ウィーナムキーで海南鶏飯

遠方より友来たりてたのしく朝から打ち合わせ。そのまま昼を銀座で食べる。
エグジットメルサという商業施設。かつてはしっとりとしたマダム系のお店が集まる場所だったんだけど、今では化粧品店、薬局、お土産雑貨を扱う店がメインのインバウンドビルになっちゃった。
その上層フロアにあるレストラン街もテナントが頻繁に入れ替わるようになったのも、新しいビルの環境に必死に最適化している感じにみえていささか忙しない。
「ウィーナムキー」というシンガポール料理のお店をランチに選ぶ。
威南記海南鶏飯と現地では名乗る名店。東南アジアスタイルのチキンライスが名物の店。それを目当てに銀座マダムも集まるけれど、それ以上の勢いでアジア系のお客様がやってきて、店のムードはまるでアジア。いい感じ。

海南鶏飯といえば茹でた鶏のぶつ切り肉と、鶏でとったスープで炊いたご飯を一緒に食べる料理。
東南アジアの蒸し暑い日にげんなりした胃袋も、元気を取り戻す南のゴチソウ。年々、気候が東南アジア化していく東京にも随分専門店ができました。
ここでは茹でた鶏だけじゃなく皮をパリッと油で焼いたローストチキンも選べるというのが特徴で、茹でてぶよぶよ仕上がった鶏の皮が苦手なボクにはありがたい店。しかもご飯がおいしいのです。鶏の脂で丹念に炒めたジャスミンライスをスープで炊く。お米の粒のひとつひとつが脂でコーティングされてパラパラ、口の中で散らかっていくにぎにぎしさにヨダレとまらぬおゴチソウ。

鶏肉はバサッとしてます。
ふっくらして噛みごたえがよく、けれど口の中の水分をどんどん吸い込む。
だから一瞬、口が乾きを感じるけれど、それにかまわずひたすら噛み続けるとゆっくりとろけてなめらかになる。
とろけたところにお米がパラッ。鶏がらスープの旨味が口に広がっていく。

甘くてこってりした中国醤油。スッキリとした辛さがさわやかなチリソース。すりおろした生姜と薬味やソースを使うと味や風味がかわっていくをたのしみながらパクリパクリと食べていく。
パクチーがいい仕事をしてくれます。あらかじめ鶏肉の上にのっかり彩り添えている分ではどうにも足りず、追加してまでモサモサシャクシャク。

ローストチキンヌードルとラクサヌードルを追加し分ける。
東南アジア独特のバサバサ歯切れる極細縮れ麺。細いくせして存在感が抜群で、ちょっとモサモサした食感をからめた甘だれとネギの香りの油がおいしくしてくれる。同じローストチキンもご飯と一緒に食べるときより潤い増してなめらかになる。
ココナツミルクにヌクマム、チリが濃厚な風味を醸し出すスープで食べる米の細麺。ムチムチしていてなのに歯ごたえ軽快で、エビの旨味や海鮮類の風味がまじっておいしいスープでお腹の中が汗をかく。会話もはずむたのしいランチ。お腹も気持ちも喜んだ。

 

関連ランキング:シンガポール料理 | 銀座駅東銀座駅銀座一丁目駅

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。