クリクリの黒猫、五反田の焼きそば

クリスピー・クリーム・ドーナツでお茶。
ハロウィーンドーナツとアイスティーで今日もたのしく解体ショー。
黒いカカオドーナツにチョコレートで描いたネコちゃん。目玉はカリッっと食感のあるチョコキャンディー。瞳孔が開いたように見える目玉がくまモンみたいで不気味な感じ。オモシロイ。
ミスタードーナツでもハロウィーン仕様のドーナツを売っているけど、かわいらし過ぎて不気味に見えない。やっぱり本場アメリカ出身のクリクリじゃなくちゃ…、って思ってしまう。パカンと割ると中から脳みそみたいな何かがとろり。キャラメルクリームでござんした。口溶けのよいドーナツ生地にトロンねっとり絡んでおいしい。ちなみにかなり人気のようで、ショーケースの中にはなかった。できたばかりで運ばれてきたというコンテナーからわざわざ出してもらった一個。堪能しました。オキニイリ。

 

関連ランキング:ドーナツ | 有楽町駅銀座駅日比谷駅

 

JR山手線の有楽町の駅前、ガード下にあった後楽そば。
かつては歌舞伎町のコマ劇前にもあって重宝していた立ち食いそばのお店で、好きだったのに閉店しちゃった。
そこが場所をかえ五反田の駅前に開業したというのでちょっと遠回りして途中下車。
有楽町のお店の上に線路が走っていたように、ここも線路の下にある。しかもここではお店の前からホームが間近に感じられ駅の外ではあるけれど駅そばって感じがするのもいい感じ。
お店の外に券売機。メニューはほとんど有楽町のお店と同じ。昔はこれに炊き込みご飯も揃ってて、天ぷらそば+焼きそば+炊き込みご飯という夢の炭水化物メニューがあったりもした。なつかしい。

お店の中はかなり大きくて、カウンターの中の厨房はひろびろしてる。
カウンターの一番端には大きな鉄板がおかれてて、焼きそばがずっとそこでスタンバイ。
温度の低いところにあらかじめ焼かれたそばが置かれてるんです。
注文するとソースを追加しながら鉄板の熱い部分でジューッと焼いて出来上がり。

休んでいるときもずっと熱が入っているから、麺の中の水分がほどよく蒸発。麺のむっちり感が強調されて仕上がりおいしい。具材はキャベツにひき肉とシンプルだけど、主役の麺が居心地良さげ。青のりと紅生姜が彩り添えて食欲さそう。焼けたソースの香りもゴチソウ。

立ち食いそばの店なのにこの焼きそばが結構人気。だからカウンターの上にはソースがおかれてる。ほんのちょっとだけソースを追加し、たっぷり七味。ついでにさらしたネギをドサッとのっけて食べると、ネギのシャキシャキとしたみずみずしさが、そばの食感ひきたてる。
立ち食いそばにはコロッケ派のボクもここではイカ天たのむ。
分厚くやわらかなイカがおいしく、それにそばの汁をかけてもらって食べるとさっくり、むっちり、なんとも旨い。このイカ天にはそばつゆがスープ代わりについてきてそこに焼きそばをトプっと浸して食べるのもまたオゴチソウ。ひさしぶりなり、ありがたし。

 

関連ランキング:立ち食いそば | 五反田駅大崎広小路駅大崎駅

コメント

  1. まぁ助

    サカキさんのブログを読み始めてから、私もおそば+コロッケが定番になりました。
    サカキさんのちょこっとオリジナルな食べ方が
    大好きです。
    そばつゆ+焼きそば!素晴らしい!
    すぐに忘れちゃうお年頃なので、手帳のレシピ欄に書いておきました。近いうちに試してみますね。

    • サカキシンイチロウ サカキシンイチロウ

      まぁ助さん
      この日もコロッケを汁でズブズブに濡らして食べるのもいいかなぁ…、と思いもしました。でもここのイカ天本当においしいんで、そのおいしさに負けました(笑)。
      そばつゆに焼きそばっていうのは、青森の黒石のつゆやきそばっていう郷土料理にインスパイアされてのコト。そばつゆにひたしても焼きそばのソースの味が負けたり失せたりしないところがオモシロイんです。ぜひ、試して見てください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。