ひさしぶりのいしやん、串揚げ三昧

夕食。ひさしぶりに家の近所で串揚げ食べる。
「いしやん」という店。
外苑通りに面してある店。実はこの店のある場所は、入るテナントがみんな失敗しちゃう魔のロケーションと呼ばれていた場所。しかもこの店が入る前にも串揚げ屋さんが入ってた。その店が撤退して、なぜだかあとに入った店が同じ串揚げ専門店でどうなるんだろうと思っていたら、これがしぶとい。もう何年も繁盛してる。
気さくな人達がやっている。料理もしっかりしていて、串揚げだけじゃなくて一品料理も気が利いている。やっぱり飲食店はコンセプトだのプロモーションだの頭で工夫をする以前に、料理がおいしい…、というのが大切。基本の基本を教わるお店。

串揚げをいくつかたのんで酒の肴の一品料理。
何にしようとメニューをみたら、なんと一番最初に書かれているのがオニオンスライス。季節季節で産地や種類を探し選んで、たっぷりスライス。削り鰹と醤油で食べるというシンプルスタイルが玉ねぎ自体の持ち味たのしめなかなかたのしい。しかもその玉ねぎも売っているという面白さ。
味噌漬けにしたチーズの上には胡椒をたっぷり。生のピーマンをなめこと和えた一品も男の料理っぽくっておいしい。
そう言えば、お通しに出てきた料理も茹でたほうれん草のもずくあえと簡単なのにほうれん草のポッテリ感が引き立ちおいしい。

さて串揚げ。最初にやってきたのは出汁で炊いた里芋にパン粉をつけてこんがり揚げたたのしい一品。
ホタテの稚貝もクニュクニュ感がパン粉で引き立ちなんとも旨い。
それに続いてマグロのカツ。出汁と醤油のタレにひたしてわさびをたっぷりのっけて食べる。芯はレアでわさびの香りがマグロの匂いをさっぱりさせる。
穴子は山椒をピリリときかせ、ウィンナさんは安定の味。
がっこチーズってメニューがあって、たのんでみればいぶりがっことチーズをサンドイッチ状に挟んで揚げたもの。
カリカリトロトロ、燻った香りがビックリするほとフライにあう。
大きな茄子はじっくり揚がってポッテリとろとろ。
カニのほぐし身をたっぷり混ぜたクリームコロッケには、自家製タルタルソースをたっぷりのっける。このタルタルソースがまた旨い。串揚げ屋さんの定番、牛肉に珍しいのが金針菜を揚げたもの。サクサク歯切れて葉っぱがとろける食感がいい。
モッツァレラチーズをこんがり揚げて、上に生ハム。胡椒をたっぷりかけて食べると、口の中はイタリア気分。この自由なところが串揚げという料理のたのしくステキなところ。堪能します。

フルーティーな甘みのソースにとっぷり漬けて食べるから、衣が含んだ油がおちる。ソースの上にはキラキラ油が浮かんで揺れる。その分、お腹がスッキリするのがありがたい。
ココで一番好きな素材は子持ち昆布。プチプチ魚卵がはじけて口の中で小さく爆発するのが心地よい。西京味噌に漬け込んだ豚肉あげもまたうまし。
今日は不思議と静かな夜です。だからお店の人をほぼ独り占め。テキパキ料理が仕上がって、あっという間に串を突っ込む筒は一杯。お腹も一杯…、オキニイリ。

 

関連ランキング:串揚げ | 四谷三丁目駅曙橋駅新宿御苑前駅

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。