間もいないのに色々リストアップさせていただいてます。また色々教えていただければ幸いです。

  2. サカキシンイチロウ サカキシンイチロウ

    Wordsworthさん
    そのお店に行くために自動車で旅する目的になりうるお店に星がついたんだ…、とも言われていますよね。
    どこかにおいしいものがあると聞くとわざわざでかけて行列を作る。日本人の好奇心と行動力にこそ星をつけたくなってしまいますが、その一方でわざわざでかけて味わうからこそ価値があろうものを、手軽に食べられるようにと店を複製したり料理を真似たりと、そういう行動力にはいささか辟易させられることがあります。
    東京にはオリジナルなものがたくさんある。東京のみならずこの世には誰も真似することができない唯一無二がたくさんあると思うと、お店選びもかわってきますね。
    11月の一人旅。もしどこかでひょっこりお目にかかれたりしたらステキだなぁと思っております。

  3. mmm

    さっぱりした醤油味の喜多方ラーメンにシャキシャキ玉ねぎトッピング、
    スープとの相性抜群で欠かせないトッピングですよね。

    上野のちょっと先の稲荷町に朝ラーメンもやっている喜多方食堂があるので、
    サカキさんにオススメしたいです!

    先日教えていただいた素麺は大成功で、とってもおいしかったです。
    キュウリの歯ごたえがまた癖になりますね。
    なす味噌汁に白石温麺も近々試してみます。
    ありがとうございました。

    • サカキシンイチロウ サカキシンイチロウ

      mmmさん
      朝の喜多方ラーメン。本場さながらですね。これは言ってみねばです。早速ブックマークかけさせていただきました。
      そうめんもうどんも上等なものは倍の茹で時間で驚くほどになめらかになってくれます。夏の暑いときには熱さに閉口しますが、これから涼しくなると思う存分、茹でることができます。
      ちなみにカッペリーニを指定時間の倍茹でて、黒酢、ゴマダレで上等な冷やし中華になってくれます。ザクザクした歯切れ感がたまりません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。