アササバサンドにスタバのソイラテ

朝食を母、妹と一緒に昨日と同じホテルのバフェ。
昨日の夜はスゴイ風でビックリしたね…、なんて挨拶したら、なんと我が家の墓石が倒れてパッカリ割れてしまったんだという。重たい墓石を倒すほどの風だったんだ…、とビックリしつつ、でももしかしたら親父がボクらにあいたくてジタバタしたのかもしれないねってみんなで笑った。台風一過の青空の朝。
ご飯をお皿に盛り付けて上にたっぷりスクランブルエッグ。ケチャップぷちゅっとオムライス味にして食べる。グリルドベーコンにきゅうりをお供に体が潤う感じのご飯。ミネストローネでお腹をあっため、目を覚ます。

パンを焼きます。
昨日と同じくアラジン製のトースターで、こんがり強めに焼き上げる。
何を挟んでサンドイッチにしようかと少々思案。
昨日の焼鮭の代わりに鯖の焼いたのが用意されてた。
サバサンドを作ってみようかと二切れ調達。
皮を剥がしてむしって置きます。
一緒にオニオンスライスとって、まずはトーストにバターを塗る。
オニオンスライス、焼き鯖の順に重ねてパンをパカンと2つにたたむ。ナイフでザクッと切り分けて、鯖サンドイッチの出来上がり。
母にどう?とひと切れ分けようと思ったら、ワタシは青い魚が苦手なの。鯖じゃなくってステーキだったら食べたんだけど…、と。しょうがないから妹と二人で分けてパクパク食べた。
カサカサとしたトーストに鯖の脂がじんわりにじみ、オニオンスライスがシャキッと食感整える。上出来でした、オキニイリ。

コーヒーをミルクでわってぬるいカフェオレ。ゴクゴク飲むのももったいなくて、お茶請けにとさぬきの練り物。昨日もあったエビの天ぷらと、棒状に揚げた天ぷらの2種類とって、ふっかり、ムチュンと歯ごたえ違いをたのしみ食べる。
昨日の夜はほぼ何も食べずにネたので腹ペコで、アプリコットのデニッシュを最後の〆にして終える。
それにしても静かな朝です。昨日、本来泊まるはずの人たちがほとんど止まれなかったからでしょうか…、広い朝食会場がなおさら寂しさ募らせる。

出発までの時間をスタバ。
実は高松駅の駅舎の中にスタバができた。
駅のホームをみわたせる吹き抜け二階のテラスをもった気持ちいい店。
今まで駅になかったことが不思議な感じ。
旅する途中、なにかはじまる予感がある場所にスタバがあると気持ちの切り替えができてうれしい。
一緒にやってきた母は抹茶フラペチーノ。これを飲むと元気がでるの…、とうれしそうにチューチュー飲んで、お先に失礼と家にもどった。
ボクはソイラテにエクストラショットとアーモンドトフィーのシロップ追加。甘くて苦くて香ばしい。移動までの時間をのんびり、たのしみましょう。のんびりと。

 

関連ランキング:カフェ・喫茶(その他) | 高松駅高松築港駅片原町駅(高松)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。