よもだそばでカレーにおそば。夜は茄子を煮て食べる

無性によもだそばのカレーを食べたくなってよもだそば。
セルフサービスのそばの店。
自家製麺で無化調、無添加と気合の入ったそば屋さんではあるのだけれど、カレーもおいしい。
何しろ看板に「自家製麺とインドカレーの店」と書いているほどで蕎麦屋のカレーをはるかに超えた唯一無二のカレーをたのしむことができる店でもあるのです。
そばとカレーライスの組み合わせが一番の売り。
半そば半カレーのセットに、そばと半カレー、半そばにカレーのセットとサイズ違いの組み合わせがある。今日の目当てはカレーライスで、カレーライスはフルサイズ、そばが半分という「たぬき半そばとよもだカレーのセット」を選んでたのむ。

たぬきそばにほうれん草のおひたしをトッピング。
ほんのちょっとだけ健康に気づかうセットにしてみたりする(笑)。
フルサイズのカレーはたっぷり。
ご飯は半分にしてください…、とお願いしたんだけどそれでも茶碗一杯分以上はある量。
カレーは器になみなみでサービス精神旺盛具合にニッコリします。
ちなみに半カレーとフルサイズのカレーの量以外の違いは鶏手羽が一本入っていること。
そしてこれがかなり大きなポイント。よく煮込まれてスプーンを当てるとほろっとほぐれてしまうほど。やわらかでカレーと一体化ししてしまうんだけど鶏そのものの味わい、風味はしっかりしていてなんともおいしい。

それ以外の具材はほとんどとろけてて基本さらさら。けれど舌や喉にちょっとザラザラしたなにものかが残ってくすぐる感じが独特で、滋養を感じるおごちそう。
蕎麦は色黒。力強くてたくましい。節と昆布の旨味や風味がしっかりとした汁にも負けないおいしさで、かえしの味と混じってスッキリ、酸味を残してお腹に収まる。のせられている天かすがまたおいしくて香りも深い。カレーを少々借りて汁の上にのっけて食べると、これまたおいしいカレーそばになってく。ほうれん草もたっぷりと、多彩な食感、味わいでお腹も気持ちも満ちました。

 

関連ランキング:そば(蕎麦) | 新宿駅都庁前駅新宿西口駅

 

ひさしぶりに茄子を炊く。ぶつ切りにした茄子をごま油で軽く炒めてそこに出汁。醤油と砂糖をいれて輪切りの赤唐辛子をパラリとちらしてあとはクツクツ、煮込むだけ。
煮汁をたっぷり吸い込んでぽってり膨れて煮上がってうっとりするほどおいしく出来た。ご飯にのっけて煮汁も一緒にザブザブ食べる。
春雨を実にした白味噌したての味噌汁。上にたっぷり三つ葉をのっけてお腹を潤すご飯のお供。三つ葉がザクザク歯切れる感じが心地よくハーブな香りがするのもステキ。
パクチーとマグロのブツをオリーブオイルと塩であえムシャムシャ食べた。オゴチソウ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。