オステリアナカムラで夜

久しぶりに六本木。オステリアナカムラにくる。
家庭的なイタリア料理のレストラン。20年ほど前になりますか。六本木のもっと便利な場所にお店を開業し、そこから移転して今の場所にきた。
ちょっと目立たぬ路地にあり、螺旋階段を上がった2階。
オープンキッチンにカウンター。テーブル4卓と居心地のいいお店のムードは昔の店からずっとココの特徴。
なにより凛々しいマダムとにこやかなご主人が二人三脚でがんばるゴキゲンな姿がずっと昔のまま。来ると必ず元気になれる。
レストランには「今日は何があるかなぁ…」と思って来る店と、「いつものあれを食べに来よう」と思う店の2種類がありココは典型的な後者のタイプ。とは言え「今だけ料理」がいくつかあって今日はそれをメインに献立仕立ててたのしむ。ワインも白とイレギュラー。

白菜と蟹肉のグラタンなんて変わった料理を選んでたのむ。
小さなココット。表面はこんがり焦げてて、焼けたチーズのおいしい香りがただよってくる。この焦げた色ってなんて食欲誘うんでしょう…、熱いだろうなぁってわかっていながらもフォークをいれて一口パクリ。アチチで上顎焼いちゃった!
白菜のグラタンっていうのが珍しく、トロトロの食感、甘み、みずみずしさがホワイトソースと相性よくてビックリします。カニの風味もゴージャスでポッテリとしたクリームが舌や歯茎にからみつくのにまたウットリ。
焼きたてのパンをちぎってソースをからめ、舐めたようにきれいになったお皿が残る。幸先がいい。

シシリア風のミートボールがふた皿目。
二口サイズのミートボールに甘みを出して仕上げた玉ねぎ。軽い酸味を加えた白いソースにレイズン。イタリアンパセリが彩り添える。
ミートボールは粗目にひいた肉をぎっちり固めたモノ。
歯ごたえがよくて、ムッチリとした肉ならではの噛みごたえを思う存分味わえる。
ミートボールと言えばトマトソースやデミソースで煮込んだモノをイメージするけど、塩がベースのソースで食べると、肉の旨みや風味が素直に感じられるのにビックリします。

やってきたときにはボクらともう一組だけの静かな店内。
ところがそれから続々お客様がやってきて、お店は徐々にニギヤカになる。お店の中がニギヤカになると同時に、厨房の中の仕事が勢いましておいしい匂いに包まれる。
カウンターに座ってると、あれも食べたい、これも食べたいって他のテーブルに持って行かれるはずの料理をみんな味見したくなるのがありがたいやら、なやましいやら(笑)。

パスタを2種類。
ひとつはリガトーニ。
太い筒状のショートパスタでソースはトマト味。
岩中豚と一緒にコトコト煮込んで仕上げたどっしりとした味のソースと牛モツをあわせて仕上げた肉ソースで和えて、お皿に移したところにチーズをタップリ。

この牛モツが丁寧に下ごしらえをされて口に入れるとスベスベとしてトゥルンと滑るようになめらか。
一方、リガトーニはアルデンテに茹でられムチッと程よい弾力がある。
牛モツとパスタを一緒に口にいれると、パスタまでもがモツじゃないかと頭がうれしい勘違い。噛めば噛むほどにモツの旨みが口に広がる。頑丈でアルデンテのパスタはなかなか壊れず、だからずっと口の中にモツがいるような感じがするのもオモシロイ。

もう一種類はブカティーニ。太くて長いマカロニみたいなロングパスタ。
良く茹でている。だからやわらか。中は空洞。だからアルデンテになりようもなくただただなめらか。
味はチーズ味です。茹でたパスタにチーズを削ってタップリくわえる。オリーブオイルを注ぎながら何度も何度もチーズを削ってはパスタに混ぜて、また削ってはパスタを和える。パスタ全体がチーズをまとったところでお皿にうつす。鍋に残ったとけたチーズにパスタの茹で汁を注いで濃度を調整したら、それをのっけて胡椒をタップリ。
チーズクリームで和えるパスタはたくさんあるけど、チーズであえただけのパスタは初めて食べる。パスタ自体がチーズで出来てるような気持ちがしてくるステキ。胡椒の辛さがチーズの旨みをひきたてて、香りもさわやか。カロリーのことは棚上げをしておいしく食べる(笑)。

さてメイン。カジキマグロのカツレツにする。
ココしばらく、オステリアナカムラのメインはコレ…、とほぼ毎回、こればっかり食べている。そもそもカツレツは好きで、でも他の店ではたいてい仔牛。ココには羊のカツレツもあるのだけれど、カジキのカツレツは格別おいしい。
厚めの切り身。それも皿からあふれるほどに大きなカジキの切り身にぎっしり細かなパン粉をまとわす。粉チーズも削って一緒にぎっしりと。こんがり揚げたら紙で油をきれいにとって、ルッコラ、トマトと一緒に味わう。
ガッシリとした肉質で、鶏の胸肉のような食感。パン粉衣でつつまれ熱々。噛むとパン粉が散らかって肉がほどけてとろけてく。ルッコラ、トマトが潰れて口の中でソースのようにふるまう。お腹も気持ちも満たされました…、オキニイリ。

 

関連ランキング:イタリアン | 六本木駅乃木坂駅六本木一丁目駅

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。