クルベットローズ

岐阜のいつものホテルで朝。
昨日の夜は寝苦しくって、思いがけずも早く目覚める。
大きなお風呂があるホテル。朝から湯船で足を伸ばしてあくびして体を温め軽く朝食。
茶碗にご飯をほんのちょっとだけよそって上にオニオンスライス。
スイートコーンにソーセージを添え、醤油をかける。
コーンポタージュをお供にし、ハフリと食べてお腹の中からしっかり目覚ます。
いつもは食後にコーヒーを飲む。ボタン一つでコーヒーが出る便利なマシンが今日はなんと故障中。白い覆いをかぶった様がハロウィン仕様に見えたりする。仮装の夜まで一週間を切りました。

お迎えが来て、いつものように喫茶店へ。
今日はどこのモーニングかなぁ…、とワクワクしながら移動する。
朝の時間は飲み物たのむと朝食セットが着いてくるのが岐阜式で、お店、お店でセットの内容に特徴がある。
パンにこだわりあるお店。
小倉トーストのあんこがおうしい店であったり、ボリューム勝負の店やらさまざま。
通い続けて飽きないステキ。多様なことはすばらしきコト。

今日のお店はクルベットローズ。
茶碗蒸しがおいしいお店。
実は昨日の夜、茶碗蒸しを食べる夢を見た。
目が覚めた時にまだ口の中に茶碗蒸しがあるようなほどに、鮮やかで生々しい夢。
あぁ、正夢になるといいな…、って思ってて、だから車がこの店に近づいているって感じた時にはお腹が動いてぐーっと大きくなったほど。

いろんな料理がちょっとづつお皿にぎっしり並んでやってくるのもステキなところ。今日は茶碗蒸しの他にサンドイッチ、小さなココットにカレーライス、湯呑みにラーメン。トロトロに似た白菜とツナの和え物。
いつもは唐揚げとかウィンナさんの焼いたのとかが着いてくるんだけど、今日はほとんど炭水化物っていうのが損したような、得したような(笑)。
朝のお腹に炭水化物はエネルギーになってくれるから値千金と思ってニッコリ。

茶碗蒸しのなめらかなこと。出汁の旨味とふるふるとしたやわらかさ。お腹が芯からあったまり、汁の代わりも果たしてくれる。
卵料理でもあるわけで、朝の食事にこれほどふさわしいモノってないな…、ってしみじみ感心。しじみの味の醤油スープに細い麺。ごま油をちょっと垂らしただけで和風スープがラーメンスープになっていくのがオモシロイ。
サンドイッチは卵ときゅうりが半分づつ。ちなみにこの界隈のたまごサンドは関西式のふっくら焼いたたまごを使う。今日のこれもそういう玉子。
手頃な値段のお弁当が豊富に揃っているのもここの特徴で、取り置いてって常連さんからの電話が続々かかってくるほど人気がある。今日は売り切れって商品の中に「くずし茹で玉子サンドイッチ」っていうのがあって、国が変われば料理も変わる。日本の食はオモシロイ。

 

関連ランキング:喫茶店 | 柳津駅西岐阜駅西笠松駅

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。