イカに萬サバ、人吉の夜

宮崎でうどんをたぐって、寿司を頬張り、それで再び山超える。

ho ikaho saba人吉という山間の街にやってきて、それで夜に魚を食べる。
「宝来茶屋」というお店。
山間で魚とは一体どういうコト?って、はじめて来たときは不思議に思った。
お店の中には大きないけすが作られていて、そこに魚が泳いでる。なんと大げさ…、とも思いもしたけど、話を聞いて納得します。

人吉というこの街は、九州という島の真ん中ちょっと下。高速道路のネットワークのへそのような場所にあり、だから九州を囲む海へほぼ等距離でいけるんだという。
自前の水槽車を走らせて、九州各地の魚を仕入れ運んでくるのに、なんの不思議もございません…、と。視点を変えれば、なるほどなぁ…、って思うことがあるものです。季節はイカの季節でござる。呼子から運んだイカを刺身でももらう。

ho nasurume半透明のイカの刺身の大きく分厚いコトにビックリ。
食べやすいよう細かく切り目をいれたところが、めくれあがるように立ち上がってる。ついさっきまで生きていたんだ…、ってひと目でわかる新鮮さ。

噛むとコリッと歯ごたえがある。
一瞬固く感じるのだけど、噛んでるうちにどんどんトロミがでてきて粘る。
粘りと一緒に強い甘みで口の中が満たされていく。あぁ、シアワセなり。塩で食べると甘みが一層引き立って、思わず焼酎!と口走る(笑)。

鹿児島と熊本の県境に位置する長島海峡で、養殖されてる「萬サバ」も、一緒につくってもらって食べる。
これもゴリゴリ。口に広がる脂の香りと強い旨みにこれまたウットリ。

ho sime今日一日の旅の思い出話をしながら本格的に飲み、食べる。
つまみをあれこれ。
米なすの田楽たのむ。好きなのですね…、甘い田楽みそと茄子。こんがり焼けた表面部分と、みずみずしくてシャッキリとした茄子の食感、味わいがもうたまらない。独り占めしてハフハフ食べる。
スルメイカを分厚く切って天ぷらにした粋なおつまみ。甘めの衣をまとわせ揚げて、酒の肴に、まぁ、よく合うこと。

そうこうしているうちに刺身のイカと鯖が装い新たにやってくる。
イカの頭とゲソの部分を、食べやすいよう切り分けて天ぷらにした一品で、スルメの天ぷらとは違って普通の衣で揚げる。
塩をつけつつ味わうと、クニュクニュとした食感たのしく、話も弾む。

萬サバのアラをつかった汁もおいしい。味噌は薄めに仕上げたもので、その分、魚の旨みがグイーンと口の中を突き抜ける。キラキラきれいな脂が表面にこまかくちって、冬に向けての準備をしているサバだったのね…、といとおしくなる。あったまる。

ho nanbanho gyozaこれ以外にも九州料理をあれやこれやと。

バリッと揚がった鶏肉を甘酢にくぐらせ、タルタルソースをタップリかける。
誰がこんな料理を考えてしまったんだろう…、夜に食べるとかなり危険で、しかもお酒がすすんでしまうじゃありませんのと、思いながらも次々手が出る。

下味つけて漬け込んだ鶏が、ネットリ崩れて、バリバリ衣の乾いた食感引き立てる。ゆるめてトロトロ、衣に変わるタルタルソースもおいしくて、あっという間にお皿は空っぽ。

博多風の手作りギョウザ。一口大の小ささで、表面パリッと焦げて仕上がる。
薄めの皮にタップリのあん。一回一個で食べると皮の食感楽しく、2個を一度に口の中に放り込むと、野菜や肉の存在感にウットリできる。酸味強めのタレをくぐらせ、パクリパクリと夜が更けた。

 

関連ランキング:居酒屋 | 人吉駅人吉温泉駅

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。