まもなく休業、銀座の虎屋

銀座の虎屋。
甘味処の「虎屋菓寮」が併設されたお店はここが最初のお店だそうで、そこもまもなく取り壊し。
10月中旬でしばらく休業になっちゃうんだという。
確かにふるびてはいるけれど、風情があって銀座の街に溶け込んでいる。2階の喫茶室の吹抜に面して設えられたカウンター席のステキなこと。大きなガラスの窓越しに銀座の街を見通せる。
銀座のビルが新築されると風情をなくすことが多くて、例えばミキモトビルのガラスの要塞みたいなよそよそしさはなんとも冷たく、かつてクリスマスツリーでにぎわった頃がなつかしいこと。このビルはどうなるんだろう…、ドキドキします。
さてかき氷。宇治金時の小さなサイズを、あんこ少なめ、練乳別添え。つまりタナカ仕様で作ってもらう。お供にあったかい煎茶を添えて夏を見送るひと揃え。

虎屋菓寮はいろんな場所にあってどこでもかき氷を食べられる。けれど不思議とここの氷がおいしく感じる。氷の状態がよいのか、それともかき氷機がよいのかどうか。ふっくらとしてやさしい冷たさ。ガンガン食べても頭を痛くしないのがいい。
深い緑色の抹茶もたっぷり。最初はそのまま抹茶の渋みと風味を心置きなく味わって、抹茶の味が徐々に淡くなりはじめた頃合いで練乳かける。
練乳をかけた途端に抹茶かき氷の味がまるで抹茶アイスのようになってく。甘くて濃厚、そこにあんこが絡んで一層甘みが増してく。徐々に氷は溶けていき抹茶ミルクになっておしまい。煎茶で体をあっためて、しばらく涼んででかけます。

 

関連ランキング:甘味処 | 銀座駅東銀座駅新橋駅

 

台所の排水パイプがだだ漏れなのに、なぜかやっぱり麺が食べたい。
大量の水で茹でたり、それを洗って〆たりするのは難儀だから煮込んでそのまま食べられるものを作ることにする。
味噌煮込みうどんの麺と味噌のセットがある。
鍋ひとつでできるところが今日のような日にはありがたくって、それで作った。
具材は豚バラ肉と刻んだ油揚げ。出汁で麺をクツクツ煮込んで、ほどよくやわらかになったところで味噌を溶かして具材を放つ。麺を片方に寄せてあいたところに玉子を落として半熟にして出来上がり。
割って黄身がトロンと流れ出すとこを撮ろうと思ったのに、あっという間に流れ出し残念画像になっちゃった(笑)。

吉兆の吹き寄せ寿司を買ってきた。小さな箱に詰め込まれていて甘めのシャリの上に甘い卵焼きに酢レンコン、焼いた穴子に椎茸にエビ。白波をたてる海にエビが踊って見えるように並べられていて、絹さやが彩り添える。
収められていた箱をキレイに解体し、中身をお皿に移し直してそのうつくしき姿を壊しながらゆっくり味わう。途中で海苔をぱらりとちらし、パクリパクリと素材ひとつひとつを味わい食べる。
クレソンをちぎってオリーブオイルをまとわせ、刻んだトマトに表面をこんがり焼いたはんぺんのっけてサラダとします。野菜も食べた…、風呂にする。

コメント

  1. Eiko Ishikawa

    ミキモトのクリスマスツリー!ホントに。
    アレが出るとクリスマス!とワクワクしたものでした。
    ソニプラの音が出る階段も、数寄屋橋阪急も…どんどん昔のものが無くなって、新しい文化もどんどん吸収したいしワクワクするものもあるけれど、せめて銀座くらいは想い出に浸らせてくれよ…と思うのは昭和女の我儘なんでしょうかねぇ

    • サカキシンイチロウ サカキシンイチロウ

      Eiko Ishikawaさん
      昭和という時代。前半はきな臭い時代ではありますたが、その後半は人と技術がほどよきバランスをとって共生できていたすばらしい時代だと思うのです。
      まだ成長のムードを皆が共有できて、シアワセをどこかから奪い取るのでなく皆で分け合うことが出来た時代。銀座はその時代にキラキラ輝いていた。だからその時代をなるべく残しておいてほしいなぁ…、と思います。
      銀座なのですからネ。

  2. pin

    ここもですか。お店って「ここから座って見たなあ」という景色だとか、少しずつ変わっても、そこにあると嬉しいっていうお店あります。でも、それも仕方がないのでしょうね。
    銀座の茶寮のあの通りを見下ろす席から、若い頃眺めた通りを思い出します。わけも分からず働いていたころの思い出席の一つです。

    • サカキシンイチロウ サカキシンイチロウ

      pinさん
      GINZA SIXが出来しまってから6丁目から8丁目にかけての空気が変わってしまったように感じます。
      アバクロの香水の匂いが迷惑だ…、と言っていた時代がなつかしいほどに今の銀座はかつての銀座と違った虚無を感じさせる街になったようにすら思えますね。

  3. batten

    アノ頃の銀座もですが、主要都市の繁華街は色で言うなら白熱球の熱くて温かい時代ですか。
    今はLEDで明るいけどクール、悪く言えば熱気がない面白くない時代になりましたね。

    • サカキシンイチロウ サカキシンイチロウ

      battenさん
      繁華街というものが枯れ果てはじめている街もたくさんあります。人が繁華街の灯りではなく、スマフォのディスプレイに惹きつけられる時代。切なくなります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。