コメダにコロナ、喫煙目的店という選択肢

朝、珈琲所コメダ珈琲店。歌舞伎町の入り口近く。靖国通りに面した飲食ビルの2階にある店。
いつもは朝からウェイティングが出る店です。
何しろ歌舞伎町という街はいつが朝でいつが夜かわからぬ街で、朝にも沢山の人がいる。一日がはじまる人もいれば、一日が終わる人もいてテーブルごとに空気がキリッとだったりダラッとだったり。オモシロイ。
それにしてもコロナ前とほとんど変わらぬお店の雰囲気。スタッフがマスクをしていること以外は、客席も厨房周りもメニューも変わらず。
細かく仕切りを作ったブロイラーのケージみたいな店の構造が今の時代にピッタリな上、タブレット端末で注文をするシステム故にお店の人との接触がほとんどないから感染リスクが最小限ということなんでしょう。

サービスを省略することに上手な店が、得をしている今の状態。なんだかすごく悩ましい。
アイスミルクコーヒーのたっぷりサイズをもらってお供にコロッケバーガー。タブレットでいろいろカスタマイズできるのがたのしくってアイスコーヒーは甘み抜き。コロッケバーガーはオニオン抜きで4つに切ってもらう注文。
分厚いパンに分厚いコロッケ。4つに切ってもらっても二口、三口のサイズというのが人気なんでしょう。案外多くの人が食べてた。カサカサとしたパン粉と一緒に千切りキャベツが散らかる感じも、ボリューム以上にボリューム感じるにぎやかさ。

 

関連ランキング:喫茶店 | 新宿西口駅西武新宿駅新宿三丁目駅

 

新宿三丁目の二丁目よりに飲食店が建ち並ぶ通りがある。
酒を飲ませる店が多くて、かつての昼間は静かだった。
自粛期間は夜も静かで一体どうなっちゃうんだろうって思って心配してた。
やっと営業再開ムード。
そしたら多くの店がランチをはじめ、しかもお店の前にテーブルを置き客席として使ってる。
感染予防にいいからということなんでしょう。
お客様もそう考える人が多いのでしょう…、結構人気があって流行ってる。
かつてこういうことをしたら保健所がすぐ飛んできて、やめてくださいと注意されてた。

法律が変わったわけじゃなくお目溢しで今は大丈夫ということになっているのでしょうけれど、もし食中毒とかおこったらどうするんだろう。誰が責任をとるんだろう…、って心配になる。
デリバリーやテイクアウトも同じような危険を孕んだ対処法。緊急事態において「今の対処」を考え機敏に行動することも大切だけど、「その先」になにがあるのか考えてどう行動しなくちゃいけないのかを同時に考えることも必要。と、そんなことをしみじみ思った。なやましい。

ひさしぶりに珈琲貴族エジンバラ。
24時間明るい空気で満たされているゴキゲンなコーヒー専門店でいつもにぎわう店でした。
さすがに今の時期は24時間営業というわけにはいかず、朝から夜までという営業時間になったけれどもメニューも営業スタイルもむかしのまま。
テーブルの間に仕切りなんかを作ることもなく、だってもともとゆったりとした客席配置だったもの…、って感じで優雅に営業してる。お店の人がマスクをしていること以外、今がこういう時代なんだとここにいると忘れることができるのがいい。
それに煙草が未だに吸える。理由は喫煙目的店であるからで、そのため20歳以下のお客様も従業員も排除する。
そもそも飲食店がすべての人にやさしくあるのは不可能なこと。ほとんどの店が「大多数」にやさしい店であろうとするけど、煙草を吸う人という今や「少数派」だけれど、弱り果てた人たちにやさしくあろうとすることって、見事な差別化なんじゃないかと感心します。しかもここのコーヒーは胸を重たくしない上等ブレンドで、煙を我慢するだけの価値ある商品。オキニイリ。

 

関連ランキング:カフェ | 新宿三丁目駅新宿御苑前駅新宿駅

コメント

  1. 蜂蜜

    コメダ珈琲、タブレット注文なんですね。
    そう言う店舗もあるんですね、そう言えば最近行ってないな〜コロナが騒ぎ出してからは外食もしなくなりました。
    コメダで好きな物はポテトサラダを挟んだサンドイッチです。
    それにしても珈琲貴族、今の時代に喫煙者には有り難いお店です。味に自身有りですね!

    • サカキシンイチロウ サカキシンイチロウ

      蜂蜜さん
      東京の都心のお店はほとんどがタブレット式のオーダー端末が設置されているようです。カウンター席や二人がけの席が多く、まるでネットカフェみたいな造りで、こりゃ、喫茶店とは言えないぞってぶつくさ言いながら使っています(笑)。
      その点、珈琲貴族ののどかなムードはありがたいです。

  2. すうさん

    今までテイクアウトをやっていなかったお店が、テイクアウトを始めたのはちょっと嫌です。店先(敷地ではなくて歩道、人が車道を歩かされている)の日がカンカン当たる場所に机を出して、しかも店員がいなくてお弁当が置きっぱなしになっていて、、、。絶対買わないです(-“-)

    • サカキシンイチロウ サカキシンイチロウ

      すうさんさん
      ちょっとでも売上をつくりたい気持ちはわかるのですけれど、慣れないことをして大やけどってことにならなきゃいいけど…、って心配しちゃいますよね。

  3. ボルテイモアのおかず

    アメリカではしばらく、ほぼ全州レストランは閉店され、最近再開のLAなどは、飛沫感染予防にテーブル間を物差しで測り、接触感染予防にテーブルには何もおかず、市のチェックにパスした店は、外のガラスに赤丸のシールをはっているのを、ニュースでみました。
    日本では、(自粛のみで全閉店ではなかった事もあり?)サカキさんのブログのお写真でも、店によってばらつきがある様な気がします。
    飛沫感染予防の観点では、おしゃべりもなさるお客様方は他に感染するリスクを下げるには、外のテーブルの方が安全な気がしますが—?これからの季節は食中毒も心配ですが、今は、コロナ予防が最重要ではないでしょうか—?

    • サカキシンイチロウ サカキシンイチロウ

      ボルテイモアのおかずさん
      コロナと共に生きていかなくてはいけない時代。たしかに飛沫感染への対策はもっと徹底されてもいいのかもしれません。
      全員が感染しているかどうかの検査ができない状態にあって、もしかしたらボクも未発症ながら完成しているかもしれない。だとすると体はストレスを感じているはずで、通常ならば大事に至ることがない病原菌や細菌が大変な食中毒の原因になることもありやしないかとも心配します。
      大変な時代になったものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。