秋の龍の巣、オールブラックス的な黒いモツ鍋

新宿三丁目の龍の巣で夜。
いつもはにぎやかな通りが今日は気味が悪いほど静かで人出が少ない。予約が取りづらいこの店も、今日はすんなり予約がとれた。
しかも予約がなくても入れるようでもあって拍子抜け。三連休が終わってちょっと消費疲れでございましょうや。その分、またずにクイックに料理が提供されるんだろう…、と腹ぺこさんにはありがたい夜。
案内されたテーブルが炭をおこすための窯の正面。冷房がガンガンにきいてるもののやはり熱くて、熱いついでに鍋をメインにしてみることにする。季節も9月でありますゆえ。肉入りかすもつ鍋というここの名物。白赤黒と三色あって今日は黒。ニュージーランドオールブラックスリスペクト(笑)。

鍋にモヤシ、ニラにキャベツをぎっしり詰め込み上に牛バラ肉を煮込んだものにもつに牛カス。
赤唐辛子ににんにくのっけてクツクツ煮込む。
牛骨スープに黒ごまのペーストたっぷり。
それが黒の由来で、熱が入っていくと胡麻の香りがこうばしい。

盛り上がった鍋の中が徐々にぴしゃんと凹んでいく。
キャベツを引っ張り出してモツやカスの上にのっけて蓋するようにしてまたクツクツ。
モツがクシュッと透明になる。
それが食べ頃。
シャキシャキシャクシャク、プルンプルンと鍋の中身を食べ終わったら〆の雑炊。
ご飯を入れたら余分な汁をアクごと丁寧にすくい取ってやる。
ご飯がひたひたになる程度まで減らして弱火でじっくりご飯に熱をいれてく。ご飯が思う存分、スープを吸い込んだところで玉子の黄身を箸で十字に軽く切り、強火で沸騰させたところにかけまわす。蓋して白身がかたまりつつあるところで盛り付けネギと海苔。容赦なくおいしくしみじみ旨味と栄養が体の中に染み込むゴチソウ。

鍋をたのしむかたわらで肉も焼きます。厚切り牛たんは脂が滲んでタンの表面がサクサクになって仕上がる。そのサクサクな歯ざわりを裏切るようなとろけてネットリしていくさまが牛たんという素材の醍醐味。
ふっかりとしたハチノスににんにくをたっぷりからめて休ませた壺漬けのハラミ。
どれもおいしく、けれど最近、オキニイリなのはソーセージ。炭の上においた網の上で1番おいしくなってくれるのはもしかしたらソーセージかもしれないなぁ…。皮が焦げて爆ぜるように裂けて中がこんがり焦げていく。炭で焼かなきゃこうはならない、オキニイリ。

 

関連ランキング:焼肉 | 新宿三丁目駅新宿御苑前駅新宿駅

 

食事を終えてお店をでたのが8時過ぎ。
お店の外の通りはやっぱり静かで、一体、いつもこの街にいる人たちはどこにどう収まっているんだろう…、って不思議に思う。
思って、ちょっとブラブラしました。
そしたらひときわニギヤカな店があって、通りの外まで人が溢れてる。
ほぼ外人です。
店の中をみるとテレビでラグビーの試合の中継。
中にいるのも白人系の人たちで、誰一人として座る人なくテレビをみながらビールを飲んでる。英国式のパブで、そこだけまるで日本じゃないような。

オモシロイなぁ…、って思いながらしばらく歩くと銀だこの前にも人だかり。半分くらいがやっぱり外人。たこ焼きが焼き上がる様子をカウンターにかぶりつくようにして見ていたりする。東京の街はこれからますます楽しくなっていくんだろうなぁ…、って思ってワクワク。さぁ、帰る。

コメント

  1. koku

    私も最近、旅行者でアングロサクソン(もしくはゲルマン)系の外国人が増えてきたことを実感してます。
    同時に記事にあるような外国人客のほうが圧倒的に多いお店も多くなりましたね。自分は好んでそういう店によく足を運ぶようになりました。落ち着くんですねなんとなく。

    やはり時間がなにより大切で束縛されたくないので行列はもちろん予約必須の店も最近は敬遠するようになり、かといって、いわゆる「昔からの地域住人がお得意様」なお店も、どうにも雰囲気が暗い店が多い気がして行かなくなりました。
    店主や客が陰湿というか、入った瞬間にいっせいに誰だコイツとギロっと睨んで会話がパタッとやんで仏頂面になる・・・というパターンが続き、閉鎖的な田舎ならまだしも都内でもこうなってきたか、と驚くことが増えました。だからといって機械的な味と対応のチェーン店にも行きたくない。

    二極化が甚だ激しく、そのどちらも行きたくない、だけどやっぱり居心地よくて美味しいお店がいい・・・となると店探しに本当に苦労するようになり、苦労するとバカらしくなるので以前ほど新規開拓しなくなり外食も減りました。こんな掃いて捨てるほど飲食店が多い都市なのに不思議なもんです。
    今後どうなっていくのかは解らないけど、どうせ黒船が来ないと何もできない国ですから外国人旅行者が閉塞的な今の空気をぶっ壊してくれることを切に願ってます(苦笑

    • サカキシンイチロウ サカキシンイチロウ

      kokuさん
      ニコッとすることを忘れてしまったのかもしれません…、最近の日本の人たちは。
      笑顔は寛容のあらわれで、見知らぬ人同士が目と目をあわせて挨拶の代わりにニッコリとする。欧米の人たちは、人間関係における緊張を取り払い、警戒の垣根を自然にゆるめるコトが上手。それがソーシャルということなのだろうと思います。
      レストランがソーシャルの場である限り、寛容であることを忘れてしまってはレストランをたのしむ資格はない…、のかもしれません。
      むつかしい問題ではあるけれど、どこかで解決しなくちゃいけないコトでもある。なやましいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。