ギャランの朝からパルコ屋のDDでレモネード

上野で朝。喫茶店の朝ご飯にしようと思って駅前の喫茶店。「ギャラン」っていうお店を選んだ。
ビルの二階にあって全席喫煙。タバコ天国。ギラギラ系の照明器具で店の中はキラキラ明るい。窓が広くてすぐ目の前を山手線が宙を走っているのがなんとも都会的。
朝からにぎやかなお店です。通勤途中、ニコチン注入を目的にやってくるおじさんたちに、近所のおばちゃま、そしてなぜだか若いカップルと客層多彩で社交場的。威勢がよくて、なのに言葉遣いが丁寧な声の野太いマスターに、髪の毛盛ってくっきり化粧のウェイトレス。タータンチェックのユニフォームとどこか大阪テイストが漂っているのがなんだかたのしい。

朝食セットもあるのだけれど、サンドイッチを食べたくてミックスサンドを作ってもらう。
お供にアイスコーヒーたのむ。
お食事は少々時間を頂戴します…、と。
先を急ぐわけでもないから存分にとお願いをしてアイスコーヒーをコクリと一口。
スッキリしていて飲みやすい。
なによりこの器。
ゴロンとずっしりしたガラス製。
ミルクが入ったピッチャーも磨き上げられたステンレス製。中にたっぷりミルクが入って思う存分使ってね…、ってサービス精神旺盛なのにニッコリします。
タバコが吸えると言いながら、タバコを吸わぬ人も多く電子タバコが目立つ店。
だから案外空気がキレイで助かる。

しばらく待ってやってきたサンドイッチにびっくりします。
大きなお皿いっぱいに料理が並ぶ。サンドイッチはハムと玉子、ブルーベリーソースをたらしたヨーグルトにサラダが並んでひと揃え。

サンドイッチの食パンが大きくだからサンドイッチが一回り大きく感じる。千切りキャベツをドレッシングで和えたサラダが入った器は手のひら一杯サイズでずっしり。
スパッと切れたサンドイッチの断面がとてもキレイで、層なすたまごサラダにハムに薄切りきゅうりの几帳面にならんでいること。うつくしい。たまごサラダはポッテリなめらか。きゅうりがザクザク歯切れる感じもオゴチソウ。
南沙織に麻生よう子、伊藤咲子に平浩二と昭和歌謡が流れる有線。ほとんどすべてが歌えることにうれしく思った。朝のコト。

 

関連ランキング:喫茶店 | 京成上野駅上野駅上野御徒町駅

 

それからちょっと人と会う。煙渦巻く喫茶店では申し訳なく、待ち合わせの場所をディーンアンドデルーカにした。
上野にできたパルコの一階。なぜだか名前が「パルコヤ」という。英語で書くと「PARCO_ya」となり、「ya」はyet another…、もうひとつのって意味を略したと社長はいいはる(笑)。かっこ悪い。
パルコらしくない店にしないとこの場所ではやっていけないと思ってそれで「パルコ屋」にしたんだろうなぁと思いつつ、なのになぜだか一階がニューヨークブランドのディーンアンドデルーカ。ここだけまるで租界のような雰囲気で、空いてて人を待つのに好都合。
ありがたいと思いましょう。
スパークリングレモネードをもらって気持ちをシャキッとさせる。酸っぱく甘さが控えめで、シュワシュワ小さな泡が口から喉をつっつくような爽快感がオキニイリ。待ち人到着、打ち合わせ。

 

関連ランキング:カフェ | 上野広小路駅上野御徒町駅御徒町駅

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。