カレ南餅入り、かためかつ丼、尾張屋の昼

日曜の昼。近所で昼食。
四谷三丁目の交差点にある「尾張屋」にくる。
そば、うどんだけでなくきしめんがあるのが尾張屋という店名らしき店。
いつものんびりしていた店だったのに、最近、とても人気がある。今日もほとんど満席でにぎわっていた。
考えてみれば、この周辺にあったそば屋、うどん屋さんが次々閉店。信号の向こう側にはかつてセブンアイホールディングスが経営してた使い勝手のいいそば屋さんがあったけど、デニーズに経営資源を集中させる目的もあってでしょう…、なくなっちゃった。
残ったお店が得をした…、ってこともあるだろうけど、それ以上にそもそも魅力のあった店。
サンプルケースは店の特徴をあらわすもので、この店のそれはかなり独特。煮込みきしめんやにしん重、カレー南蛮と言った普通の店なら売りにしようとしない商品が目立つ場所に置かれてる。そういうところが好きな店。

メニューはブック状じゃなくってテーブルの上に置かれる短冊状のものだけ。表が麺類、裏が丼やおつまみ類といった構成。「あさり(バター入り」なんてメニューがあって、きしめんで作ってもらうこれがフェットチーネで作ったボンゴレみたいな感じでおいしかった。ちょっとハマったことがある。
今日は最近のオキニイリ。カレー南蛮そばとかつ丼をたのんで二人で分け合う。
カレー南蛮には餅を入れますか?カツ丼の卵は硬めに仕上げますか?とお店の人が聞いてくれるようになった。おなじみ気分がなんともうれしい。その通りでお願いしますとお願いをして、のんびりまって料理が届く。

ここのカレー南蛮は本当に好き。
ぽってりとしてなめらか。
あとからあとから辛味がおいかけやってくる。
とは言え出汁がしっかりしていて鰹節にいりこも加えて作った汁は軽い渋みがあってカレーの風味を深くする。
大きめの薄切り豚バラがたっぷり。シャキシャキ感を残したままの玉ねぎが、シャリシャリ食感にぎやかにする。
そばはもったりやわらかで、カレーの汁をたっぷり持ち上げ口の中へと運んでくれる。時間がたつと当然麺はやわらかになる。けれど口の中でバッサリ散らかる感じはそのまま。とろんととろける餅の食感とはまるで別物。歯切れやコシはなくともそば独特の食感、風味があるのがステキ。オキニイリ。

かつ丼は典型的なそば屋のかつ丼。揚げおきのとんかつを出汁でクツクツ煮込んで衣がしっとり仕上がる。煮汁をたっぷり吸い込んだパン粉衣は、やわらかくなってもカサカサ、乾いた名残があって歯茎をくすぐる感じがおいしい。
肉はやわらか。汁を吸い込みふっくら煮上がる卵の中に玉ねぎたっぷり。これもシャキシャキ、歯ざわりがよい。かつを頬張りご飯をパクリ。カレー南蛮の汁をごくりと口の中はにぎわいよろこぶ。煮干しの出汁がどっしりとしたわかめたっぷりの味噌汁に、カリカリとした酸っぱいたくわん。丼の底をその一切れで拭ってきれいに食べ終える。オゴチソウです、オキニイリ。

 

関連ランキング:そば・うどん・麺類(その他) | 四谷三丁目駅曙橋駅信濃町駅

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。