キッチンたかで、鮭とトマトとピラフとワタシ

昼、キッチンたかでお腹を満たす。
今日は一日、家で仕事のまとめものする日。電車にのらず自分の足で歩ける範囲の一日にしようと誓って、それでテクリと歩いて荒木町。
オキニイリの洋食屋さんで小さなお店で人気者。お店は満席。10分ほど待ち着席をする。
待ってる間にあらかじめ注文をした料理が間もなく完成間際。
ストーブの真ん前の席でたかさんの手元を見ることは出来ないんだけど、背中の動き、聞こえる音で今、何が起こっているんだろう…、ってイメージしながら待つのはたのしい。
口数少なく、背中は饒舌。シェフと気取って呼ぶのでなくて「ご主人」と呼んでみたくなる姿が凛々しい。カウンターの上のすべてがキラキラ磨かれ整っているところもステキ。料理が次々出来上がる。

ココでオキニイリの料理のひとつがポークソテ。噛みごたえよき厚さに切って粉をはたいてこんがりと焼く。芯の部分はしっとりと、表面サクッと奥歯がたのしく心地よい。
基本は塩と胡椒のソテ。何種類かの味があり、今日はガーリックバターで仕上げてもらう。バターの香りと焦げたガーリックの風味がおいしく、ジュワッと滲む豚肉独特の繊細な味をバターが分厚く、濃厚にする。
千切りキャベツのポテトサラダ。どちらもタップリ。キャベツにソースがしみてしっとりなるのが旨い。ポテトサラダはポッテリなめらか。それそのものでも十分おいしく、けれどソースと一緒に食べると、これが一層おいしくなる。お皿の上のすべてのものが互いのためにいい仕事をする。しかもすべてがご飯をねだる。洋食屋の料理ならでは。オキニイリ。

トマトビーフっていう薄切り牛肉をトマトと一緒に炒めた料理。
トマトの酸味を感じるすき焼き味…、とでもいいますか。
しっとりとした豚肉に味がしっかり染み込んで、口の中でプルプル肉がふるえる感じがちょっと独特。
崩れたトマト。
味が染み込んだ玉ねぎが口を潤すオゴチソウ。

今日はいつもたのまぬ料理をたのんでみよう…、とメニューを見たら「鮭とトマトのピラウ」なんて料理を発見。
ピラフだとか焼き飯だとかは実は手間のかかる料理。
具材の仕込みに調味の手順。
作りはじめると手を休ませることができない料理でもあり、小さなお店。しかも調理人が一人の店は敬遠しがち。
なのにこうして用意してるというのにまず感心。フライパンの中でジジッ、ジジッと湿った音をたてつつご飯がピラフに仕上がっていく。
お皿に盛られて目玉焼き。よく焼いてください…、ってお願いしたら期待通りにこんがり白身がキレイに焼けた両面焼きの目玉焼き。千切りキャベツにポテトサラダがついてくるのはココのデフォルト。味噌汁も一緒についてやってきて、食欲誘う。おいしい香りがずっと漂い喉が鳴る。

まずは一口。ご飯をパクリ。
パラッとお米の粒、ひとつひとつが口で散らかる。
なのにしっとり。ご飯の粒は潤っていて、芯まで焼けておいしいこと。
トマトの酸味と旨みがおいしい。
塩の加減がほどよくて、ケチャップライスとは違った趣。
さっぱりしていて、とてもさわやか。大人味。

具材は豊富。
ソテした鮭を一口大にほぐしたものがゴロゴロまじり、ハムに玉ねぎ、マッシュルームに赤と黄色のパプリカが彩り添えて目にもおいしい。
玉子の真ん中。こんもり盛り上がったところをちょっとフォークで触ると、プチュっと黄身。とろりと中からとろけだし、ご飯を濡らす。黄身はとろけて、白身はプルリ。薄焼き卵やオムレツにはない多彩な味わい、風味に香りがなんともおいしい。トマトビーフやポークソテをおかずにハフハフ食べてると、あっという間にお皿は空っぽ。お腹よろこぶ、アリガタシ。

 

関連ランキング:ハンバーグ | 四谷三丁目駅曙橋駅四ツ谷駅

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。