アメリカンショートケーキノイチゴアットセンビキヤ

移動の途中の日本橋。今日はてくてく、かなり歩いて軽疲れ。甘いものを気持ちが所望…、それで千疋屋本店のフルーツパーラーに寄ることにした。三井様の立派なビルの一階部分に果物売り場。2階にフルーツパーラーがあり、エスカレーター使って上がる。

お店の中は白くてキラキラ。
オープンキッチンの周りにぐるりとカウンター。白いシャツに黒いベスト、黒い蝶ネクタイをしめたギャルソン、セルヴーズ。
テキパキホールを歩きながらも優雅な仕草を忘れぬところに、さすが老舗と感心します。
キッチンの全景を見渡すテーブルをもらって座る。すでに気持ちの疲れが半分とれたような気持ちがしてくる。
フルーツをタップリ使ったフルーツカレーやサンドイッチと、食事メニューもかなり多彩で、遅めのランチをたのしむ人たちも結構集まる。とは言えほとんどの人が甘いもの。フルーツパーラーといえば女性の花園のように思えて、実は男性客が多い。日本橋という場所柄でしょうか?
栗の季節ということもあり、マロンパフェをうれしそうに頬張るスーツ姿のおじさん一群もいたりするのが、たのしくなにより微笑ましい。

ちなみにメニューを見ずとも食べたい物は決まっております。
ココのお店で必ずたのむ愛すべきモノ。
「イチゴのアメリカンショートケーキ」。飲み物つきというので、ポットでサービスされる紅茶をもらってちょっと待つ。

しばらくしてやってくるのが深めのお皿。幅広のリムの部分には霜がたっぷりついている。つまりキンキンに冷やされているということ。お皿の中はミルクで満たされ、その真中に浮島のごとき姿でケーキが置かれてる。
ケーキというのにお皿の横にセットされるのはフォークではなく大きなスプーン。
つまりココのショートケーキはスプーンですくって食べるお菓子。器と同じくキンキンに冷やされたミルクと一緒にケーキを口に運んでどうぞ、召し上がれという、昔からのこの提供法。

考えてみれば、ショートケーキのお供に何が一番おいしい?ともし聞かれたら、迷わずミルク。
イチゴのお供に飲みたいモノは?ともし聞かれたら、おそらくその答えもミルクになる。ならばイチゴの味のショートケーキはミルクと一緒に食べるのがよい。なんと理にかなったお菓子なんだろう…、って初めて食べたときに感心。以来、ココに来るのはコレを食べるためってくらいの好物。オキニイリ。

まずは軽くひとすくい。最初はサッと入ったスプーン。それが途中で重たくなる。理由はケーキの構造にある。
一番下にはスポンジの生地。ショートニングをタップリいれて、粉はあら目で空気をタップリ含んで仕上がるざっくりとした粗い生地。だからザブザブにミルクを吸って濡れてます。スポンジ生地の上にはバニラアイスクリーム。それがスプーンを重たくしてる張本人。バニラビーンズがたっぷり混ざり、香り濃厚、味わい濃密。甘みは若干控えめでミルクの風味を感じる仕上がり。アイスクリームの上に再びスポンジ生地を乗せたところにホイップクリーム。フレッシュのイチゴを炊いて作ったソースがかかって完成。

同じスポンジも下はザブザブ、なめらかで、上は乾いてざっくりしてる。イチゴのソースの香り鮮やか。ホイップクリームと一緒になって、口の中がスゴくおいしいいちごミルクの味になってく。たまらない。

イチゴのソースが食べてるうちにミルクに落ちて、ぽつりぽつりと赤い模様がミルクにできる。それがユックリ、ミルクと混じって白がピンクに変わってく。ミルク自体もいちごミルクになってくのです。
しかも冷たい。氷をタップリ入れて飲んでるいちごミルクの味のケーキ。子供の頃にこれを心置きなく食べたかった…、って悔しいほどにおいしいケーキ。
食べてるうちにアイスクリームがユックリとけてミルクと混じる。スポンジケーキもとろけて混じり、お皿の中がジェラートみたいになっていくのもオゴチソウ。紅茶はアールグレイをもらった。ポットで届いたアールグレイは、ボクが注ぐこともなくお店の人がそっとカップに注いでくれる。冷たい口をあっためようと飲んでカップが軽くなったら、すかさず近づきまた注ぐ。おいしいだけじゃない多彩な魅力に満ちた店。いいなと思った。また移動。

 

関連ランキング:フルーツパーラー | 三越前駅新日本橋駅日本橋駅

コメント

  1. こおり

    サカキさん。
    いつも楽しく読ませていただいております。

    アメリカンショートケーキ!私も大好きなんですっ。
    ここで紹介してもらえて、めっちゃ嬉しー!!!
    なぜか友達にはわかってもらえないんですっ。
    みんなメニューで見てもスルー。私が力説してもスルー。
    ああ無情。
    何故でしょうかね。最高ですよね?この組み合わせ。

    千疋屋では必ずと言っていいほどこのメニュー食べます。冬に食べるとちょっとお腹壊しそうになるくらい冷たいメニューですが、やっぱり食べたくなっちゃう。
    そして秋になると栗バージョンを食べますっ。

    誰が何と言おうとアメリカンショートケーキ万歳っ。
    ですよね???

    • サカキシンイチロウ サカキシンイチロウ

      こおりさん
      わーい、千疋屋さんのアメリカンショートケーキの魅力をわかってくれる人にめぐりあえてうれしいったらありません。
      ケーキをミルクで濡らすなんて…、って、やってきた商品をみた途端にみんな引くんです。そういう人に限って、甘いケーキはミルクと一緒に食べるのが一番おいしいなんていうんですよね。ならこういう一緒に仕方も同じじゃない…、って思うんですけど、伝わらない。
      スポンジ自体のザクザクした感じ。アイスクリームの香りや状態。すべてが相性が良いように組み合わされているのでしょうネ…、家で真似してショートケーキにアイスクリームを乗せてミルクを注いでもこれにはならない。
      あぁ、また千疋屋さんに行きたくなっちゃいました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。