アサンドイッチにイエゴハン

日曜の朝にサンドイッチを作る。
ラ・バゲットっていう家の近所のパン屋さん。
ゴキゲンな女性スタッフたちがいきいき、元気な小さなパン屋で名前の通りバゲットやカンパーニュと言ったフランス的なパンがおいしい。
けれどときおり、角食も焼くことがあり、運良くそれを手に入れた。
12枚切りに切ってもらって、それをそのまま。
焼かずに使う。

サンドイッチは2種類作る。
ひとつはハムとレタスのサンドイッチ。ハムはスーパーで売ってたモノで、風味をよくするために胡椒をたっぷりまとわす。レタスはたっぷり。芯に近い甘いところを使ってハムと組み合わす。

もう一種類はツナと玉子のサンドイッチで、玉子は茹でて薄切りにする。マヨネーズを塗ったパンに並べたところに、油を搾ったツナの缶詰。
油をなくすとバサバサするツナに、マヨネーズを混ぜるとネットリ。茹でた玉子と重ねて仕上げ。無印良品で買ったばかりの木の皿に飾るとちょっとカフェな感じになりました。

 

関連ランキング:パン | 新宿御苑前駅新宿三丁目駅四谷三丁目駅

 

土曜日の夜、家で料理を作って食べる。和牛、赤身の切り落とし。ほどよい厚さで焼肉用となっていたのを使って肉焼き。フライパンで軽く万願寺とうがらしを焼いて汗をかいたところで肉を投入。叙々苑の焼肉のタレを鍋肌そわせてフツフツさせて、焦がしながら焼き上げる。
ほどよく脂ののった肉の噛みごたえが心地よく、万願寺とうがらしがキュッキュと奥歯で潰れる感じがまたオモシロイ。青い香りが肉の風味をさわやかにする。それにしても叙々苑のタレは本当によく出来ていて、牛肉系の料理にちょっと使うと味に膨らみがでる。たとえば肉じゃがの仕上げにちょっと…、韓国のカルビチムのようになるのがオモシロイ。

インゲン豆を固めに茹でて胡麻和えに。
ちょっと細めのインゲンで、噛むとキュッキュと奥歯がくすぐったくなるオゴチソウ。
おぼろ豆腐に鰹節じゃなく乾燥海苔をのっけて食べる。
海苔の風味が豆腐をなんだか違った料理にしてくれる。

最近、ちょっと気に入っているサラダを作る。
レタスをざく切り。
塩と胡椒とオリーブオイルを揉み込んで、冷蔵庫の中でしばらく休ませるとしんなり馴染んで、おひたしみたいになっていく。
パリパリとした食感は失せ、トゥルンとやわらか、みずみずしくてかさが減るからたっぷりお腹に収まるステキ。
今日は一緒に角切りキュウリ。

同じように角切りにした魚肉ソーセージに枝豆をくわえて一緒にもんだもの。最後にモツァレラチーズをちぎってちらして出来上がり。塩と油でなんでこんなに味がしっかり決まるんだろう…、ってウットリしながらシャクシャク食べて、お腹潤う。大きなレタスが半分に、キュウリ一本、魚肉ソーセージが一本とかなりの量の野菜がお腹に収まっていく。いい感じ。

つみれの汁を作りました。
ホタテのエキスのスープに塩。
つみれをいれてクツクツ炊いて、千切り生姜にごま油。
お椀の中に干したアオサをたっぷりいれて、スープを注いでつみれを沈める。
三つ葉で彩りくわえてズズッ。
海苔の風味とつみれの味わい。
胡麻の油がよきアクセントでお腹がポカッとあったまる。

メインは土鍋で炊くたこ飯で、茹でたタコをぶつ切りにして浸水させてザルに移して休ませたご飯を土鍋に。
出汁と醤油、塩に水。食感、彩りのために枝豆。
炊き上がったところで炊いた筍を加えて蒸らして出来上がり。タコの旨みがなんとおいしい。よく出来ました…、オゴチソウ。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。