やえす初藤、ベーコンエッグにとん汁の朝

a1a2a3

朝、東京駅から出発の今日。ヤエチカにある「初藤」で朝食にする。
東京駅のエキナカが改装に継ぐ改装で、朝食事情が一気に貧しくなっちゃって、改札くぐってお外で食事が最近増える。終焉エリアはオフィス街。だから朝からニギワウお店が結構多くて、エキナカよりもはちょっと移動の時間が余計にかかるけど、その気になればたのしいお店に苦労はしない。
寄り道気分であちらこちらをしばらく試す。
ちなみにこの店。昼以降は居酒屋で、ずっと昔から朝ごはんを提供している朝ごはんをしっかり食べたい人にはとてもありがたき店。オキニイリ。

a teishokua side入り口脇で食券を買い、テーブルにつき運んでもらうというシステム。
食券機のボタンに主要なメニューの写真がはられてる。
しかもお店の表の壁にサンプル。昼にはランチのサンプルに変わるのだけど、外人観光客にこれが人気で、朝から彼らも続々来店。
インターナショナル朝食居酒屋な感じもたのしい。
なによりこのサンプルに、食欲がなくても食欲が湧く。このワタクシメ…、食欲が無いことが基本的にないから余計食欲が湧いて、どれもこれも食べたくなってしまうところがなやましい(笑)。

目玉焼きの定食に、とん汁追加の朝にした。
定食にも味噌汁がつく。その味噌汁はどうしますか?と聞かれて、そちらは結構。とん汁だけでいいですよ…、と大人な対応(笑)。目玉焼きはひっくり返して焼いてくださいとお願いをしてしばらく待って、大きなお膳がやってくる。

ご飯にとん汁。味付け海苔に今日の小鉢は切り干し大根。
キュウリの浅漬がサイドにひかえ、メインの目玉焼きは玉子が2個。胡椒がタップリ振りかけられてて、朝のお腹が目覚ますおいしさ。
うれしいことに目玉焼きと名乗りながらも、ベーコン二切れが底にへばりついているのであります。ベーコンエッグと名乗っても間違いはない…、なのにただの目玉焼きと名乗る控えめ。なんか、好き。
フライパンにまずはベーコンを二枚並べてこんがり焼いて、そこに玉子を落として蒸らす。ひっくり返して白身の表面がキレイに焼けたら出来上がりという、ボクのために作ってくれたような姿にウットリします。

a kimia bacon黄身の部分を割ってみる。
中はシットリ、まだ半熟を忘れぬ状態。
けれど白身はきちっと焼けて、白身の縁がパリパリサクサク、揚がったように仕上がっているのもうれしいところ。
なによりベーコンの縁がガリガリ。
おいしい脂とベーコン独特の香りが玉子をおいしくさせる。

ソースがついてくるのだけれど、醤油をたらり。目玉焼きにはソースではなく醤油派で、特にこんがり焼けた玉子の香りを醤油の風味がふっくらさせる。オキニイリ。
千切りキャベツをムシャムシャ食べつつ、ご飯をパクリ。
とん汁の中にはどっさり具材が入る。豚バラ肉の薄切りに大根、ニンジン、ごぼうに豆腐。豚の脂が味噌の風味をこっくりさせて、これがそのままメインディッシュになってもいいかと思うほどに具だくさん。
七味をぱらりとかけて味わう。お腹もたのしく満たされて、さぁ、仕事です。移動です。

 

関連ランキング:居酒屋 | 東京駅京橋駅宝町駅

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。