ガジェットまみれのオキニイリ

外に出て仕事をするときにはMacBookを持って出る。なるべく荷物は少なくと思ってはいる。けれど念のためにもっておきたいガジェットあれこれ。
モバイルバッテリやUSB-C端子をつないだSDカードリーダー。モバイルルータなどをフェルト素材のポウチにいれて、ほぼ日手帳用のベルトで2つまとめて持ち運ぶ。ずっとAir Podsをどこにいれるか困っていたけど、ケースカバーを先日買って小さなナイフをかねたマルチツールも一緒に運ぶ。
最近、薄いフィルムで包まれたものが多くて、それを破ろうにもなかなか破れずイライラする。だからこういうナイフはとても重宝します。オキニイリ。

夜になって雨がパラパラ。
今日に日本は荒れてたようで、東京の街は一日異常に蒸し暑かった。
空に溜まった湿気がたまらず雨になって落ちてきたような大粒の雨。傘も持たずに濡れていきます。
晩ご飯。

本当は家に帰って何か作って食べようか…、って思っていた。地下鉄の中でもずっと冷蔵庫の中に何が残っていたかなぁ…、って思いながら移動してた。
けれど今日は不思議なほどに腹ペコだった。

頭を使う仕事がずっと続いてそれで昼に食べた穴子のフライもすっかり消化されてしまったみたいな感じ。
それで家に帰る前にお腹を軽く満たしておきましょう。
四谷三丁目の交差点脇の「尾張屋」にくる。

さすがに通りはどんどん強くなってくるであろう雨を心配する人たちが、急ぎ足で先を急いでとっちらかった忙しい雰囲気。
お店の中も静かでなんだか、嵐の前の静けさみたい。

友人さそって2人でふたつ。丼と蕎麦をたのんで分け、食べる。
いつもは大抵、カツ丼をたのむのだけど今日は天丼。
エビの天ぷらだけがご飯にのっかるという潔さにウットリします。
しかもココのエビの天ぷらのエビ。
加水をしない健康的なのを使って揚げるから、むっちり。
香りも味もなんとも甘やか。
天ぷら油の甘みとタレが染み込んでお腹が満ちる。おごちそう。

ちなみにココの味噌汁がおいしいのです。
いりこの香りと力強い旨みがどっしりしていて、味噌も濃いめ。喉越しぽってりしているほどで、ご飯のおかずになってくれそう。タクワンもまたおいしくて、ご飯がすすむおごちそう。

蕎麦は親子とじ蕎麦にした。しばらくずっとココではカレー南蛮蕎麦を注文してて、だからお店のおばさんがちょっとビックリ。今日はなぜだか玉子でとじたのを食べたかった。
出汁を吸い込みふっくら固まる溶き卵。しかも玉子をひとつかみすると必ず鶏肉が中に混じっているほどに鶏肉ゴロゴロ。これまた出汁をたっぷり吸ってふっくら仕上がる。焼いたネギが入ってて、焦げた香りがこうばしい。
ココの蕎麦はとても頑丈。熱くしてもへたれずおいしい。汁は甘めでこれまたどっしり。お腹もあったか、満たされた。

 

関連ランキング:そば(蕎麦) | 四谷三丁目駅曙橋駅信濃町駅

コメント

  1. koku

    経験上、自分の中の身勝手な基準として、味噌汁やスープが美味しい店に大きなハズレはないと思ってます。気軽なフレンチやイタリアンや中華でも、前菜で出るスープが美味しい店で、メインが大きく外れた記憶はほとんどないですね。その逆はシコタマありますが・・・そういう店に限って見た目だけはキレイだったりする。あとイタリアンに多いのが、食後のデザートだけが異様に凝ってたり(笑 まあ、どの層をターゲットにしてるかまる解りなんですけど。

    いいお店が徒歩数分の場所にいくつもあるのが羨ましいなあ、といつも思ってます。昔は地方にもそういう良いお店がいくつもあったんだけど、過疎化でほとんど消えてしまったんだよなあ・・・

    • サカキシンイチロウ サカキシンイチロウ

      kokuさん
      ボクもその通りだと思います。
      汁、スープというのは料理の最も基本的な部分。
      にもかかわらず誤魔化そうと思えばいくらだってずるいコトができる部分で、だからそこにしっかりと注意と努力を払う姿勢が料理をおいしくしてくれるんでしょうね。
      本当に家の近所の飲食店の充実ぶりには感謝します。地方にいくとすべてがショッピングセンターに集約されていくコトにため息がでてしまうように感じます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。