オレンジジュース、スイカジュース

新宿駅の西口で朝。
ひさしぶりに喫茶店の贅沢な朝にしようと「ユーロカフェ」。
2年ほど前に閉店しちゃった箱寿司の前にある店。箱寿司があった頃には、その店の方ばかりみていてまるで気づかなかった。
照度を落とせばカフェバーのようにも見える瀟洒なインテリア。ギャルソンっぽいユニフォームを着た男性だけがサービススタッフという贅沢感に満ちたムードが気に入った。
それに朝食メニューが3種類。一番高いメニューがなんと1010円。1000円超えという攻めた値段が気になった。
920円に消費税を足したら1010円…、ということでしょう。朝食セットの名前は「ハーフサンドとオレンジジュースの朝食セット」。

サンドイッチにポテトサラダ、ヨーグルトがついてひと揃え。
オレンジジュースの朝食セットと言ってはいるけど、コーヒーや紅茶も選べる。
でもやっぱりここはオレンジジュースを選びます。
サンドイッチは具材で2種類。
エビアボカドか、ツナタマゴが選べてオキニイリのツナタマゴ。
耳をとった食パン一枚を二つに切り分け、そこにたっぷり。
ツナのオイル漬けを混ぜた卵サラダをのっけて挟む。
それを四つに切り分け並べて出来上がり。
ひと切れ分は舌の上におさまるほどに小さくて、パンは痩せて乾いた感じ。

それに対して具材はぽってり。あふれるほどに多目に使って仕上げているから、具材の食感、味が主役の贅沢な味。オキニイリ。
ポテトサラダはちょっと酸っぱ目。じゃがいものホツホツとした食感が残った仕上がり。甘いヨーグルトに甘いいちごのジャムがたっぷり。お腹の中が甘やかされるような味わい。朝の頭のエネルギー。

やはりこのモーニングセットの特徴的なところといえばオレンジジュースがお供の飲み物で選べるところ。手搾りとまではいかないけれども、果実の粒が混じった上等の100%ジュース。酸っぱく、けれど酸っぱすぎずサラサラお腹の中に飛び込み、体を潤す。
朝のオレンジジュースってなんでこんなにおいしいんだろう。もしかしたら太陽の味のように感じるからかなぁ…、って思う。ポテトサラダを葉っぱ野菜で包んでパクリ。シャキシャキにぽってりがまじりお腹も満ちる。
それにしてもここのコースターのデザインや紙ナプキンに描かれたロゴ。しっかりデザインされたオリジナル。最近ではこういうところにお金をかけない店がほとんどになりました。そういう部分に金をかけない国って文化貧しい国…、って思ったりする。なやましい。

 

関連ランキング:カフェ | 新宿駅新宿西口駅新宿三丁目駅

 

新宿で喉を潤す。
プロントのスイカジュースがオキニイリ。
家の近所にない店で、だから新宿に来ると探して飲んでしまう。出店場所を選ぶチェーンで、けれど新宿には結構多い。
多いのだけど今も営業を再開してないお店もあって、おそらく加盟店の中には再開余力が残っていない会社も沢山あるんだろうなぁって思ったりした。
厳しい現実。
さてスイカジュース。小さなサイズでお願いします…、って注文したら、スイカジュースはMサイズからなので小さいサイズはないんですという。名札をみたら韓国系の名字の人で、小さい=Sサイズと彼女は判断したんだなぁと。国境のない時代のコミュニケーション術はなかなか複雑。
プラスティックのカップに大きな氷をおさめたっぷりジュース。塩をパラリとふりかけて塩で甘みを引き立てる。ストロー使わず塩をペロペロ舐めながら喉を潤す。オキニイリ。

 

関連ランキング:ダイニングバー | 新宿駅新宿西口駅都庁前駅

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。