コメダのエッグバンズ、紅とんで夜

新宿からテクテク散歩気分で15分ほど歩いたところにコメダ珈琲の店がある。
出版社のビルの一階。ずっと出版社のロビーのように使われていた場所が突然改装されて、コメダ珈琲になって開業。商圏のほぼ半分が公園だから飲食店の場所としてはそれほど良くないロケーション。なんでこんなところを選んで出店したの…、って開業当初は思ったけれど案外これがはやってる。
たしかに近所に大きな喫茶店がない場所。ファストフードのお店もなくて、ちょっと休憩したいときにはこの店一択…、って状況。今日もボクで満席で、たちまちウェイティングシートがいっぱいになる。繁盛店。ところでこの店。看板をしげしげ見ると「珈琲処コメダ珈琲店」というのが正式名称。「コーヒードコロ」ってかなり大時代的でちょっと笑った、オモシロイ。

ちょっと待って無事座る。
喫煙席と禁煙席がおそらく半分半分くらいに設けられている店の構造。
いつここに来ても「喫煙席なら待たずに座れます」ってお客様に言っている。
地域、ロケーションでタバコを吸う人、吸わない人の割合が違ってここは非喫煙者が多く集まるロケーション。
状況をみても禁煙席を増やせば売上があがるに違いないのにそう簡単にできないところが歯がゆいでしょう。大手チェーンがお得意のビッグデータとかでもなんともならないことなんだろうなぁ…、って思う。「分煙」なんてことをするからややこしい。たっぷりアイスコーヒーを飲む。甘みを入れずにストレート。ステンレスのビア樽状のマグにはいってやってきて、申し分ないほどひえひえ。唇貼り付く感じがうれしい。

せっかくだからなにか軽いものでもと、エッグバンズをたのんでみる。
ハンバーガーに使うバンズでたまごサラダとベーコン挟んだサンドイッチタイプの食べ物。エッグバーガーでもエッグサンドイッチでもなくエッグバンズという名前が、言い得て妙でオモシロイ。
そして大きい。手のひら開いてやっと覆えるほどの大きさ。ハンバーガーチェーンなら確実に「ビッグ」なんとかに使われるサイズでしかも具材もずっしり。たまごサラダの味はほどほどなんだけど、あふれるほどにたっぷりでふっかりとしたバンズと一緒に食べるととろける。案外好きかも…、悪くない。アイスコーヒーについてくる豆をパリポリ食べながら、ぼんやりしたら家に向かってまた歩く。

 

関連ランキング:喫茶店 | 新宿御苑前駅四谷三丁目駅千駄ケ谷駅

 

さて夜のコト。
昼から涼しく夜になると肌寒かった。
どこかで軽く飲もうかと、それで紅とん。
やってきたときまだ外は明るくってワンオペだった。
インド系かなぁ…、女性ひとりがサービスをしオーダーとったらそのまま厨房。テキパキ料理を作ってる。
スゴイなぁ…、と思うもつかのまお店の人が一人、そしてまたひとり。
増えてお店が賑やかになる。
全員外国人の女性というのにびっくり。それでもお店は回っていくように仕組みができてると思えばスゴイ。
チェーン店。

すぐできるのを3種類。スライスオニオン、マカロニサラダ。ひさしぶりのネギ盛りで種類は違えどネギ類が2種。玉ねぎ甘くて、青ネギ辛い。お腹が燃えて熱くなるような感じがするのがオモシロイ。
思いつくまま串を数本。最近、ピーマンとかししとうとか青い香りの野菜が好きで、今日もたのんでお腹の中をスッキリさせる。
わんぱくハムって名前がたのしい焼いたハム。ひんやりとした油が下のキャベツをおいしくさせる。
ここのフライドポテトは本当においしい。たっぷりの油で揚げているからでしょう…、ザクザク揚がって塩の加減もしっかりしてる。酒の肴にピッタリ味。同じ油で絹ごし豆腐を揚げて作った厚揚げは表面ザクザク、破裂するような歯ざわりで中はプルプル。お腹もほどよく満ちました。

 

関連ランキング:焼きとん | 四谷三丁目駅曙橋駅信濃町駅

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。